日々のお散歩の記録です。 毎日ちくちく更新中。     コメント大歓迎です。


by mdegu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:立川市 ( 7 ) タグの人気記事

c0105785_921452.jpg玉川上水駅から鷹の台までに続き、鷹の橋を折り返し地点として、今度は反対の北側を歩いて玉川上水駅まで戻ることにしました。
この辺りは「こだいらグリーンロード」と呼ばれていて、狭山・境緑道から野火止用水、玉川上水、小金井公園を結んで小平市をぐるりと一周することの出来る遊歩道の一部となっています。
c0105785_933537.jpg
新緑の道を再びお散歩開始。
c0105785_9315358.jpg
左手に流れる玉川上水。
c0105785_9474697.jpg
右手には新堀用水が流れています。
c0105785_9481626.jpg
玉川上水から鷹の台の間は、川沿いに学校も多いです。小・中・高校は勿論、一般大学から美大まで各種取り揃ってます。写真は朝鮮大学校
c0105785_9563059.jpg
学校が沢山あるってことは、環境がいいってことですよね。実際この辺りは北側に畑も広がってたりして、のんびりした雰囲気が魅力です。
c0105785_9581392.jpg
向こうに見える頭の丸い建物のある辺りは小平中央公園。
※武蔵野美術大学でした。申し訳ないです!

またグリーンロード沿いには、「オープンガーデン」と呼ばれる試みも行われています。個人の庭を一定期間一般の人に公開するというもので、今回のルート上にも1件お庭の公開を行っている場所があったので、少しお邪魔してきました。小川橋近くにある森田邸です。カワイイ入口ですね~。
c0105785_1034482.jpg
お庭の開放期間は3月から11月まで。私たちが訪れた5月中旬は、奥の畑でカモミールが満開でした。花もキレイだったけど、香りがすごい!癒されます…。
c0105785_10114452.jpg
カモミールの開花期間は4月末から6月初旬くらいまで。お花摘みもできるみたでした。まさに、これからのお散歩にピッタリです。入口側の藤棚と木の小屋がある所が休憩所。
c0105785_10191148.jpg
こちらでは1杯100円でカモミールティーを飲むことも出来ます。
c0105785_10215251.jpg
私たちは時間がなかったので、ティータイムは断念。たまたまお茶してた方にお願いして、図々しく写真だけ撮らせて頂きました。優しい方だったわ~。
c0105785_10242328.jpg
その代わり、お花部分を集めた生カモミールを1パックずつお土産に買ってお庭を後にしました。

小川橋を渡って薬用植物園へ。ケシを堪能した後は再び遊歩道に戻って、赤レンガの道を通って玉川上水駅方面へ。
c0105785_10342441.jpg
しばらく歩くと、西武線沿いに出ます。玉川上水駅近くの電車が溜まってる所(なんて呼ぶんでしょう…)横を通過。
c0105785_10392226.jpg
行きに通った浄水施設を通過すると、玉川上水駅到着です。
c0105785_1041696.jpg
沢山歩いて結構疲れましたが、楽しかったです。
c0105785_10423411.jpg
グリーンロードの他の区間にも興味出てきました。



[PR]
by mdegu | 2008-04-25 10:44 | 緑道
これまた昨年のGW明けに、両親と再び玉川上水を歩きました。今回のコースは拝島から玉川上水駅間に続く西武拝島線沿線の残り部分、玉川上水駅から鷹の台までの約4kmの道のりです。

玉川上水駅南口に集合して、清願院橋から散策スタート。c0105785_8264342.jpgc0105785_8265060.jpg
橋のたもとにはニセアカシアの白い花が咲いていました。
c0105785_952367.jpg
爽やかな朝日を浴びて、玉川上水もキラキラしてます。
c0105785_8301235.jpg
緑道はこんな感じ。
c0105785_8324550.jpg
割と道幅もあって、歩きやすいです。

