日々のお散歩の記録です。 毎日ちくちく更新中。     コメント大歓迎です。


by mdegu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

芝大神宮

(つづく)
[PR]
by mdegu | 2009-08-01 23:24 | 神社仏閣

21. 増上寺

c0105785_1144589.jpg
<< 詳細 >>
  山号 : 三縁山
  名称 : 広度院 増上寺
  宗派 : 浄土宗鎮西派
  本尊 : 西向聖観世音菩薩
  住所 : 東京都港区芝公園4-7-35



[PR]
by mdegu | 2009-07-31 11:04 | 神社仏閣

28. 金地院

c0105785_16102538.jpg
<< 詳細 >>
  山号 : 勝林山
  名称 : 金地院
  宗派 : 臨済宗南禅寺派
  本尊 : 聖観世音菩薩
  住所 : 東京都港区芝公園3-5-4



[PR]
by mdegu | 2009-07-30 16:08 | 神社仏閣
目黒川から始まって、蛇崩川緑道世田谷観音烏山川緑道豪徳寺と歩いて来たので、お家に戻って来た時点で2人ともへとへと。家に着くと、速攻居間で行き倒れる私たち。ひとしきり眠った後、夕方になんとか復活して、珍しく夜のお出かけもして来ました。実はこの日はHさんのご両親からのお誘いがあって、夜にお出かけの予定があったのだな。そんなわけで、久し振りにちゃんとした服を着、スニーカー以外の靴を履き、東京ミッドタウンにGO。
c0105785_8225917.jpg
まだ待ち合わせの5時半には少し時間があったので、まだ明るさの残るミッドタウンガーデンをお散歩することにしました。

噴水の先には、ちょっとした桜並木も見えます。
c0105785_8511379.jpg
花はまだのこっていましたが、ミッドタウンの桜はもう終わりかけでした。都会のど真ん中にある公園なので、近くにも遠くにも背の高い建物ばかりで、桜がちっちゃく見えるのも変な感じです。c0105785_8551925.jpgc0105785_855299.jpg
ご近所の方たちでしょうか、犬の散歩をしてる方も多かったです。
c0105785_859168.jpg
しかし、ココの「ご近所」ってことは、どんなお仕事の人が住んでるのか想像すらつかない、ミッドタウンにあるごっつ高級なマンションの住民ってことか?ちっこいワンコの方が私よりいい生活してそうだよね…。

庶民のつぶやきはさておき、中央の芝生エリアでは、期間限定でカフェが設置されていました。その名も『SAKURA CAFE』。
c0105785_962720.jpg
いいですねー、こういう企画。夕方で気温も落ち着いてきたこともあってか、人手も上々。設置されてる桜の形のイスも可愛い。c0105785_9193367.jpgc0105785_91945100.jpg
たまにはこういう所でお茶飲んでのんびりするのも楽しそう。
c0105785_9231291.jpg
まーでも、基本お出かけは日のある内だからなー。

まだ時間までは余裕があったんですが、階段を上って建物内に入る私たち。
c0105785_9253881.jpg
階段の上からの眺めも良いです。
c0105785_926381.jpg
建物内にも桜がいっぱい。c0105785_929663.jpgc0105785_9292048.jpg
この頃は1周年記念の企画も盛りだくさんで、イベント目白押しでした。
c0105785_934515.jpg
まだ新しいし、吹き抜け構造になっているので内部も開放感あります。

お店も色々あって楽しいんですが、私たちは待ち合わせ場所のリッツ・カールトンへ向かいます。
c0105785_9361967.jpg
待ち合わせは、45階にあるレストラン『ひのきざか』。
c0105785_9392897.jpg
さすがの45階で、上からの景色もなかなかのものです。迎賓館の桜。
c0105785_9434186.jpg
青山墓地の桜はピンクの十字架のようです。
c0105785_9454016.jpg
そして、お食事でも桜を堪能。
c0105785_9463790.jpg
お食事、おいしく頂きました。

お食事を終えると、外はすっかり日が落ちて真っ暗。カフェはまだ営業中のようでした。夜景は…相変わらずしっかり撮れません…。c0105785_9505012.jpgc0105785_9511024.jpg
でも、ライトアップした夜桜って見ることがまずないので、いい機会でした。
c0105785_9554558.jpg
噴水も幻想的!



