日々のお散歩の記録です。 毎日ちくちく更新中。     コメント大歓迎です。


by mdegu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:江東区 ( 25 ) タグの人気記事

29. 清洲橋と新大橋

隅田川は23kmの長い川なので、架かる橋は大きいものが多いです。その内隣り合う2本の橋が新東京百景として選定されています。1本目は黄色が印象的な新大橋。その歴史は古く、隅田川3番目に架けられたんだそうです。元々「大橋」と呼ばれていた両国橋の次に架けられたのでその名が付いたようです。
c0105785_11554087.jpg
橋の上はしっかりしたコンクリートの道路になってます。
c0105785_1157621.jpg
続いて水色がさわやかな清洲橋。ドイツのライン川に架かるビンデンブルグ橋をモデルに造られた橋で、隅田川に架かる橋の中で最も美しいと言われています。
c0105785_1205120.jpg
清洲橋といえばこのリベットがいいんですよね~。
c0105785_1235222.jpg
その形状から、新大橋は男性的、清洲橋は女性的と言われています。
c0105785_1264357.jpg
隅田川の橋は特徴的なものも多いので、橋めぐりをしても楽しそう。



[PR]
by mdegu | 2009-07-18 08:31 |

73. 東覚寺

今年の鷽替えで亀戸天神にお参りした日、近くにある東覚寺にもお参り。
c0105785_10395392.jpg
境内に入ってすぐの所にある弁天堂は、亀戸七福神の1つです。
c0105785_10425165.jpg
本堂は門の正面にありますが、まずは御朱印。弁天堂の並びにある寺務所で頂きました。一緒に真言(?)も唱えて下さったのも初めての体験。
c0105785_7412639.jpg
お寺の方が本当に感じが良くて感動です。

続いて、本堂にお参り。
c0105785_7441339.jpg
近づくと、お堂の手前にひなたぼっこ中の猫が2匹。
c0105785_7464132.jpg
近づくと逃げちゃったけど、このコとこのコです。c0105785_7491721.jpgc0105785_7492519.jpg
ま、最終的にはお腹まで出して寝てしまいましたが。
c0105785_750257.jpg
ネコって自由。
c0105785_7513394.jpg
いちいち気にしてたら、ノラなってやってられないもんね。

<< 詳細 >>
  山号 : 法号山
  名称 : 明王院 東覚寺
  宗派 : 真言宗智山派
  本尊 : 大日如来
  住所 : 東京都江東区亀戸4-24-1
[PR]
by mdegu | 2008-08-03 10:45 | 神社仏閣

富岡八幡宮 ~骨董市編

木場公園を出た後はもうお家へ帰ろうということで、大江戸線の門前仲町駅へと向かいます。永代通を西に進むと、途中に富岡八幡宮を発見。東京十社の1つでもあるので、最後にお参りして行くことにしました。
c0105785_20394569.jpg
鳥居をくぐると、そこかしこにお店が広げられていました。いつもは毎月第1と第2の日曜日に開催らしいんですが、月末の27日になんでやってたんだろう。GWだったからかな?
c0105785_2053196.jpg
鳥居のすぐ脇に大関力士碑なんかもあります。江戸勧進相撲発祥の地なので、相撲関係のものが多いのも見どころの1つです。

深川に住んでいた伊能忠敬氏の像の横には、深川めしの深川宿深川江戸資料館前の深川宿の支店です。c0105785_858443.jpgc0105785_8581138.jpg
今年も水かけ祭りで有名な例大祭が近づいて来ました。ガラスが光っちゃって見えづらいですが、お祭りで使用される立派な神輿が展示されています。
c0105785_921365.jpg
金とかダイヤとかでキラキラです。

境内で売られている骨董品も種類は様々。衣類から始まって、
c0105785_9121448.jpg
東洋風の壺や置物(こういうの好き)、
c0105785_913936.jpg
人形や雑貨、
c0105785_914596.jpg
ちょっと胡散臭いものまで、色々あります。
c0105785_9151647.jpg
大判、本物???

