日々のお散歩の記録です。 毎日ちくちく更新中。     コメント大歓迎です。


by mdegu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:渋谷区 ( 18 ) タグの人気記事

明治神宮 ~初夏2009編 sanpo

小中学校時代の友人が学会で東京に来るというので、実に20年ぶりに会って来ました。合間の1時間半くらいだったけど、20年ぶりとは思えないくらいフツーに楽しかったです。会った場所が千駄ヶ谷駅のごく近くだったので、帰りは参宮橋まで歩くことにしました。神域に近づくにつれて、緑の数が増えて来ます。
c0105785_10394868.jpg
すごく明るい日だったんだけど木陰がすごくて、日中なのに街灯点いちゃってました。

ほどなく「避難場所」の看板を発見。
c0105785_10451064.jpg
ここからが「明治神宮・代々木公園」エリアのようです。
c0105785_10462319.jpg
正面の鳥居の先に続く道が北参道。
c0105785_104851100.jpg
「北参道」といえば、最近副都心線で駅が出来ましたねぇ。

ここを真っ直ぐ進んでしまうとJRの原宿駅に出てしまうので、私はすぐ右に曲がって小田急の参宮橋駅を目指します。
c0105785_1051145.jpg
なんか森の中を歩いているようで落ち着きます。静かだし、つくづく都会にあるとは思えんな…。c0105785_10541790.jpgc0105785_10542847.jpg
ほどなく北池に到着。
c0105785_1056510.jpg
橋から見た池、北側。ドコモの変な形のビルが見えているので、こっちが新宿だってわかりますね。
c0105785_1115113.jpg
橋から見た池、南側。
c0105785_1101560.jpg
カメとコイがいました。
c0105785_11134742.jpg
上の石に1匹だけいたこのカメですが、ちょうちょにずっとからかわれてました。追い払っても追い払っても顔の周りをチラチラするので、相当イライラがつのってるようです。
c0105785_1116491.jpg
そのうち追っ払うのに失敗して、石から転げ落ちる始末。に、ニブい…。甲羅の薄皮みたいのがはげてたのは、もしかしたらニブさのせいかもしれんな…。頑張れカメ!負けるなカメ!!

微妙に親近感の湧くニブいカメに別れを告げ、宝物館方面へ移動。この日は月曜だったので、休館日でした。
c0105785_11191314.jpg
宝物館横の自販機、変わった形してます。
c0105785_11224981.jpg
宝物館前から北池をのぞむ。広いなー。
c0105785_11213961.jpg
シロツメクサも花盛りで、のんびりしたい気持ちになります。
c0105785_11234352.jpg
ぽつぽつと座ってる人いるのはいいんですが、スーツ姿のおじさんが1人で座ってるのとか、平日なのにどうしたんだろうって気になっちゃったりもしました。

私は別にピクニックに来た訳じゃないので、そのまま西へ進みます。
c0105785_1126460.jpg
そろそろ行先表示に駅の名前も出て来ました。
c0105785_11265894.jpg
この鳥居をくぐるとお散歩終了。
c0105785_11273139.jpg
敷地を出て、参宮橋駅から小田急に乗ってお家に帰りました。
c0105785_11283083.jpg
こんな森を通り抜けに使えるなんて、贅沢だなー。
c0105785_11294450.jpg
今度はもっとゆっくりお散歩しに来たいです。



[PR]
by mdegu | 2009-05-25 19:03 | 神社仏閣

代々木八幡宮 ~初詣編

昨年は京都と東京との行き来でバタバタしてたので、年末気分もそこそこに、淡々とお正月を迎えてしまいました。初詣どこに行こうか迷ったんですが、近場の代々木八幡宮にお参りに行くことにしました。
c0105785_11182263.jpg
なぜ代々木八幡かというと、厄除開運だけでなく、交通安全の御利益もあるから。もうすぐ社員旅行に出かけるHさんの渡航安全をしっかりお祈りしたくてこちらを選択した訳です。
c0105785_1129812.jpg
街中にあるには珍しく、急な階段を上って境内へ。
c0105785_1129576.jpg
鳥居の先には、お正月の書き初めがずらりと展示されていました。c0105785_1134720.jpgc0105785_11341699.jpg
本殿前には茅の輪が設置されており、参拝客で行列が出来ています。
c0105785_11361447.jpg
お参りを無事済ませてから、狛犬の所に置いてあったお酒を頂いて初詣終了。
c0105785_11394442.jpg
境内には竪穴式住居なんかもあるんですが、人も多いのでこれで帰ることに。緑の多い静かで落ち着く場所でした。
c0105785_1141959.jpg
最後に、行きの電車に乗る前に見た豪徳寺駅ホームからの富士山をどうぞ。
c0105785_11422938.jpg
電線ですっきりとは見えませんが、昨年に引き続き、今年も正月から富士山を拝むことが出来て嬉しいです。