[PR]
by mdegu | 2008-07-09 10:01 | ショッピングセンター
本日は港区でお寺巡りdayでしたが、お散歩のシメは松下電工汐留ミュージアムにて『アール・ブリュット/交差する魂』展を鑑賞してきました。
c0105785_19201083.jpg
カレッタ汐留でお昼ごはんを食べてから、連絡通路を通って向かう途中、Hさんが通路でキノコ発見。
c0105785_111472.jpg
こんな植え込みみたいな場所でも見つけるとは…。
c0105785_1123475.jpg
シメジみたいな形してたけど、なんのキノコだ?

ま、それは置いといて、汐留ミュージアムは汐留シティセンターの隣、松下電工のビル内にあります。
c0105785_11103659.jpg
最近めっきり見かけなくなった回転ドアを通って中に入ります。ビル内に入ったところで、デジカメのホワイトバランスがおかしいことに気づく私。浜離宮で変なボタン押しちゃったからなー…。c0105785_11151564.jpgc0105785_11152873.jpg
色々試して、なんとか直してから美術館のある4階へ。入ってすぐのエスカレーターで向かいました。ちなみに4階はどうやらフロア部分も撮影禁止のようだったので、写真はなしです。

今回鑑賞した展示は、副題が『ローザンヌ アール・ブリュット・コレクションと日本のアウトサイダー・アート』となっているように、作家は障害者や精神病患者などのいわゆる社会生活における「アウトサイダー」で、美術の専門教育を受けていない人々の作品展です。
c0105785_1122149.jpg
これが結構心にきました。この展覧会に限っては、上手いとか下手とか、そういう判断基準がバカバカしくなります。やっぱり芸術って、感情の発露であるべきなんだなって。確かに「上手いなー」って思うのもあるんですが、そういうんじゃないんですよねー。
c0105785_1129122.jpg
多分「描きたいから描く」っていうのが根底にあるだろうから、変に媚びた感じがないというか。言葉に出来ないことを表現しているのかなぁって感じでした。
c0105785_11311984.jpg
作品は絵画だけではなく、造形なんかもあって、すごく興味深かったです。

鑑賞後にトイレに行くHさん。
c0105785_11343226.jpg
私もこの後でトイレに行ったんですが、さすがナショナル、コマーシャルでもやっている「アラウーノ」がありましたよ。いいね!アラウーノ!!ちょっと欲しくなっちゃいました。
c0105785_11361279.jpg
写実を愛するHさんはちょっと難しかったって言ってましたが、私はかなり好きな感じでした。展示は7月20日までなので、興味のある方は汐留観光と合わせてどうぞ。
[PR]
by mdegu | 2008-06-15 19:21 | 美術館

20. 東京都庭園美術館

松岡美術館を出た私たちは元来た道を引き返し、自然教育園正門を通り過ぎて、庭園美術館に向かいました。
c0105785_836783.jpg
正門前の銀杏も見頃を迎えていました。
c0105785_8484191.jpg
美術館は、正門から入って真っ直ぐ進んだ所にあります。
c0105785_850666.jpg
企画展は見たいと思っていた『世界を魅了したティファニー 1837―2007』。ジュエリーにテーマを絞っての展示です。
c0105785_8504430.jpg
会期終了の1週手前の週末だったせいもあってか、会場は大混雑。それぞれの展示を見るお客さんの動きも遅く、背の低い私は相変わらずぴょんこぴょんこしてみる羽目に。でも、やっぱりどれもすごくキレイでした。虫や動物をモチーフにしたブローチとか、欲しかったもんなー。ポスター表紙にもなっている『バード・オン・ア・ロック』の、岩部分のイエローダイヤモンドの大きさに感動です。

どれもすごい値段なので(いや全部非売品だけど)(更に売ってたところで買えないけど)、せめてイエローダイヤが美しい鳥さんの葉書でも買っていこうかと思いミュージアムショップに寄ってみましたが、当然のように売り切れてました。
c0105785_8572064.jpg
クリスマス前だったので、ツリーがあちこちに飾られてます。

しょうがないので、何も買わずに美術館を出て、お庭を散策。
c0105785_8592180.jpg
昨年は本当に暖かかったので、この時期まで紅葉が楽しめました。
c0105785_91174.jpg
日本庭園の池の周りが紅葉スポットです。
c0105785_933447.jpg
日本家屋、池に散るもみじ、もみじの下を泳ぐ鯉。畳み掛けるように日本ですよ。
c0105785_9614.jpg
西洋庭園には冬薔薇が少し咲いてました。
c0105785_9103855.jpg
紫の薔薇を見ると、つい『ガラスの仮面』を思い出してしまう私。まだ連載中とはいえ、我ながら古いなぁ。