駅近くにある小平監視所では、水路の管理、水の監視、ゴミ等の除去が行われています。上流から流れてくるでゴミをココで取って、
c0105785_845378.jpg
下流に流しています。
c0105785_846835.jpg
そんなわけで、この辺りはまだまだ水がキレイ。

ここから少し進んだ所に上水沿いに降りる階段があります。
c0105785_848128.jpg
緑道は上の道でまっすぐ続いているんですが、階段下にも降りてみました。
c0105785_849436.jpg
すぐ近くを鉄道が走っているとは思えないこの光景。
c0105785_8503899.jpg
こちらは人工の川ですが、等々力渓谷と近いものを感じます。

階段を下りてまず目に入るのが、こちらの水オブジェ(?)。甦る水100選に選ばれた記念碑だそうです。
c0105785_8553926.jpg
水道局の方々の努力で甦った玉川上水では、カモも水が飲めるし、鯉だって泳いでるんです。c0105785_933351.jpgc0105785_934170.jpg
そして再び下流へと続く玉川上水。
c0105785_945512.jpg
人々の努力と下水事業の進歩に感謝ですね。

下には遊歩道はないので、再び階段を上って緑道を歩きます。
c0105785_97482.jpg
上水と新緑の美しい景色は勿論ですが、緑道散歩は鳥や魚などの生き物に出会うのも楽しみの1つです。西中島橋では、歩いて散歩中の鳩と遭遇。この後手すりに乗って、流れを眺めてました。
c0105785_9125119.jpg
立川通りと交差する小川橋近辺で出会った、ガンたれ猫。
c0105785_9155286.jpg
東小川橋の手すりを一生懸命移動中のちっこい虫。
c0105785_919586.jpg
癒しだなぁ。いきもの万歳。

地域センター近辺は緑が更に豊富。こんだけあると、空気良さそうですよね。
c0105785_9233913.jpg
往来がそんなにあるわけでもないので、絵を描いている人もいました。
c0105785_925769.jpg
また、玉川上水を挟んで創価学園の小・中・高校があります。両方の敷地を結ぶ栄光橋通過。c0105785_9334571.jpgc0105785_9335424.jpg
水車橋と新小川橋の間では鯉の大群発見。
c0105785_937192.jpg
そんなこんなでつらつら歩いてきた私たちもこの日のゴールである鷹の橋に到着。鷹の橋のたもとには、エゴノキの白い花がさいてました。
c0105785_9533491.jpg
すぐ近くには西武国分寺線鷹の台駅が見えます。
c0105785_9463185.jpg
線路の下をくぐって玉川上水は更に東へと続きますが、ここから先は次回へと持ち越すことにして、この日の目的地の薬用植物園へ向かうことにしました。
c0105785_9483517.jpg
新緑の季節は散歩に最適です。
c0105785_955471.jpg
植物も動物も、一番活動的な時期なんでしょうね。
[PR]
by mdegu | 2008-04-24 10:00 | 緑道
丁度1年前になりますが、両親と拝島公園で藤を見た帰りに、以前歩いた上流部分に続いて、拝島駅付近から玉川上水駅までの玉川上水沿いを歩きました。
c0105785_13512979.jpg
正確には上水公園近辺からスタートしたので、拝島駅から上水公園までの1.5kmくらいはとりあえず保留として、拝島上水橋から歩きます。橋からの眺め。
c0105785_1551574.jpg
緑道はすぐ横を通ってます。道幅は狭いので人とすれ違うときちょっと苦労しましたが、時期的に緑が多くていい感じです。
c0105785_14103447.jpg
美堀橋通過。c0105785_14162933.jpgc0105785_14163642.jpg
道幅はまだ狭いですが、車道側にも木があって更にいい感じ。
c0105785_14182249.jpg
流れにちょっとした段差があって、この先500mくらい暗渠となります。
c0105785_1420454.jpg
暗渠の上は広くて歩きやすかったです。
c0105785_14223698.jpg
暗渠部分の右手には、この先の松中橋まで昭和の森ゴルフコースが広がっていました。c0105785_14255740.jpgc0105785_142644.jpg
松中橋手前から再び地上に姿を現す玉川上水。
c0105785_14274859.jpg
北側の畑の先には、併走する西武拝島線が見えます。
c0105785_14334294.jpg
武蔵砂川駅の手前で残堀川と交差するんですが、このすずかけ橋で玉川上水は残堀川の下をくぐる形になっています。立体交差みたいですね。
c0105785_14524894.jpg
多分玉川上水が再び地上に出てくる所と(ちょっとうろ覚え…)、すぐ側を何事もなかったかのように泳ぐカモ。c0105785_14543355.jpgc0105785_1454396.jpg
見影橋ではコイ発見。
c0105785_14582118.jpg
動物だけじゃなくて、植物も色々あって面白かったです。根性で水分摂取を試みる木とか。
c0105785_1514723.jpg
ほかの木にものすごい絡みついてる藤とか。
c0105785_1532621.jpg
このタケノコ、よほど団体行動が苦手と見えます。
c0105785_1562892.jpg
春の植物は元気もりもり。