お店をウキウキ見てたらHさんに急かされたので、御朱印をもらいに行き、お参りを済ませる私。ちょっと変わった形の本殿です。
c0105785_91951100.jpg
本殿の裏には御神木の2本の大きな銀杏の木があるんですが、ぎんなんのカラが縁結びのお守りとして授与されてました。
c0105785_9302179.jpg
八幡様なので、必勝祈願もあります。
c0105785_931515.jpg
大きな神社は御利益も手広いですね。

境内の東奥には横綱力士の碑があるので、そちらも見に行って来ました。
c0105785_9371993.jpg
鳥居手前の大関のものよりもずっと立派です。
c0105785_9385651.jpg
歴代横綱の名が刻まれています。最近は3代続けて外国人横綱なんですね。c0105785_9441236.jpgc0105785_94419100.jpg
そろそろ日本人横綱が見たいなぁ~。

横綱力士碑の裏手には弁天社。
c0105785_9592451.jpg
小さい神社もズラーって並んでました。この狛犬、古いよね。この表情、笑っちゃうよ…。特に右のコ。c0105785_1004724.jpgc0105785_1005565.jpg
弁天様といえば池が付きもの。そして、池には鯉が付きものなのだ。
c0105785_1032989.jpg
藤と八重桜も美しゅうございます。
c0105785_105357.jpg
ちょっと日陰だったから、今が盛りでございました。

ぐるっと回って本殿前に戻る途中にあった木遣りの碑。角乗りの様子が彫られています。音も鳴ります。角乗りは、秋に木場公園で見ることが出来ます。
c0105785_10102189.jpg
神馬の像。前に骨董が並べられているので、ちょっと狭そう。
c0105785_10132078.jpg
そろそろ疲れもピークに達してきたので、ここらで神社を後にしました。
c0105785_10171998.jpg
測量の為に日本中歩きまくった伊能さんの脚力にあやかりたいもんです。



[PR]
by mdegu | 2008-07-31 20:44 | 神社仏閣

木場公園

横十間川親水公園を抜けると、すぐ正面は木場公園。少し前に休憩を取ったばかりで体力もある程度回復したので、公園もお散歩することにしました。
c0105785_9373936.jpg
木場はその名が示す通り、江戸時代に材木場として栄えた街。機能が同じく江東区の新木場へと移転した為、跡地を都立公園として整備したのが現在の木場公園という訳です。

材木置場だっただけあって、広いのなんの。入口が12箇所もあります。私たちは横十間川の大横川との合流点方面から来たので、大横橋口から園内に入りました。
c0105785_9523158.jpg
公園内は北と南と中の3地区に分けられています。とても広いので、今回は南地区をお散歩。南地区の更に南半分はふれあい広場になってます。
c0105785_102921.jpg
広場では皆さん思い思いにくつろいでいましたが、私たちは公園の周りの道を、遠くに頭だけ見えている木場公園大橋に向かって進みます。
c0105785_1085590.jpg
広場の端にあるバーベキュー広場も人でいっぱい。
c0105785_10122461.jpg
大橋のたもとの噴水広場では、フリーマーケット開催中。
c0105785_10161748.jpg
こっちもすごい混雑です。

階段を上って、大橋へ。
c0105785_10193039.jpg
噴水も大人気。子供が多いので、平均年齢低めです。
c0105785_1020216.jpg
それにしても、みんなやけに噴水の中を覗きこんでるなぁ。
c0105785_1024131.jpg
私ものぞいてみたら、おたまじゃくしが泳いでました。なぜこんな所に!?