[PR]
by mdegu | 2009-01-01 15:50 | 神社仏閣
どーも疲れが抜けない東京3日目。軽いお出かけってことで、Bunkamuraにてミレイ展を鑑賞して来ました。近所でお祭りがあるらしく、おみこしやハッピ姿の人たちと多数出くわしました。Bunkamura前でもお神輿発見。
c0105785_936316.jpg
お神輿の横を通り過ぎて美術館へ向かいます。
c0105785_937543.jpg
朝イチで行ったので東急デパートがまだ開店前で連絡通路が使えず、正面からちゃんと入りました。c0105785_9412937.jpgc0105785_9413752.jpg
エスカレーターを降りて会場へ。
c0105785_9422647.jpg
美術館はここ降りてすぐです。

今回鑑賞した『ジョン・エヴァレット・ミレイ展』、実はすごく楽しみにしてました。チケットは頂き物ですが、是非見たかった展覧会なんです。まだ大学生の頃何気なく行った上野でやってた『テート・ギャラリー展』で一目ぼれしたミレイの『オフィーリア』を、また見れるとは思わなかったよ…。
c0105785_9434070.jpg
ポスターやチケットのイメージにもなっているこの作品しか知らなかったんですが、いやー良かった!
c0105785_10101135.jpg
肖像画も数多く残している人って知らなかったし、略歴も初めて知るという無知っぷりだったんですが、ここ近年で一番心に残る良い展覧会です。で、つい買っちゃったグッズの数々。今回のイチオシのミレイの長女をモデルに描いた連作、『初めての説教』と『二度目の説教』のハガキとクリアファイルです。
c0105785_1011037.jpg
この可愛さにメロメロ。



[PR]
by mdegu | 2008-09-14 19:20 | 美術館
昨日けっこー疲れたので、今日は久し振りに美術鑑賞day。渋谷東急のBunkamuraを初めて訪れました。千代田線の代々木公園駅から歩いて15分くらいで到着。なんか裏口みたい…。入口を探して、とりあえず建物の中に入りました。
c0105785_19422746.jpg
Hさんが受付近くにいたおじさんに場所を聞いて、奥にある入口へ向かう私たち。
c0105785_19474712.jpg
入口は地下1階だったので、エレベーターを降ります。
c0105785_10431217.jpg
不在配達荷物を待ってからのお出かけだったので、世間はすっかりお昼時。地下にはレストランがあるので、まずはお昼ごはんを食べることに。

レストランは、「ドゥ・マゴ・パリ」。テラス席周辺ではドゥ・マゴ・パリ祭もこじんまりと開催中でした。美術展の特別メニューもありました。c0105785_10462872.jpgc0105785_10463645.jpg
もちろん、それを食べて来ましたよ~。
c0105785_10482187.jpg
トマトが甘くておいしかったです。

ランチを食べた後、開催中の『ロシア・アヴァンギャルド展』鑑賞。アヴァンギャルド…言葉は聞くけど、意味わかりません。ウィキペディアで調べると、「前衛芸術、または前衛美術」とあります。そうか、前衛か…。
c0105785_1050765.jpg
ロシアって、なんとなく文化的には古典的なイメージがあった私。しかも、バレエとか帝政、ボルシチ、マトリョーシカくらいの知識です。コサックダンスもあるけど、前衛って感じじゃないしなぁ。あと、色彩的に暗いんじゃないかなって思ってたりして。
c0105785_1056833.jpg
確かにものすごく明るいってのはなかったですが、全然古くなかったのが驚き!「今の画家が描きました」って言ってもいけるんじゃないかと思うくらいなのも多くて、新鮮でした。

美術展鑑賞後、テラスに戻って屋台を見学。
c0105785_1194423.jpg
かわいい雑貨もりだくさんで目移りしちゃいます。c0105785_11105985.jpgc0105785_1111783.jpg
何か買って帰ろうかとも思ってたんですが、結局何も買わずに出てきちゃいましたけどね。
c0105785_11121562.jpg
雑貨って、見てるだけでなんでこんなに心が躍るんでしょーかねぇ。
[PR]
by mdegu | 2008-07-13 19:48 | 美術館

