日々のお散歩の記録です。 毎日ちくちく更新中。     コメント大歓迎です。


by mdegu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:羽村市 ( 3 ) タグの人気記事

羽村の堰を見た後は、玉川上水に沿って拝島までお散歩しました。
c0105785_9353624.jpg
拝島までの上流部分は正確には緑道ではないらしいのですが、脇道が割と整備されており、一部を除いて上水沿いを歩くことが出来ます。

この近辺はまだ上流そばなので、水量調節施設がありました。
c0105785_936125.jpg
私たちが行った日にもまだ少し残っていましたが、脇道の並木は全部桜なので、桜の時期は素晴らしいトンネルになるんでしょうね。
羽村橋の近くの歩道橋のたもとには、大きなケヤキの木もあります。c0105785_9362685.jpgc0105785_9363190.jpg
このあたりは流れも速く、その為か水もとてもキレイ。大きな通り沿いにあるとは思えません。緑道も自然味豊かで癒されます。c0105785_9365366.jpg
c0105785_937764.jpg
今回歩いた道のりには、羽村橋から平和橋まで19個の橋がありましたが、橋の上からの景色がまた美しかったです。加美上水橋からの眺めをどうぞ。
c0105785_9371777.jpg
緑道沿いには公園も数箇所あります。
写真は新堀橋-加美上水橋間にある加美上水公園と、清巌院橋-熊野橋間にある中福生公園。
c0105785_9372935.jpgc0105785_9373434.jpg
しばらく歩くと、水喰土(みずくらいど)公園に出ます。
c0105785_9424028.jpg
この珍しい名前は、玉川上水開削時、この場所で水がどんどん土中に吸い込まれて工事が難航したことによりつけられたそうです。

c0105785_946282.jpg公園脇の細い道を上水沿いに進んで拝島駅に向かいます。
ここは人がすれ違うのがやっとの狭い道で、初め道が分からず、お散歩中の地元の方に駅へ続く道はこちらだと教えて頂きました。
公園を抜けると、平和橋前の広場に出ます。ここまでくると駅はすぐそこ。c0105785_9493515.jpgc0105785_9494052.jpg
途中、交通量の多い道を通らなければならないので注意が必要ですが、ほとんどの距離を緑道散歩出来ました。
c0105785_9504421.jpg
最後の方、疲れきった母は返事しかしなくなりましたが、天気もよく、清々しい一日でした。



[PR]
by mdegu | 2007-05-30 09:52 | 緑道

84. 羽村の堰

少し前になりますが、羽村のチューリップまつりに出かけた日に、玉川上水最上流の羽村の堰も見て来ました。
c0105785_1014539.jpg
思ったより大きくて、思ったより雄大。さすが百景に選ばれるだけありますね。

c0105785_1035407.jpg玉川上水の父、玉川兄弟の像もありました。
江戸の水不足解消の為、幕府の命により、1653年に庄右衛門・清右衛門兄弟を工事担当として行われた、羽村から四谷大木戸までの52㎞の大開削工事。なんと1年弱だったそうですよ。今みたいに、地権とかそういうのあんまりうるさくなかったんでしょうねぇ。今だったらどれくらいのプロジェクトになることやら…。
多摩川からの取水口です。
ここから水を取ってきて、
c0105785_10412016.jpg
ここで一時溜めといて、
c0105785_1041434.jpg
ここで水量調節して流すようでした。
c0105785_1046116.jpg
ちなみに昔はこういうので水をせき止めていたそうです。
多摩川っぺりにも置いてありましたが、まだ現役?c0105785_10485741.jpgc0105785_1049240.jpg
桜の時期は、土手一面に植えられた桜が見事で、毎年チューリップまつりの前には桜まつりが開催されています。
c0105785_10551832.jpg
玉川上水にかかる桜の花は終わりかけでしたが、新緑の桜が水面にかかる様子も爽やか。
c0105785_10574327.jpg
玉川上水沿いは、拝島から三鷹までずっと緑道になっているので、これからの季節のお散歩にオススメです。



[PR]
by mdegu | 2007-05-29 11:00 | 河川
羽村市で開催中の、はむら花と水のまつりに、両親と行って来ました。
c0105785_2124126.jpg
毎年行われているこのまつりは、前期と後期に分かれてほぼ1ヶ月間程度にわたって行われます。前期は桜まつり、後期はチューリップまつりとなっており、今回は後期のチューリップまつりを見て来ました。

JR青梅線の羽村駅で下車すると、駅はチューリップまつりに向かう人でいっぱい。私たちは、事前に印刷しておいた羽村市の観光マップを片手に、順番に名所を巡りつつ水田へ向かいます。

多摩川沿いをのんびり進み、会場へ到着。
c0105785_21484043.jpg
おおー、一面のチューリップ。思ったより広い会場で嬉しいなぁ。

今日は天気も良かったので人手もまずまず。
ご近所でしょうか、幼稚園児の集団をいくつも見かけました。c0105785_21375573.jpgc0105785_2138033.jpg
広場ではお弁当なんかも食べてたりして、非常にほのぼのしたおまつりです。
水田なので、チューリップだけでなく、お野菜や菜の花なんかも植わっており、一部販売している所もありました。

これは手前がなんと葱。
c0105785_21424937.jpg
なんか信号みたいでキレイですね~。

会場には、手作り感満点のチューリップ展望台もあります。
c0105785_21454938.jpgc0105785_21455557.jpg

階段がちょっと急ですが、上からの眺めも素敵です。
c0105785_21471360.jpg
やっぱり青い空に赤いチューリップはよく似合いますね。
c0105785_21512118.jpg

[PR]
by mdegu | 2007-04-20 21:53 | その他