日々のお散歩の記録です。 毎日ちくちく更新中。     コメント大歓迎です。


by mdegu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:◆島根県 ( 36 ) タグの人気記事

しまね海遊館AQUAS

島根旅行の最初の目的地は2000年OPENの島根県立の大規模水族館、しまね海遊館AQUAS(アクアス)です。

c0105785_2152326.jpg石見空港からバスで益田駅に向かい、JRで最寄駅の波子(はし)へ。現在波子駅では、割引チケット販売中なのを発見。夏休み限定で8月31日まで、2割引の1200円です。早速2枚購入して、徒歩でアクアスへ向かいました。
とりあえず徒歩ルートを案内板で確認するHさん。c0105785_2111576.jpgc0105785_21111617.jpg
見晴らしがよいので、遠くからでも場所が分かりました。のどかな道だなぁ。

10分くらい歩いて、玄関口に到着。アクアスは、石見海浜公園内の施設です。丁度お昼前くらいでお腹が空いていたので、公園内のレストランで昼食をとった後に入館しました。
c0105785_21305057.jpg
海浜公園内の水族館ってことで、葛西臨海水族園みたいな雰囲気でした。

大水槽では大海亀がいい感じで泳いでましたが、気になったのは水槽の底で動かないサメさんたち。
c0105785_21522386.jpg
ネコザメ、枕にされてるし…。

サメに興じてる間に、お目当てのシロイルカショーの時間に。プール前はもうほとんど満員状態。空いている席についてしばらくしてからショーが開始されました。
飼育員のお姉さんがプールに入って、握手をしたりチュッてされたりしてました。c0105785_953641.jpgc0105785_9531831.jpg
続いて、シロイルカの体のつくりについての説明です。
頭の上の穴から空気をプシュー。
c0105785_9554718.jpg
輪くぐり、ボール遊びと続き、いよいよお目当てのバブルリング。
この夏から3匹揃ってのトリプルリングです。ぽふっ ぽふっ ぽへっ。
c0105785_1021085.jpg
右のコがちょっとヘタッピで、そこがまたキュート…。
一般水槽やイベント展示なんかをぷらぷら見てから、アシカプールへ。c0105785_1013641.jpgc0105785_1013169.jpg
ショーはしごです。アシカとアザラシの違いなんかの説明もありましたが、輪投げがおおーって感じでした。
c0105785_10164416.jpg
そして、ここには生きてる「ヤツ」がいました。
c0105785_10212664.jpg
なんかすんごい輝いてますけど、もしかしてさかってらっしゃいます?



[PR]
by mdegu | 2007-08-05 21:56 | 水族館

日御碕神社

東京に帰って来ました。
今回の旅行は久々の長丁場に加えて、移動距離も相当なものだったので、けっこー疲れました。Hさんに至っては、さっきから行き倒れて一向に起きる気配がありません…。

昨日の台風で行けなかった日御碕(ひのみさき)に、早めにホテルをチェックアウトしてからバスでお出かけして来ました。神社は、終点日御碕駅を降りてすぐの所にあります。出雲市駅前からの乗車時間は約45分。
c0105785_1048631.jpg
楼門です。
c0105785_10302489.jpg
日御碕神社には2つのお宮が存在します。楼門をくぐると、正面にあるのが天照大神(あまてらすおおみかみ)を祀った日沈宮(ひしずみのみや)です。
c0105785_10452156.jpg
島根県の神社は、出雲大社をはじめ、注連縄が太いのが特徴みたいですね。日沈宮は昨年末に改修が終わったそうなので、とてもキレイでした。

日沈宮向かって右手にあるのが、素盞嗚尊(すさのおのみこと)を祀った神の宮(上の宮)です。
c0105785_10491293.jpg
現在の社殿は、三代将軍家光公の勅命で建てられたそうです。結構由緒のあるお社なんですね~。