金比羅橋通過。
c0105785_1583059.jpg
この辺りから緑道の道幅もすこ~し広くなって、車道とも分離された感じになって歩きやすくなります。
c0105785_15102223.jpg
宮の橋、千手小橋を超えるとこの日のゴールはすぐそこ。c0105785_15122745.jpgc0105785_15123484.jpg
清願院橋に出た所で、西武線と多摩モノレールの玉川上水駅に到着。
c0105785_1517325.jpg
散歩を終えた私たちは駅前からバスに乗って、実家へと向かいました。
c0105785_15212130.jpg
2時間弱のいいお散歩でした。
[PR]
by mdegu | 2008-04-23 14:39 | 緑道
10月下旬にコスモスまつりを見に行った昭和記念公園では、その2週間くらい前にこもれびの里っていうエリアがオープンしました。
c0105785_1074020.jpg
里はコスモスの丘のお向かいにあるので、そちらにも寄って来ました。

こもれびの里は、昭和・武蔵野・農業という3つのテーマを元に、昭和30年代の武蔵野の農村風景を再現しています。砂川口の方から入りました。竹林を抜けて、炭焼き釜を通り越して中央部分へ。c0105785_9255539.jpgc0105785_926177.jpg
実のなる木や田畑があって、のどかな雰囲気です。
c0105785_9562127.jpg
畑前の里の小屋です。
c0105785_9535041.jpg
お米の収穫後らしく、田んぼでははぜかけがみられました。
c0105785_1064456.jpg
農家横には水車小屋も。
c0105785_958552.jpg
何か分かりませんでしたが、旗を立てるようなえらい背の高いポールも立ってました。
c0105785_1002066.jpg
世田谷区でも岡本次大夫堀に民家園があって、昔の日本の風習やら生活やらに関するイベントを行っていますが、ここもそんな感じみたいです。企画されているイベントも、楽しそうなものが多いし、家が近かったら参加したいのも結構ありました。

栗の実はまだ青かったけど、色々植えられていて楽しいです。
c0105785_10145923.jpg
梅林もあるので、年明けには花も楽しめそうです。私たちはくるっと散歩して、再び丘の方へ出ました。
c0105785_1095022.jpg
この日は本当にコスモスが見頃で、いい時期に行って本当に満足です。

歩き回って疲れた上に暑かったので、帰りに公園内の喫茶店で休憩がてら3人でアイスも食べてきました。アイス売り場も大繁盛です。そして私が食べたのは季節限定栗ソフト。
c0105785_10164391.jpg
おいしかったです。
[PR]
by mdegu | 2007-12-30 10:18 | 公園