青山円形劇場 ~KOUSKY Ⅴ

今週末もチケット当たったので、表参道のこどもの城の中にある青山円形劇場に行って来ました。
c0105785_20101852.jpg
チケット引き換えが13時だったので、お昼ごはんを食べてから時間まで辺りをぶらぶら。円形劇場は向かって左側の丸っこい部分。下からだと撮りづらいので、ちょっと歩道橋に登ってくるねーと、Hさんを待たせて上からぱちり。
c0105785_20171353.jpg
あ。あんな所に。
c0105785_20195955.jpg
どうもアピール感があるので、ついアップで撮ってしまいました。あと、こどもの城といえば、正面オブジェが気になるところ。
c0105785_202239100.jpg
皆さんお分かりの通り、岡本太郎氏の作品です。名前は『こどもの樹』。

なんのかんので時間になったので中へ入る私たち。
c0105785_20244457.jpg
ここの2階部分で、子供たちの作品展があったので、時間がくるまで見学してきました。上から見たアトリウムの様子。
c0105785_202935.jpg
作品も相当グレード高かったです。Hさんも熱心に見てました。
c0105785_20355010.jpg
チケットを引き換えてから更に待ち時間が1時間。
c0105785_20324323.jpg
再び表参道の街をお散歩することに。何かのデモ行進とかしてる中、お店とかをちょろちょろ見回ってから戻って会場へ入ります。
c0105785_20351031.jpg
今日鑑賞した作品は『KOUSKY Ⅴ』というオブジェクトシアター。広義の人形劇ですが、本来黒子である演者も劇の一部を為すって所に特徴があります。チェコやポーランドで生まれた新しい舞台様式だそうです。

タイトルのKOUSKY(コウスキー)は、チェコ語KOUSKの複数形。断片、部品って意味だそうで、その名の通り短編集みたいな感じでした。
c0105785_2046378.jpg
人形も音楽も幻想的で美しかったです。作品もそうですが、MCが面白いのなんのって。いやー笑った。演者の沢さんは、私が住んでて、なおかつ女子高生だった頃の札幌で女子高教師をやっていたそうで、なんか親近感も沸いたりしたのでした(私は共学だったけど)。Hさんは、音楽担当の中西さんに感心してました。

関係ないけど、岡本太郎氏の作品の向こうに岡本太郎氏が見えてました。
c0105785_20551887.jpg
芸術の形も色々だなぁと感じた今日のお芝居。常識って変化していくものなのかもしれません。



[PR]
by mdegu | 2008-03-01 20:58 | 劇場
東京オペラシティ内には、アートギャラリーの他にNTTインターコミュニケーションセンター (略称ICC)っていうアートスペースがあります。
c0105785_18144090.jpg
ICCは、日本の電話事業100周年(1990年)の記念事業として、1997年4月19日にオープンしたNTT東日本が運営する文化施設です。
c0105785_18212329.jpg
直接触れるものも多く、電子媒体メインの科学館みたいな展示でした。企画展以外は無料で体験できるようです。登ると光って音がする階段とか、対戦ゲーム機みたいなものもありました。

私たちが鑑賞した企画展は、現在も開催中の『サイレント・ダイアローグ ―見えないコミュニケーション―』。
c0105785_84264.jpg
見えないコミュニケーションってだけあって、聴覚に訴えるようなものが多かったように思います。動植物がらみの展示とか、近未来なイメージ。こちらも体験型なので、実際見てみないことにはわからないだろうなぁと思います。説明が難しいというか、私レベルだと理解が困難でした…。
c0105785_845364.jpg
期間中であれば、この半券でもう一度入場出来るそうです。あと、アートギャラリーとも提携してて、お互いの半券で割引特典も受けられるみたいでした。