フリマ会場の反対側では移動動物園みたいなのが来てて、ここも子供に大人気。赤ちゃん、ニワトリ食ってるの?
c0105785_10291656.jpg
知らない人が抱っこしてた目の青いウサちゃんかわいかったな~。
c0105785_10343769.jpg
一番人気で行列がすごかったポニー乗り場。
c0105785_10361513.jpg
アヒルやチャボなんかもいてウキウキ写真撮ってたら、だんだん飽きはじめるHさん。や、やばいな…。
c0105785_10382144.jpg
ニワトリにもガン飛ばされてるので、次に移動することに。

イベント池の周りでは、陶器市やってました。
c0105785_10421133.jpg
お店も結構出ているようです。
c0105785_10452068.jpg
お銚子やおちょこをはじめ、色んな種類の器が売られていました。こういうのって、見てるだけでも楽しいですよねっ。
c0105785_1046361.jpg
中央のイベント池では、毎年10月の区民祭りで角乗りが行われてますよね。これも一度は生で見てみたい伝統行事です。
c0105785_1051404.jpg
世田谷でも夏にあるけど、23区全部に区民祭りってあるもんなのかな。ちょっと気になる。
c0105785_10541184.jpg
陶器に夢中の相方を待つ人(と犬)ものんびりしてていいねっ。



[PR]
by mdegu | 2008-07-30 10:39 | 公園

横十間川親水公園

横十間川は、小名木川と合流するクローバー橋から先は親水公園として整備されています。
c0105785_8173321.jpg
周辺が工場地帯ってことで地下水汲み上げによる地盤沈下が甚だしく、川の氾濫を予防するために一部埋め立てて親水公園としたようです。

水門橋のたもとには水上アスレチック。これ設備も充実してるし、相当本格的なのに、なんと無料。
c0105785_8274941.jpg
アスレチックの隣にはボート乗り場もあります。さすがにこっちは有料みたいだけど、30分100円というお手頃ぶり。
c0105785_8341590.jpg
乗ってる人、結構いました。
c0105785_8374115.jpg
公園は2km弱あるし、距離長いから楽しそう。

細長い公園なので、静かな散歩コースとして歩道も整備されています。
c0105785_8475726.jpg
ボート乗り場また発見。距離長いから、どこに返してもいい仕組みなのかしら?
c0105785_8541145.jpg
関係ないけど、カッパもあちこちにいます。
c0105785_8495697.jpg
イメージキャラなのか…?

横十間川は公園中央辺りで仙台堀川親水公園とも交差しており、その交差部分にある浮島は「野鳥の島」っていう名前が付けられています。
c0105785_91532.jpg
島に橋は架かっていない為、人が入れません。川にもカモが沢山泳いでいましたが、中央にある松の木の辺りに鳥の巣を発見。
c0105785_933160.jpg
サギが2羽、中にいる!
c0105785_944394.jpg
多分、アオサギだと思います。頭がほわほわしてるから、まだ幼鳥ですね。

このすぐ先で葛西橋通の下、豊砂橋をくぐります。
c0105785_9183167.jpg
川はここでちょっと途切れて、池みたいになってました。
c0105785_9241849.jpg
「生物の楽園」だそうです。
c0105785_9215559.jpg
色んな生き物がいるんでしょうが、やけに目についたのがカメ。c0105785_9283981.jpgc0105785_928506.jpg
細い場所ではきっちり整列。
c0105785_931770.jpg
ハトやカモもいて、非常にのんびりした空間です。c0105785_9322088.jpgc0105785_9323118.jpg
菖蒲田はまだ葉っぱだけだったけど、咲けば結構楽しめそうな広さです。看板には蓮やスイレンも咲くみたいなこと書いてあったし、実は穴場お花見スポットなのかもしれません。
c0105785_9353082.jpg
そんな中、池の周りを平均年齢高めの自転車集団が通り過ぎて行きました。
c0105785_934259.jpg
最近のお年寄りは皆さん元気です。

北から南へまっすぐ流れていた横十間川もここでほぼ直角に西へ曲がりますが、曲がってすぐの所にはちっちゃい水田があります。ここでは江東区民の為の田んぼの学校が開かれているそうです。
c0105785_9411279.jpg
さっきの自転車のおじいちゃんたちも止まって見学なんかしてました。そして、苗を植える前の田んぼといえば、これでしょう。懐かしいなぁ。島根に住んでた小学校低学年の頃、家の裏が田んぼだったのをいいことに、カエルの卵を乱獲してた(ひどい)もんですよ。あっでも、ちゃんと育ててましたよ!
c0105785_9442851.jpg
それにしてもこれ、全部カエルになるのかなぁ…。