立川諏訪神社

c0105785_8265690.jpg普済寺から昭和記念公園へ向かう途中で、諏訪神社にも立ち寄りました。
弘仁2年(西暦811年)に長野の諏訪大社より勧請された由緒ある神社で、「おすわさま」とも呼ばれているそうです。
c0105785_8303272.jpg
表参道をまっすぐ歩いて中雀門へ。
c0105785_834262.jpg
門をくぐると境内に出ます。拝殿、立派ですね。左右には、八幡神社と稲荷神社がそれぞれ並列でくっついてるのも独特な感じに思えました。
c0105785_8451889.jpg
普済寺と同じく、こちらも平成6年に焼失、平成13年に再建された新しい御社だそうで、まだ新しいです。また、バックにビルが写らないのが嬉しい所。

私の神社でのもう1つのお楽しみ、巨木拝見。既に紅葉が始まっている大きな銀杏の木です。
c0105785_854878.jpg
下にはぎんなんも落ちていて、特有の匂いをさせています。

境内右手には、末社も祀られていました。左から、疱瘡神社、日吉神社、金刀比羅神社、浅間神社。ミニ社もそれぞれ形が違うという念の入れようです。遠くまで行かなくても、こちらでお参り出来るんですねぇ。
c0105785_856191.jpg
確認しませんでしたが、他にも鷲神社、津島神社なんかもあるみたいでした。今主婦湿疹らしきものが右手に出来ているので疱瘡神社と、目が悪いので右手にあった目の神様にもお祈りする私。c0105785_91222.jpgc0105785_911341.jpg
西の方には土俵もありました。毎年8月末に行われる夏の例大祭では、子供たちによる奉納相撲が行われるそうです。由緒がある神社なので、ちゃんと土俵が残されてるんですね。
c0105785_953553.jpg
世田谷八幡では大人による奉納相撲でしたが、こちらも機会があれば見てみたいです。また、例祭では立川獅子舞という伝統芸能も披露されるようで、ますます気になります。今年のお祭りは終わってしまったのでもう獅子舞は見られませんが、絵馬にその様子が描かれています。c0105785_9141761.jpgc0105785_9143172.jpg
明るく、広々とした境内で気分が良かったです。
c0105785_9162631.jpg

[PR]
by mdegu | 2007-10-26 09:16 | 神社仏閣

58. 普済寺

昭和記念公園に行く前に、両親と多摩モノレールの柴崎体育館駅で待ち合わせをして、新東京百景の1つである普済寺(ふさいじ)へと向かいました。
c0105785_1033832.jpg
ひときわ大きな石灯籠が目を引きます。
楼門、澄心閣。三笠宮殿下の命名だからかどうかは分かりませんが、菊の御紋入り。中には聖徳太子像があるんだそうです。
c0105785_10455578.jpg
手前の変わった形の石灯籠は座禅灯篭って書いてありました。脇には閻魔堂もあります。c0105785_10495633.jpgc0105785_10501275.jpg
太鼓橋を渡って、正面が本殿。
c0105785_10514174.jpg
平成7年、放火によって残念ながら焼失してしまった本殿も無事再建され、平成16年10月28日に落慶式が行われました。まだ3年なので、新しいですね。

境内にある立派な枝ぶりの大きな松の木と、戦没者慰霊の為の平和観音像。c0105785_10584818.jpgc0105785_1059133.jpg
休憩用の椅子も変わったデザイン。
c0105785_1101393.jpg
お参りを済ませてから寺務所へ。

c0105785_11103157.jpg扉を開けてご朱印をお願いした所、「ウチは臨済宗だからやってないよ」との声。ど、どこから?と思ったら、2階から顔だけ出してのお答えでした。他の臨済宗のお寺でご朱印頂いたこともあるんですが…中で分かれているナントカ派はしない、とかあるんでしょうか?それともお寺依存なのかなぁ。いずれにしても調べて行かなかったことを反省。勉強不足ですね。失礼いたしました~。

よく晴れた日には、富士山もよく見える絶好のロケーションにあります。お掃除していた方に伺うと、お正月あたりの夕景で、富士山に夕陽が沈む所を見ることが出来るそうです。
c0105785_11214243.jpg
私たちはというと、晴れてはいたものの、霞がかかって富士山は見えずじまいでした。あーあ。