お庭を出て、目黒駅に向かう道は銀杏並木。
c0105785_9122485.jpg
地面が落ち葉で覆われています。すごくキレイなので、写真を撮ってる方もいらっしゃいました。街灯にも宣伝のポスターが掛かってましたが、これがまたダイヤの黄色と銀杏の黄色で統一感あります。
c0105785_9153844.jpg
朝日新聞では毎年12月25日までの1ヶ月間、クリスマスに向けて夕刊1面か2面にティファニーブルーをバックにした広告を毎日出してるんですが、こういう展覧会とかも見ちゃうと、やっぱりいいなぁと思ってしまいますよね。
c0105785_9194158.jpg
美術館には若いカップルも多かったです。でも、あんなの見ちゃったら普通のってちゃっちく見えちゃうから、クリスマス直前の彼氏はプレッシャーだったかもしれませんね。
[PR]
by mdegu | 2008-01-18 09:21 | 美術館

22. 松岡美術館

年も変わってすっかり日も開いてしまいましたが、先月上旬の白金・目黒エリアぐるっとの続きを。自然教育園を一回りした私たちの次の目的地は、教育園裏手方面にある松岡美術館
c0105785_8302553.jpg
外苑西通り沿いは銀杏並木になっていて、紅葉が進んでました。
c0105785_8383384.jpg
松岡美術館は、路地をちょっと入った所にあります。
c0105785_8395411.jpg
名前にも冠されているように、実業家の松岡さんの個人美術館です。創設者である松岡グループ創業者、松岡清次郎さんは入口のすぐ脇でお出迎えして下さってます。
c0105785_847255.jpg
ちょっと大滝秀治さんみたいです。

ロッカーにコートを預けてから鑑賞開始。玄関ロビーは広く、この日は、奥のお庭の紅葉も楽しめました。
c0105785_8521912.jpg
展示室に入る前、真っ正面に早速気になるコ発見。『猫の給仕頭』です。よく見たら、ソファの近くの鹿の間で花も持ってます。c0105785_8554338.jpgc0105785_855506.jpg
か、かわいい…。松岡氏の胸像のお向かいにあるミュージアムショップでレプリカが値引きされて売ってたんですが、この日はまだまだ歩くのでこれも断念。今回は買ってないけど、Hさんが振り向く度に私の手荷物が増えてるのは、やっぱり母のDNAなんでしょーか。

展示ですが、彫刻メインの1階と、絵画メインの2階に分かれています。1階から鑑賞しましたが、珍しいガンダーラ・インド彫刻の充実ぶりに感動です。これ良かったー。インドの神様がモチーフのものなんですが、とても充実してました。あまり見ることもないので、満足です。

続いて2階。
c0105785_913451.jpg
1階は常設ですが、2階ではテーマに沿った企画展が行われています。この日の企画は『近代日本画展』。
c0105785_9124157.jpg
個人コレクションなので感じの似たのが多かったですが、全体的に写実的なものが多く、素人の私たちにも素直に楽しめるものとなってました。

クリスマスも近づいていたので、あちこちにクリスマス飾りもされている所も好感持てます。館内もキレイだったし。
c0105785_9185695.jpg
玄関先にいた2頭の羊が謎でしたが、全体的にすごく好みの美術館です。
c0105785_9205153.jpg
あまり期待もしてなかったので、ものすごく得した気分になれました。この場所は、松岡氏の私邸跡地だそうです。シロガネーゼだったのねぇ。女じゃないけど。

ちなみに、そんな高級感あふれる白金の外苑西通り沿いでは、結婚式もやってて、丁度風船飛ばしてる所でした。
c0105785_9224169.jpg
そーゆーのに興味なくて自分のは超地味に済ませたけど、みんな凝った演出するもんなのねぇ。
[PR]
by mdegu | 2008-01-17 09:29 | 美術館

ミッドタウンガーデン

旧防衛庁の跡地に建設された東京ミッドタウンは、敷地の広さを生かし、緑の部分も多めに取られています。乃木坂駅方面の入口から檜町(ひのきちょう)公園まではミッドタウンガーデンとして整備されました。公園はビル群をくるっと囲う形になっていて、テーマ毎に4つのゾーンからなっています。