ここを過ぎると、散策路になるようです。
c0105785_9503528.jpg
また川も復活しますが、ポンプでなんとかしてました。c0105785_954215.jpgc0105785_9541075.jpg
水はあんまりキレイじゃなかったけど、岸に植わってたツツジがキレイ。
c0105785_1074716.jpg
そういうの大事です。

さっきのおじいちゃんたちと四ツ目通を横断。
c0105785_10152578.jpg
イースト21の横を通り過ぎ、砂利道を歩きます。この辺もツツジがキレイ。
c0105785_1018679.jpg
歩道側には動物オブジェが充実。コアラにゴリラ、カバは水の中にいるみたい。c0105785_10192780.jpgc0105785_10193621.jpg
ラッコはちゃんと貝持ってます。
c0105785_10205520.jpg
ツツジの間にパンダもいました。ここのツツジは満開状態。
c0105785_10221556.jpg
最近恒例、仔馬をいじめるHさん。
c0105785_10261556.jpg
いつもひどいよねー。

ゴールは近いですが、平住橋北にある豊住公園前のベンチでちょっと休憩。
c0105785_10284056.jpg
暑くなってきた上に小腹も空いたので、近くのコンビニで最中アイスを買って、2人で半分こしておやつタイムを取りました。c0105785_103163.jpgc0105785_10311576.jpg
横十間川は、富士見橋の先で大横川と合流して終了。
c0105785_10351564.jpg
橋のたもとの民家の藤が立派でした。
c0105785_10374736.jpg
気になったもの。近くにあった引越社。
c0105785_10392044.jpg
人助けって、基本ボランティアだもんね…。



[PR]
by mdegu | 2008-07-29 09:47 | 公園

猿江恩賜公園

横十間川散歩中、隣接する猿江恩賜公園にも寄って来ました。公園は新大橋通を挟んで南と北に分かれています。
c0105785_10403791.jpg
まずは北側から散策。のっけから緑の多さが目に着きます。
c0105785_1043525.jpg
ツツジが見どころって聞いてたんですが、まだちょっと早かったみたい。その代わり、中央広場の手前の協働花壇のシャクナゲは見頃でした。
c0105785_10493674.jpg
自転車でやってきた女の子も花壇満喫中。
c0105785_1218875.jpg
ツツジは、咲いてる所でこんな感じ。
c0105785_10541862.jpg
曇り空だったけど、三角帽子の時計塔のある中央広場ではピクニック中のグループも。直射日光がないから、屋根がなくても平気そう。
c0105785_10571319.jpg
広場の周りも、木陰の多い涼しい散歩道です。
c0105785_110487.jpg
雨上がりなので空気もきれい。

先ほどから広場広場と連呼していますが、公園内に広場は全部で5つもあるんです。時計塔のある中央広場を始め、犬の散歩禁止の「広場」。
c0105785_1141941.jpg
遊具のある「冒険広場」。
c0105785_11415767.jpg
健康器具のある「健康広場」。
c0105785_11425919.jpg
ベンチも多い「スズカケ広場」。
c0105785_11435344.jpg
ヤシ林にジャブジャブ池もありました。c0105785_11461195.jpgc0105785_11461816.jpg
噴水もちっちゃいけど装備されてます。

新大橋通を渡って南側もお散歩。
c0105785_1155514.jpg
元々は幕府の貯木場だった土地らしく、こんな石碑も立ってました。
c0105785_11572992.jpg
ここで私が猫を発見。
c0105785_11585848.jpg
そしてHさんは前日に引き続き、アミガサタケを発見。
c0105785_11593579.jpg
午後から相当雨降ってたからねー。

こちら側には、中央部分に大きめの日本庭園風の池がありました。
c0105785_124423.jpg
緑が多いのは同じですが、こちらは散策向けのようです。c0105785_1285382.jpgc0105785_129280.jpg
東の方には休憩所もありました。
c0105785_12104412.jpg
周りの植物なんだろ?