ご神砂や、奥にはお稲荷さんもあります。c0105785_112474.jpgc0105785_1125823.jpg

8月7日には例大祭が行われます。
c0105785_1154696.jpg
バスからも見える鮮やかな朱色の社殿が美しい海辺の神社でした。



[PR]
by mdegu | 2007-08-04 20:46 | 神社仏閣

出雲大社

台風5号通過中、出雲大社にお参りしてきました。
一般には「いずもたいしゃ」と呼ばれていますが、正式には「いずもおおやしろ」と読むのが正しいようです。
c0105785_10392633.jpg
昨晩のニュースでは一畑電鉄が運休するということだったので、出雲市駅前からバスで向かいました。時間的にはバスの方が早そうだったので、まぁ良かったかな?乗車時間は25分くらいでした。

松並木の参道を進むと、寛文6(1666)年6月毛利輝元の孫綱広より寄進された銅鳥居が見えます。
c0105785_12373774.jpg
随分6並びの日に御寄進ですが、何か意味があるのかしら?

こんな銅像もありました。c0105785_1012669.jpgc0105785_10122037.jpg
左はご存知因幡の白兎、右は幸魂奇魂(さきみたまくしみたま)です。

銅鳥居を超えると、その先に太い注連縄(しめなわ)で有名な拝殿が見えてきます。結構雨が降っていたので、後ろの山もけむってますね。
c0105785_12424211.jpg
神社を後にする頃、中ではご祈祷が行われていました。

拝殿向かって左手には仮拝殿建設中。
c0105785_10321845.jpg
平成の大遷宮が行われる関係で、平成20年から5年間は、ご祈祷は仮拝殿、お参りは拝殿にて行うことになるそうです。

注連縄に投げたコインがささると良いご縁があるそうで、みんな頑張って投げてました。私たちもとりあえずやってみたりするのでした。Hさんは豪勢に50円玉で挑戦。右の写真は、注連縄を下から見たところ。5円玉や10円玉が多いですが、けっこーささってます。c0105785_18103852.jpgc0105785_18105123.jpg
私もやったんですけど、結構人のが落ちてきたりするんですよね~。一応、落ちてきたものも頑張ってさしてきました。

御朱印を頂いてから、本殿にお参り。
c0105785_947398.jpg
右手には「おにわふみ」という大国主命の御神域に足を踏み入れて力をわけて頂くスペースが設けられています。雨の日と、おかしな格好の人は参加できないようです。c0105785_954484.jpgc0105785_9541470.jpg

本殿と拝殿の間の地面には、何やら赤い丸印が描いてあります。
c0105785_956290.jpg
これは、古代神殿の柱があった場所だそうです。奥に見える赤い柱は、埋まっていたという柱のレプリカです。

間を通る道路を渡って、神楽殿へ移動。
c0105785_1013847.jpg
結婚式なんかはこちらで行われるようです。それにしても、注連縄太っ!

再び拝殿の方に戻って、手前にある宝物殿でお宝拝見。
c0105785_106479.jpg
縁結びの神様なだけあって、参拝客には他の神社にはあまりみられないような若い娘さんたちの集団をみかけました。
c0105785_1074475.jpg
いいご縁にめぐり合えるといいねぇ、うんうん。なんて思っちゃいました。すっかりオバちゃんな私…。
c0105785_10174918.jpg
私たちも、今まで出会って来た人、これから先出会う人たちと良いご縁を結んで、続いていきますように。



[PR]
by mdegu | 2007-08-03 23:39 | 神社仏閣
出雲市に入りました。
今日から一畑電鉄系列のツインリーブスホテル出雲に2泊します。
c0105785_2214998.jpg
出雲市駅北口を出てすぐ右手にある上に、バスのロータリーになっているのでとても便利でした。

c0105785_22245850.jpg一畑電鉄は島根県内の大規模交通機関で、バスも色々出ています。ホテルの正面玄関入ってすぐのアトリウムは、バスの待合所として利用も出来るみたいでした。
お部屋はこちら。
c0105785_22255675.jpg
結構広めのお部屋でゆったり出来ました。枕元に飾ってある絵がまた可愛くって良かったです。特にウサギのコレとコレ。c0105785_22283738.jpgc0105785_22284845.jpg
ホテルのお部屋の絵って、私には結構重要だったりするので、ポイント高し。