まずは入口の高原の湧水ゾーン。
c0105785_903158.jpg
遊歩道沿いに背の低い噴水が設置されています。夏場は、小さい子供が水遊びしてました。遊歩道は桜並木の山のせせらぎゾーンに続きます。
c0105785_97365.jpg
これは芝生広場から見た所ですが、広場と並木の間には青い車が停まってますね。これ、それぞれが食べ物とグッズのショップです。そして、その後ろに見える高木群が、外苑東通り沿いに旧防衛庁にあったものを移植して造られた森のエッジゾーン。
c0105785_9164158.jpg
こちらも紅葉がキレイ。
c0105785_9204363.jpg
芝生広場の奥には、シンボル的なでっかい金属製オブジェがでーんとあります。
c0105785_926401.jpg
いつ見てもフシギな形だ…。で、この先が檜町公園。一段低くなっているのでこの写真じゃわかりませんが。東京タワーも少し見えます。
c0105785_92818100.jpg
青い車と檜町公園の間に広がる芝生広場ゾーン。
c0105785_9303088.jpg
私がサントリー美術館の帰りに寄った時は芝生養生中でした。右側にガーデンテラス、左側にミッドタウン・タワーが見えますが、その手前の三角形のもの。光るクリスマスツリーです。午後1時頃だったんですが、もう光ってました。c0105785_938094.jpgc0105785_938896.jpg
お昼に見てもキレイたっだけど、夜に光っている様子をテレビで見たら、やっぱり周りが暗い方が映えますねぇ。
c0105785_943359.jpg
各地で開催しているイルミネーションですが、ミッドタウンでは本日クリスマスが最終日。私は大掃除でお出かけ出来ませんが、見に行かれる方は、最後の輝きを楽しんで下さいね。
c0105785_9472949.jpg
Merry Christmas!!



[PR]
by mdegu | 2007-12-25 09:46 | 公園

20. 天徳寺

サントリーホールのリニューアル公演前に、近隣の札所をめぐることにして近場の3つのお寺を訪れたのですが、さすがビジネス街、週末は閉じてる所が多いんですね…。最後の1つ、天徳寺でやっとご朱印を頂くことが出来ました。
c0105785_1525083.jpg
ここ天徳寺は、尾張徳川家、越前福井藩松平家の江戸における菩提寺で、外交の場としても使用されたことがあるという由緒あるお寺。浄土宗江戸四ヶ寺っていうのがあって、そのうちの1つでもあるそうです。

人気もなく静かなお寺です。訪れた時間が午後4時を回っていたせいもあってか、薄暗くて少し入りづらい雰囲気。門を入って右手にある本堂にも歴史を感じます。
c0105785_1582931.jpg
お庭も広めだったので、とりあえず見て回りました。奥の方には、真新しい六角堂があり、本堂とのギャップにちょっとびっくり。
c0105785_15131598.jpg
境内には観音様らしき石像や、港区の文化財らしき梵字の石碑なんかがありました。c0105785_15201382.jpgc0105785_15202824.jpg

境内を一通り見て回ってから、人気のない本堂に近づくと、こんな表示が。
c0105785_15193449.jpg
あ、呼び鈴押すのね。押してしばらく待つと、奥から女性が出て来ました。ご朱印を頼むと、本堂の観音様にお参りさせて頂けるとのこと。Hさんと中に入ってお参りしてきました。左の奥が観音様です。
c0105785_15223747.jpg
この後、書きあがったご朱印を頂いてからサントリーホールへと戻りました。港区もこの辺りはお寺も多く、緑が豊富です。周囲は古い感じの町並みも残されていて、猫もホイホイ歩いてました。のびーっ。
c0105785_15285014.jpg
心なしか、流れてる時間もゆったりしてる気もします。そういえば、門前に「西之窪観音」の石碑があったんですが、昔の地名から来ているんでしょうか?
c0105785_1534348.jpg
ちょっと急いでたから、あまりよく見てこなかったなぁ。反省。
c0105785_1523569.jpg
明るい時に来るといいかもしれません。緑が多いので落ち着きます。

<< 詳細 >>
  山号 : 光明山
  名称 : 和合院 天徳寺
  宗派 : 浄土宗
  本尊 : 聖観世音菩薩
  住所 : 東京都港区虎ノ門3-13-6


[PR]
by mdegu | 2007-12-22 15:30 | 神社仏閣

15. 泉岳寺

長年の悲願、討ち入り当日に行って来ました泉岳寺
c0105785_17174393.jpg
都営浅草線にそのものズバリの「泉岳寺」って駅があるんですが、うちからはちょっとアクセス悪いので、南北線の白金高輪駅から歩いて向かいました。ちょっと分かりづらかったけど、なんとか辿り着けて良かった…。詳細地図見てるのに迷う私って一体。