ここを過ぎるとそろそろ一回り。
c0105785_1212659.jpg
公園を出て、横十間川に戻ります。
c0105785_1213566.jpg
緑が豊富な場所っていいですね。
c0105785_12165818.jpg
想像以上に広くて快適な公園でした。



[PR]
by mdegu | 2008-07-28 11:10 | 公園
GW2日目は亀戸天神の藤まつりへ。藤の花を堪能した後は、亀戸天神の西を流れる横十間川を歩いて来ました。東京の東地区は堀割が多く残っていて、碁盤の目とまではいきませんが、東西南北に何本もの川が割と直線的に流れています。合流している所は見えませんでしたが、柳島橋の先で北十間川に合流しています。
c0105785_10115752.jpg
天神橋から北部分は魚釣り場になっていて、柳島橋のあたりでは、良くわかんない小魚がすんごい群れてました。c0105785_10143241.jpgc0105785_10144317.jpg
私たちは天神橋から柳島橋まで東側を歩いて、上流から西側を南下っていうコースで歩くことにしました。

柳島橋を渡って墨田区側を歩くことにしたんですが、しょっぱなから川の横に道がないので、とりあえず1本入った道を歩く私たち。天気もなんかいまいちだしなー。空気は濁った感じでしたが、遠く天神橋の先にはぼんやりとだけど総武線が走っている姿が見えました。
c0105785_8465484.jpg
再び川のそばに出る前に、銅像のあるちょっとした空間があったり、柳島小学校の近くでは猫にも遭遇。c0105785_8495332.jpgc0105785_8495953.jpg
小学校の先辺りで川に降りる階段を発見。これまたおびただしい数のなんだか知らない羽虫が飛びまくってましたが、せっかくなので(?)下に降りてみました。
c0105785_8533162.jpg
道は天神橋まで続いています。

上に上がって、蔵前橋通を横断。
c0105785_8591175.jpg
今度は東の江東区側を歩きますが、ここからは整備された道を歩くことが出来ます。良く見たら「うるおいの木かげ道路」なんて名前も付いてるようです。
c0105785_90767.jpg
木かげ…?なんか葉っぱないみたいなんですが…。しかも川クサいよ。魚釣り場とかあるのに、高濃度ダイオキシン出てるのもアレだけど、このお知らせもどーなの。c0105785_934127.jpgc0105785_934895.jpg
ダイオキシン出てるなら「食べるの控えて」じゃなくて、「食べちゃダメ」って書いて、お願い。

川の汚染に少々びびりながら進んで行くと、やっと木かげが出現。
c0105785_9113836.jpg
川にちょこっと出っ張った休憩所もありました。ここもちゃんと木かげになってるみたい。
c0105785_9125748.jpg
あんまり花は付いてなかったけど、藤棚でした。
c0105785_9141710.jpg
藤まつり見てきた後だから、ちょっと寂しい印象を受けます。栄養の問題かな?

JRの高架下通過。c0105785_9191495.jpgc0105785_91923100.jpg
東西に走る(写真では左右)京葉道路の松代橋の先には、墨東病院。
c0105785_9222014.jpg
どーでもいいけど、私のことほっといてHさんがどんどん進むので、追っかけるのがなんか大変。
c0105785_9331893.jpg
Hさんの動きが速くなった原因は空腹のせいとみて、お昼も近いことだし、ここでちょっと川を離れてランチ休憩を取ることにしました。

京葉道路を西に折れて錦糸町駅近くのビルでうどんを食べた後、川に戻ってお散歩再開。この辺りは会社のビルも多いけど、高層マンションも多いです。高いビルが林立してます。
c0105785_935632.jpg
小松川線の先のツインタワーもだんだん近づいてきたなー。