部屋からは電鉄出雲市駅が見えました。
朝と夜の景色をどうぞ。c0105785_2233017.jpgc0105785_22331280.jpg
それにしても、フォーゲルパーク楽しかったな~。
c0105785_22431978.jpg
台風来てるみたいで、天気が心配だけど…。何とかならないかなぁ。



[PR]
by mdegu | 2007-08-02 20:53 | ホテル

佳翠苑 皆美

c0105785_21351916.jpg宿泊地は玉造(たまつくり)温泉ですが、石見銀山に行ってきました。暑過ぎて水分取っても取っても喉渇いて大変だったよ…。今島根県では文科系のインターハイやってるせいか、宿は高校生ばっか。
私たちが泊まった佳翠苑皆美(かすいえんみなみ)は大規模な温泉宿で、ああ、修学旅行とかこんな宿だったよな~みたいな感じでした。c0105785_21395383.jpgc0105785_2140580.jpg
通されたお部屋はこちら。広くてキレイ~。
c0105785_2141543.jpg
おもてなしのお菓子もおいしゅうございましたが、こちらの旅館は温泉だけでなく、お料理も自慢とのこと。旅館なだけに、またすごい量の魚介類。c0105785_21464589.jpgc0105785_21465779.jpg
そしてまたヤツ(イカ)の姿が…。

部屋からの眺めはこんなでした。この辺に見える建物はほとんど温泉宿です。
c0105785_21495878.jpg
橋の奥には宍道湖があります。

朝食は別棟にありますが、お宿の方が案内して下さいました。c0105785_21531123.jpgc0105785_21532312.jpg
そして、ここにもヤツが。確かに新鮮でおいしいんだけど、私はもうイカは当分食べなくていい…。

足湯に入れなかったのだけが悔やまれますが、展望風呂も大浴場にも入って、温泉堪能いたしました。
c0105785_2157119.jpg
「だんだん」っていうのは、島根の方言で「ありがとう」って意味です。



[PR]
by mdegu | 2007-08-01 22:16 | ホテル

のがわや旅館

島根県に入りました。
アクアスに寄ってから、今旅館に到着。老舗、のがわや旅館です。
c0105785_2056182.jpg
のがわや旅館は、島根県西部の温泉津(ゆのつ)温泉にあります。町並みもレトロで非常に趣がありました。

旅館に着くと、玄関に沢山のスリッパが並べられていました。
c0105785_215767.jpg
私たちが着いた時はまだ私たちだけみたいでしたが、どうやら団体客が入っているようです。

通されたお部屋でテレビを見るHさん。
c0105785_217515.jpg
和風旅館は久しぶり。畳、落ち着きます。

海辺の旅館なだけあって、夕食は魚介類尽くし。Hさんはお魚系があまり得意ではないので心配でしたが、新鮮だったせいか結構頑張って食べてました。
前菜と、名物鯛の奉書焼き。c0105785_21125982.jpgc0105785_21131230.jpg
料理はおいしかったですが、日本の旅館ってなんでこんなにどっさり出てくるんでしょう…。

c0105785_21172157.jpg温泉はにごり湯で、鉄の味のするしょっぱいお湯でした。空いてたら、鍵のかかる貸切りの家族湯にも入れます。裏庭に狸が出るそうなので、それに因んでいるのかな?
あまりお腹も空かない内に朝が来て、広間で朝食です。
c0105785_21194850.jpg
ま、またイカが…!

お宿のお部屋は島根県の地名が付いているようでしたが、私たちのお部屋は波路浦(はじうら)。鍵もレトロ~。
c0105785_21215871.jpg
久々に飛行機にも乗ったし、今日は移動が多くてちょっと疲れました…。



[PR]
by mdegu | 2007-07-31 16:07 | ホテル