参道には屋台が並んでました。中門をくぐって少し進むと山門があります。
c0105785_172363.jpg
山門の額も素晴らしいですが、くぐる時にちょっと上も見てみましょう。
c0105785_17242829.jpg
天井には「江戸三龍」のひとつ、銅彫大蟠龍がはめ込まれているので要チェックです。あと2体の龍さんがどこに住んでるかは謎ですが…。

山門をくぐると、正面に本堂。
c0105785_17452947.jpg
第二次世界大戦で焼失した為、現本堂は昭和28年12月14日に落成したもの。つくづく12月14日に縁のあるお寺なんですね。

まずご朱印を頂いてから本堂にお参り。続いて、四十七士の墓所へ。今日は11時から浅野長矩公墓所にて墓前供養が行われるそうなので、それを見に来たんですよねっ。しかし、墓所には既に行列が…。
c0105785_1757135.jpg
おお、急がねば~。時間も迫っていたので、お坊さんもバタバタしてました。右側には血染めの岩やら首洗いの井戸やら、「おおっ」ていう史跡が並んでたんですが、左側に並んじゃって岩しか撮れませんでした。c0105785_180978.jpgc0105785_1801858.jpg
墓所はディズニーランド並みに入場制限してたんですが、こっちも時間までになんとか入ることが出来て一安心。時間までは若いお坊さんが何やら拝んだりされてましたが、時間になってお坊さんたちがぞろぞろと入場。
c0105785_183435.jpg
一番迫力のあるお坊さんが墓前でお経を唱えておられました。御住職でしょうかね?むうう近くで見たい。ひょいと上を見たら、写真撮ってる人がいるので、私も上に行ってみました。供養中、横から。
c0105785_1813845.jpg
お顔も拝見。御住職(多分)です!目力すごいです。
c0105785_18141698.jpg
何人いたのか分かりませんでしたが、この写真では御住職入れてお坊さんが17名いらっしゃいます。衣の違いで位とか違うんでしょうね。
c0105785_18204582.jpg
しばらくして供養が終わり、殿様の墓所を後にする御住職。
c0105785_18221838.jpg
関係ないけど、取材に来ていたカメラマンのおにーさん男前でした。

ここには四十七士+1人のお墓があるんですが、さすがに今日は参拝客がすごくて、皆さん1つずつ線香をお供えしていくもんだから煙がもうもうとして、そこら中まっ白くなってました。
c0105785_18321380.jpg
大将である大石内蔵助さんと息子の主税(ちから)くんのお墓。c0105785_1833468.jpgc0105785_18331260.jpg
おうちに入ってて、他の義士のお墓よりも豪華です。

お参りも終わって外に出ると、墓所入口には私の並んだ時の何倍もの行列が!
c0105785_18374121.jpg
これがなんと本堂前まで続いてました。は、早く来て良かったっ。記念館もあるんですが、この後はぐるっとの予定だったのでお寺を後にしました。参道のお土産屋さんには観光地おなじみの彼らの姿も。c0105785_18413790.jpgc0105785_18414788.jpg
でも泉岳寺は、そこらの観光地とは一味違いました。
c0105785_1844519.jpg
わかります?なんと四十七士キティがあるんですよ。1人1人全部違うんです。大石さんもビックリのこの緻密さ。激感動です!見た感じ数が少ない気がするので、ここに全種類揃ってるかは疑問ですが…。
c0105785_18485785.jpg
1体420円なので、全部揃えるといくらになるのかコワいものもありますが、山門手前、でんでん太鼓が目印の小泉商店で売ってます。やるなぁ、サンリオ。

次に向かおうと泉岳寺駅へ行こうとしてたら、お寺へ向かう行列に行き会いました。c0105785_18522458.jpgc0105785_18523473.jpg
正午から本堂で献茶式と追善供養が行われるようだったので、それの行列だったのかな?午後には、芝の増上寺あたりから義士行列なんかもあるようでした。
c0105785_18541830.jpg
なにはともあれ、お天気にも恵まれて良かったです。私も年末テレビでやってるとつい観ちゃうし、日本人て『忠臣蔵』大好きなんだなぁと実感した1日でした。



[PR]
by mdegu | 2007-12-14 17:32 | 神社仏閣