道路の下からは、歩道と車道が完全に分かれて更に歩きやすくなります。
c0105785_9424631.jpg
その小松川線の下には堅川が流れてて横十間川と交差しているんですが、多分ここが合流点。
c0105785_943750.jpg
ここから東は暗渠となっていて、河川敷公園として整備されているようです。

小松川線の先の清水橋。
c0105785_9545270.jpg
この橋の下、石造りでなんかカッコいい。ちょっとギリシャみたい。
c0105785_9562190.jpg
花壇もきちんとしてるし、下が木だから足が疲れにくいのも嬉しいね。
c0105785_9592932.jpg
ここでまた川を離れて、西岸に隣接している猿江恩賜公園にも寄りました。
c0105785_100382.jpg
広くて緑の多い公園です。

公園散策終了後、ちょっと疲れたのか座って休憩するHさん。
c0105785_1044946.jpg
木道は大島橋で終了。c0105785_1011219.jpgc0105785_10111059.jpg
ジョギングの人、散歩の人、自転車の人、色々通ってます。
c0105785_1014451.jpg
Hさんがなんか見てますが、見てたのはこれ。
c0105785_10161750.jpg
川って、なんか自転車沈んでますよね~。

大島橋の先にあるのが、小名木川との交差点に「ばってん」に架かるクローバー橋。形もいい感じですが、名前もかわいいです。
c0105785_10174533.jpg
そして、その先に架かるのが水門橋。
c0105785_10211667.jpg
ここから南は親水公園となっています。
c0105785_10282359.jpg
上流部分のダイオキシン、非常に気になります…。
[PR]
by mdegu | 2008-07-27 10:18 | 河川
今日は、亀戸に住む先輩夫婦のお宅ですき焼きパーティーの日。待ち合わせは亀戸に11時半だったので早めに家を出て、仙台堀川を歩いて来ました。半蔵門線の清澄白河で降りて、清澄公園裏手にある清川橋から散策スタート。
c0105785_2122830.jpg
現在地はこちら。
c0105785_933919.jpg
西側にある清澄排水機場の先は隅田川、隅田川にそって分かれているのが大島川西支川です。c0105785_9142031.jpgc0105785_9142861.jpg
この辺り、水もそんなにきれいじゃないんですが、魚影も見えました。

墨田川に背を向けて、仙台堀川に沿って東の方へ歩いて行きます。
c0105785_9174163.jpg
川沿いには特に遊歩道が設置されていなかったので、清澄庭園と川の間の道を東へ進みます。清澄橋の横を通過。
c0105785_9273025.jpg
清澄水防倉庫とか清澄庭園の児童公園も通過。c0105785_9323985.jpgc0105785_9324858.jpg
写真は撮って来ませんでしたが、この辺りにあった深川図書館がとても素敵な石造りの建物でした。今度中にも入ってみたいです。

地下を大江戸線が走る清澄通の海辺橋から川沿いの道が出現。
c0105785_9471220.jpg
10時前のこの時点で気温も湿度もものすごいことになってたので、木陰が嬉しいです。髪の毛くちゃってなるから今日はいらないとか言ってHさんは帽子をかぶってこなかったので、熱中症が心配になってきました。無理にでもかぶせてくれば良かったと後悔してる間に、木更木橋を通り過ぎて、亀久橋に到着。
c0105785_953211.jpg
こっから先、並木が柳なので日陰レス。だから帽子かぶれって言ったのにっ!
c0105785_9553933.jpg
ここでまた分流発見。平久川です。
c0105785_101414.jpg
江東区は掘割と運河の街なので、碁盤の目のように水路が通っていますね。