なんか難しかったね、とか話しながら会場を後にする私たち。
c0105785_8471281.jpg
巨大クリスマスツリーと、それを見上げる大きい人に別れを告げて帰路に着きました。会社が近所だったので、勤めてた頃を思い出します。
c0105785_8504244.jpg
ちなみに、NTTのビルはオペラシティの横に建ってます。
c0105785_8524351.jpg
こんな近くにあるんだったら、美術館は自社ビルに作れば良かったのに。
[PR]
by mdegu | 2008-01-27 18:28 | 美術館
日本画専門の山種美術館の次は、初台のオペラシティ内にあるアートスペース、アートギャラリーへ。
c0105785_839727.jpg
アートギャラリーは、オペラシティの3~4階の一部分にあります。美術館のオープンは1999年9月9日という、いやに9が並んだ日。Hさんと誕生日が同じなので、親近感湧くですよ。
c0105785_8473172.jpg
クリスマス前だったので、もはや名物となった巨大ツリーも飾ってありました。

私たちが鑑賞した企画展は昨年11月3日から1月14日まで開催されていた『北欧モダン デザイン&クラフト』
c0105785_8551065.jpg
最近の日本はプチ北欧ブームのようで、ちょっとオシャレなインテリアショップ、雑貨屋さんに行けば、必ずといっていいほど商品を目にするようになりました。

c0105785_912686.jpg「北欧=オシャレ」、みたいな感覚があるせいか、デザイン専攻してます、みたいな個人客と同じくらい若いカップル率が高かったように思います。私たちはぐるっとパスで入れますが、大人だと1人1000円するんですよねー。ま、普通そんなもんなんでしょうが、結構するなぁって思ったので、皆さんがお金払ってチケット買ってたのに感心。まぁ流行ってるとはいってもここまで集めてあるのも珍しいので、お金払う価値はありそうでしたけどね。
私はというと、雑貨にもインテリアにも興味があるし、前々日の金曜日にNHKの『迷宮美術館』でこの展覧会の特集をやっていたのをたまたま観た後だったので、とても楽しめました。

北欧というのは、フィンランド・ノルウェー・スウェーデン・デンマークの4国のことで、緯度的にどこも自然の厳しい国々です。
c0105785_91942100.jpg
経済の中心から離れてるから、都市化が遅れちゃってさ。更に、すごく寒くて人も少ないからどーしてもおうち志向になっちゃうよね。そんなわけでインテリアとかが発達したんだよ、みたいな説明で、そんな言い方もどーかなとも思いましたが、独自の文化が発達するには、ある程度の外部文化との遮断が必要だと思うので、ちょっと納得。
c0105785_9231636.jpg
言われてみればムーミン谷も家族の絆の強い、非常にほんわかした集落ですもんねぇ。小さい頃、縦長のあの家に住みたいと本気で考えたもんですよ。確かにインテリアも素敵でした。

なにしろ形がシンプルでいいです。素材が木だったり、丸みを帯びたデザインが多いのも好感度アップポイントでした。お飾りの動物人形の顔も力抜ける感じで良かったです。ちょっと高くて変えなかったけどさ。
c0105785_9275559.jpg
猫も良かったけど、シロクマとかアザラシも可愛かったなー。

アートギャラリーでは、企画展と並んで「プロジェクトN」という若手紹介企画も行っており、こちらも企画展のチケットで見ることが出来ました。この期間に開催されていたのは山口聡一さんという方の作品展。
c0105785_9321038.jpg
かなり独特のファンタジーな世界でした。上の写真は、パンフレットの表紙の『Galaxy』。北欧モダンと同時開催だったからか、トナカイみたいなコがいます。多少気分が落ち着かなくなるような感じを受けましたが、好きな部類かも。

北欧デザイン、見た目もさることながら、使い勝手が良さそうなのが気に入りました。はっきりした色使いなのにドギツくなってない所もいい感じ。
c0105785_939550.jpg
こりゃ一度、船橋のIKEAに行ってこなきゃなぁ。



[PR]
by mdegu | 2008-01-23 09:40 | 美術館

9. 龍巖禅寺

夏にHさんがお休みを取った日、代々木公園に散歩に行ったんですが、その後で神宮前にある龍巖禅寺へお参りに寄りました。
c0105785_12561935.jpg
地図を頼りに向かったんですが、お寺は幹線道路から入った所にあって、迷ってしまいました。ちょっとわかりづらいですが、お向かいには国学院高校があるので、それを目印にすると行きやすいかも。