[PR]
by mdegu | 2007-10-25 11:22 | 神社仏閣
週末はお天気が崩れるようなので、両親を誘って昭和記念公園にコスモスを見に行って来ました。JR立川駅近くの立川口から入園。
c0105785_2133290.jpg
入口の券売機で入園券を購入。大人は1人400円です。c0105785_21364823.jpgc0105785_2137064.jpg
入口付近には幼稚園児の集団がいくつかありました。今日はいいお天気だから、絶好の遠足日和でしたね。みんなそこら中走り回ってました。
c0105785_21404072.jpg
まだまだ寒さは感じられず、噴水両サイドの銀杏並木も、紅葉までは少し間がありそうです。

c0105785_2271611.jpg園内はとても広いので随所随所に方向指示板もありますが、コスモスまつり中の今はコスモス畑の場所と様子を示すお知らせも貼ってあります。花は見頃を迎えているようで、期待が高まります。コスモスが楽しめる場所は大きく3つ。みんなの原っぱの東西に1つずつと、砂川口方面にあるコスモスの丘となります。
しばらく歩いて、みんなの原っぱ到着。西花畑からお花見開始です。
c0105785_22165039.jpg
西花畑は黄色コスモスのイエローガーデンを中心に、5品種30万本。イエローガーデンは、玉川大学農学部が30年もの年月をかけて品種改良した貴重な品種(世界初!)です。
c0105785_22261226.jpg
中央部分がイエローガーデンですが、両サイドには赤とオレンジ系のコスモスが植えられています。c0105785_2234249.jpgc0105785_22343791.jpg
ひとしきり見てから、原っぱ反対側にある東花畑へ移動。昭和記念公園は米軍基地の跡地なんですが(父情報)、今でも現役の陸上自衛隊立川駐屯地が隣接しています。そんなわけで、裏手ではひっきりなしにヘリコプターが離着陸を繰り返していました。
c0105785_841455.jpg
そんな東花畑では、変わりコスモス14種30万本が花盛り。写真は、シーシェルとキバナコスモスのディアボロ。c0105785_92114100.jpgc0105785_9212872.jpg
そしていよいよメイン会場、コスモスの丘へ。原っぱから砂川口方面へしばらく歩くと見えてきます。
c0105785_931060.jpg
遠くからでもわかるピンクの絨毯。コスモスの丘にはオーソドックスなピンク系のコスモスが80万本ほど植えられているそうです。
c0105785_9441033.jpg
これだけ咲いてると、優しい雰囲気のコスモスとはいえ圧倒されます。下からの眺めもすごいですが、丘の上にも上ってみました。
c0105785_9522250.jpg
丘の上は広場になっていて、皆さん思い思いにピクニックと花見を楽しんでいます。お天気も良かったし、お弁当持ってけばよかったなぁ。石の上に腰掛けてしばらく休んだ後、再び下に下りてぶらぶらお花見していると、一風変わった絵描きさん発見。
c0105785_959894.jpg
他の方のブログでも見かけましたが、私も別の場所でこの方お見かけしたことがあります。そんな話を聞いた話好きな父が話しかけて、私も少し絵を鑑賞させていただきました。すっごい上手だなーと思ってたら、風景画家さんなんだそうです。私が写真を撮っていたら、絵の写真も快く撮らせて下さいました。ほぼ同じ風景と絵を比べてみると…。c0105785_1084273.jpgc0105785_109133.jpg
右が絵ですが、こっちの方がキレイ!私の写真、ちょっと空の分量が少なかったですね。構図の取り方、勉強になりました。

園内をくるりと1周するパークトレインという交通機関があるので、歩くが大変な方は乗ることが出来ます。お金かかるから(300円)結局乗らなかったけどね。
c0105785_10164473.jpg
コスモス、ホントに良かったです。
c0105785_10192455.jpg
やっぱ見頃の時期の花は最高ですね。



[PR]
by mdegu | 2007-10-24 21:44 | 公園