三ツ目通の末広橋から橋3つは、木場公園の敷地内。川は木場公園内を突っ切って流れています。
c0105785_10914.jpg
交差する大横川に架かる大栄橋を渡ってちょこっと行くと、千石地蔵尊から先は親水公園になっています。
c0105785_1015416.jpg
それにしても、お昼前にこの暑さ。
c0105785_10185444.jpg
夏が思いやられるよ…。
[PR]
by mdegu | 2008-07-12 21:24 | 河川
c0105785_21584353.jpgGW2日目の今日は、東方面へおでかけ。混雑を避ける為、朝イチで亀戸天神で藤を観て来ました。
錦糸町から横十間川を渡って向かう途中の船橋屋前あたりで、おっきな観光バス2台が止まっているのを発見。うわー混んでるのかなぁ。ドキドキしながら参道へ入ると、露天が出てました。
c0105785_2212447.jpg
今朝10時丁度の混雑の様子。おっ、思ったよりずっと空いてるぞ。
c0105785_222115.jpg
10時くらいだとまだ少し曇っていて肌寒かったので、出足が遅いようでした。同じく、最初の太鼓橋の右手にあった白藤がいい感じ。
c0105785_1541089.jpg
メインの長藤はあまり開花してなくて、まだ白っぽいです。
c0105785_1571976.jpg
珍しいピンクの藤もまだ開花途上。
c0105785_15113991.jpg
藤を見ながら向かった本殿前にも、鉢植えの立派な藤が飾られていました。
c0105785_15152458.jpg
お参りを終えてHさんの所に戻ると、なにやら哀しい顔で絵馬の辺りに指を差していました。指の先をみると、ウ、ウソ…!
c0105785_15202218.jpg
砂利の上に転がってる姿が哀愁です。しかもうつぶせだし。Hさんはウソを古札奉納所に移動させようかと思ったみたいなんですが、それが正しいかもわからなかったので、とりあえずほっといて来ちゃった。ごめん、ウソ…。

藤まつりの期間中は、限定でこんなものも売られています。c0105785_1524296.jpgc0105785_15243672.jpg
まだ早い時間だったので見てきませんでしたが、神楽殿でもイベント有り。
c0105785_15255850.jpg
満開ではなかったものの、やっぱいいですね~藤の花。
c0105785_15343598.jpg
一回りして私たちが神社を出る頃、池にはカメが、境内には人が少しずつ増えてきました。c0105785_1538485.jpgc0105785_153901.jpg
お隣の船橋屋さん前の藤棚も、咲き始めてます。
c0105785_15413268.jpg
藤色っていつみても上品でほっこりします。
c0105785_1543728.jpg
それにしてもこの量、お手入れもさぞや大変なことでしょう。
c0105785_15444656.jpg
亀戸天神では、藤の花育成基金もやってるみたいですよ。
[PR]
by mdegu | 2008-04-27 22:04 | 神社仏閣

27. 清澄庭園

病み上がりで久しぶりのお出かけは、天気もいいのでどこか公園にしようってことで、まだ訪れたことのない清澄庭園に行って来ました。
c0105785_18285655.jpg
江戸の豪商、紀伊國屋文左衛門の屋敷跡と伝えられているこの庭園。明治期に岩崎弥太郎氏が社員の慰安や貴賓を招待するための場所として開園した深川親睦園が元となっているそうです。

明治期を代表する回遊式林泉庭園で、中央部分の大泉水が目を引きます。
c0105785_18454215.jpg
池の周りには、全国各地から集められた奇岩名岩が配されているのもここの特徴の1つです。石にはそれぞれ名札があるのが嬉しい所。大きい石、いいですよ~。日本庭園には岩は必須ですからね~。摂津御影のなつめ水鉢。
c0105785_816439.jpg
生駒石。
c0105785_8172336.jpg
伊豆式根島石と、奥に見える赤いのが現在は採取が禁止されている幻の佐渡赤玉石。
c0105785_8181026.jpg
小学校低学年の頃に遠足でみつけた岩が気に入って、リュックに入れて持って帰ったことがあります。肩紐はちぎれるわ、大きすぎて重すぎるわで大変だったけど、庭に飾って(家の中は許してもらえなかった)見たり触ったりしてたっけ。