なんとか到着したものの、扉は閉ざされています。御用の方は呼び鈴を、とは書いてありますが、なんとなく入りづらい雰囲気…。また出直そうかと思った矢先、Hさんが扉が開くよというので、おっかなびっくり門をくぐる私。
c0105785_13194844.jpg
中に入ると道がまっすぐ伸びていて、半跏のお地蔵様みたいな像の左手は墓地になっていました。正面の建物が寺務所のようですが、人のいる気配が感じられません。建物の前にはお不動様の像と、蛇(?)のからまったような弁天様みたいなのの像がありました。c0105785_132420100.jpgc0105785_13242714.jpg
うーんどういう意味なんだろう?縁起も書いてないのでよくわかりません。

くるっと境内を一回りしましたが、お庭の感じも荒れ寺みたいな印象を受けました。御朱印を頂けそうな場所も見当たらずに困ってしまって、一応「ごめんください」と声をかけてみる私。本堂脇にはお中元らしきものが置いてあるので、いないってことはないよねーと思ったんですが、誰も出て来ません。
c0105785_1336356.jpg
諦めて帰ろうとした時に物音がしたので、しばらく待っていると女性が出て来ました。よ、よかった~。御住職はお留守のようでしたが、御朱印は無事頂くことが出来ました。ただ2人共、すんごいヤブ蚊にくわれまくったけどね…。

禅寺なので、シンプルな造りは良かったんですが、ちょっととっつきづらかったです。門は閉ざされてるし、鐘も鳴らすなとか書いてあるし、草も生え放題だったし…。
c0105785_134058100.jpg
それでも御朱印に書いてあった「黄金目不動」の文字が気になって、帰ってから調べてみたら、なんと五色不動とも関係があるとかないとか。石像もあったけど、あれが黄金目さんだったのか。それにしても黄色だけ数が多いのはなんでなのかなぁ?
c0105785_1346117.jpg
ココ、1人で行ってたらすぐ帰ってただろうなぁ。Hさんお休みの日で良かったっ。

<< 詳細 >>
  山号 : 古碧山
  名称 : 龍巖禅寺
  宗派 : 臨済宗南禅寺派
  本尊 : 釈迦如来
  住所 : 東京都渋谷区神宮前2-3-8


[PR]
by mdegu | 2007-12-21 13:48 | 神社仏閣

35. 古賀政男音楽博物館

私鉄リレーウォーク最終回の日だったんですが、台風が来てるので断念。前回は雨の中歩きましたが、今回は私の体調も悪かったので、ぐるっとパスで美術館めぐりをして来ました。

今日はメトロの一日乗車券を使って、4つほど回ってきました。最初は、小田急線の代々木上原駅で下車し、古賀政男音楽博物館から鑑賞することに。
c0105785_1833910.jpg
博物館は井の頭通り沿いにあります。
c0105785_18392956.jpg
開館時間の10時ぴったりに到着。ロビーには既にお客さんの姿がありました。早速チケットを提示して中に入ります。

古賀政男さんて、代々木上原に住んでらしたんですね。有名な方ですが、知りませんでした…。館内はとてもキレイで、古賀メロディーであふれてます。試聴も出来るし、お好きな方にはたまらない感じでしょうね。c0105785_18465552.jpgc0105785_1848373.jpg
館内では、おうちの模型や再現があったり、大正琴の展示もありました。ちなみに、博物館の隣はJASRACだったりします。
c0105785_1851910.jpg
代々木上原駅横の道は「音楽村通り」。古賀さんにちなんでの名前です。
c0105785_18521855.jpg
可愛い名前の通りですね。



[PR]
by mdegu | 2007-10-27 18:52 | 博物館
チケットが当たったので、母と2人で演劇鑑賞してきました。
c0105785_18115450.jpg
今回観て来たのは、松本幸四郎さん主演の現代劇、『シェイクスピア・ソナタ』。
c0105785_18235960.jpg
平日昼間でしたが、会場はほぼ満員。私たちは後ろの方の席だったのですが、席も段差になっていて前の人が気にならず、全体がよく見渡せました。

これは、松本幸四郎さん率いるシェイクスピア劇団をとりまく人間模様が描かれた作品です。シェイクスピアというので、ちょっと難しい内容かなぁと思っていたのですが、予想に反してとても楽しめました。会場から笑い声も結構おきてました。演出と出演の両方を兼ねている岩松さんもいい味出してて良かったなぁ。
c0105785_18255735.jpg
『シェイクスピア・ソナタ』は、渋谷PARCO Part1の9階にあるPARCO劇場にて9月26日まで公演中です。



[PR]
by mdegu | 2007-09-18 18:33 | 劇場