散策は、向かって右側から回ることにしました。奥には数寄屋造りの涼亭が見えます。いわゆる、迎賓館ですね。
c0105785_829629.jpg
大磯渡りと呼ばれる飛び石を進むHさん。
c0105785_8332883.jpg
中継点の島の右側が長瀞峡、左側が傘亭。c0105785_8364085.jpgc0105785_8365562.jpg
池側の磯渡りを注意深く進む私。
c0105785_8423260.jpg
途中でHさんが呼んでいるので行ってみたら、おびただしい数のおたまじゃくしを発見。Hさんは「気持ち悪い」って言ってましたが、いやー春です。そういえば、カエルの卵も乱獲してたなー昔。そんで、クラスで育ててました。…しかしどんな女子小学生だ私。
c0105785_8434176.jpg
これ全部カエルになるのかと思うとビックリですな。園内広いから住宅事情は厳しくなさそうだけどさ。ツボカビ病に負けるなカエル!!

おたまじゃくしにエールを送ってから、道なりに進んで自由広場へ。
c0105785_8513392.jpg
なにやら赤い花が満開の様子。
c0105785_8522712.jpg
鳩と人間がくつろいでました。花はどうやら寒緋桜のようです。
c0105785_8563471.jpg
花菖蒲田もあるんですが、時期的にこんなでした。
c0105785_91371.jpg
ここ静かで良かったです。規模はそんなに大きくなかったけど、菖蒲の頃も良さそうでした。

広場を出て涼亭前を通り過ぎ、池を眺めながら歩く私たち。ここで丁度入口の向かいくらいで、入口付近にある大正記念館が正面に見えます。
c0105785_93511.jpg
広い池なのでカモもすんごい沢山いるんですが、時間的にこのあたりは日陰になっていて、みんな寝てました。どうやら休憩所のようです。

石で表現された枯滝と、富士山と呼ばれる丘の横を通って進みます。
c0105785_99619.jpg
右手にちょっと入ると、江東区の文化財、石仏群があります。
c0105785_9115643.jpg
「群」とはいっても、これだけでしたけど。

池には、名前の付けられた島が3つあります。1つは富士山の近くにある鶴島。
c0105785_9162553.jpg
人が入れないので、カモとカメやりたい放題。
c0105785_917892.jpg
2つ目が人が入れる中の島。
c0105785_9182374.jpg
この日は写生してる人がたくさんいました。サークルか何かかな?
c0105785_9203352.jpg
中の島には、和紙の原料で有名なミツマタの花が咲いてました。
c0105785_9215637.jpg
3つ目は松島。
c0105785_92457.jpg
これはやっぱり日本三景の松島をイメージしてるんでしょーか?今月行ったばっかりだから反応しちゃった。

庭園内もそろそろ春支度が始まってるようで、お花も増えて来て楽しいです。c0105785_928385.jpgc0105785_9281512.jpg
大正記念館横ではまだ梅も満開でしたけどね。今年は気候がハチャメチャだったから梅と桜が一緒に楽しめてしまってます。
c0105785_929281.jpg
外国人の方がキレイなチェリーブロッサムですねーなんて言ってて、近くのおばちゃんが、いやいやこれはプラムだよと訂正してたりしました。この分だと、間違えて自分の国帰っちゃう人も出てきそう…。

花だけでなく、動物もかわいかったです。動物っていっても、ほとんどカモとカメとコイですけど。c0105785_9353485.jpgc0105785_9354673.jpg
他人(他カメ?)を踏み台にして高みを目指すカメ。案外野心的な生き物だったのね…。関係ないけど、爪の鋭さにも衝撃です。
c0105785_937188.jpg
そんなこんなでぐるりと1周。入口に戻って来ました。
c0105785_9404678.jpg
かなり好きなタイプの庭園だったし、春も感じることが出来てわたくし大満足でございます。広さも手頃でした。
c0105785_9453367.jpg
カメさんだって恋の季節?キスまであと少しだ!



[PR]
by mdegu | 2008-03-22 18:29 | 庭園