日々のお散歩の記録です。 毎日ちくちく更新中。     コメント大歓迎です。


by mdegu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:小平市 ( 3 ) タグの人気記事

c0105785_921452.jpg玉川上水駅から鷹の台までに続き、鷹の橋を折り返し地点として、今度は反対の北側を歩いて玉川上水駅まで戻ることにしました。
この辺りは「こだいらグリーンロード」と呼ばれていて、狭山・境緑道から野火止用水、玉川上水、小金井公園を結んで小平市をぐるりと一周することの出来る遊歩道の一部となっています。
c0105785_933537.jpg
新緑の道を再びお散歩開始。
c0105785_9315358.jpg
左手に流れる玉川上水。
c0105785_9474697.jpg
右手には新堀用水が流れています。
c0105785_9481626.jpg
玉川上水から鷹の台の間は、川沿いに学校も多いです。小・中・高校は勿論、一般大学から美大まで各種取り揃ってます。写真は朝鮮大学校
c0105785_9563059.jpg
学校が沢山あるってことは、環境がいいってことですよね。実際この辺りは北側に畑も広がってたりして、のんびりした雰囲気が魅力です。
c0105785_9581392.jpg
向こうに見える頭の丸い建物のある辺りは小平中央公園。
※武蔵野美術大学でした。申し訳ないです!

またグリーンロード沿いには、「オープンガーデン」と呼ばれる試みも行われています。個人の庭を一定期間一般の人に公開するというもので、今回のルート上にも1件お庭の公開を行っている場所があったので、少しお邪魔してきました。小川橋近くにある森田邸です。カワイイ入口ですね~。
c0105785_1034482.jpg
お庭の開放期間は3月から11月まで。私たちが訪れた5月中旬は、奥の畑でカモミールが満開でした。花もキレイだったけど、香りがすごい!癒されます…。
c0105785_10114452.jpg
カモミールの開花期間は4月末から6月初旬くらいまで。お花摘みもできるみたでした。まさに、これからのお散歩にピッタリです。入口側の藤棚と木の小屋がある所が休憩所。
c0105785_10191148.jpg
こちらでは1杯100円でカモミールティーを飲むことも出来ます。
c0105785_10215251.jpg
私たちは時間がなかったので、ティータイムは断念。たまたまお茶してた方にお願いして、図々しく写真だけ撮らせて頂きました。優しい方だったわ~。
c0105785_10242328.jpg
その代わり、お花部分を集めた生カモミールを1パックずつお土産に買ってお庭を後にしました。

小川橋を渡って薬用植物園へ。ケシを堪能した後は再び遊歩道に戻って、赤レンガの道を通って玉川上水駅方面へ。
c0105785_10342441.jpg
しばらく歩くと、西武線沿いに出ます。玉川上水駅近くの電車が溜まってる所(なんて呼ぶんでしょう…)横を通過。
c0105785_10392226.jpg
行きに通った浄水施設を通過すると、玉川上水駅到着です。
c0105785_1041696.jpg
沢山歩いて結構疲れましたが、楽しかったです。
c0105785_10423411.jpg
グリーンロードの他の区間にも興味出てきました。



[PR]
by mdegu | 2008-04-25 10:44 | 緑道
これまた昨年のGW明けに、両親と再び玉川上水を歩きました。今回のコースは拝島から玉川上水駅間に続く西武拝島線沿線の残り部分、玉川上水駅から鷹の台までの約4kmの道のりです。

玉川上水駅南口に集合して、清願院橋から散策スタート。c0105785_8264342.jpgc0105785_8265060.jpg
橋のたもとにはニセアカシアの白い花が咲いていました。
c0105785_952367.jpg
爽やかな朝日を浴びて、玉川上水もキラキラしてます。
c0105785_8301235.jpg
緑道はこんな感じ。
c0105785_8324550.jpg
割と道幅もあって、歩きやすいです。

駅近くにある小平監視所では、水路の管理、水の監視、ゴミ等の除去が行われています。上流から流れてくるでゴミをココで取って、
c0105785_845378.jpg
下流に流しています。
c0105785_846835.jpg
そんなわけで、この辺りはまだまだ水がキレイ。

ここから少し進んだ所に上水沿いに降りる階段があります。
c0105785_848128.jpg
緑道は上の道でまっすぐ続いているんですが、階段下にも降りてみました。
c0105785_849436.jpg
すぐ近くを鉄道が走っているとは思えないこの光景。
c0105785_8503899.jpg
こちらは人工の川ですが、等々力渓谷と近いものを感じます。

階段を下りてまず目に入るのが、こちらの水オブジェ(?)。甦る水100選に選ばれた記念碑だそうです。
c0105785_8553926.jpg
水道局の方々の努力で甦った玉川上水では、カモも水が飲めるし、鯉だって泳いでるんです。c0105785_933351.jpgc0105785_934170.jpg
そして再び下流へと続く玉川上水。
c0105785_945512.jpg
人々の努力と下水事業の進歩に感謝ですね。

下には遊歩道はないので、再び階段を上って緑道を歩きます。
c0105785_97482.jpg
上水と新緑の美しい景色は勿論ですが、緑道散歩は鳥や魚などの生き物に出会うのも楽しみの1つです。西中島橋では、歩いて散歩中の鳩と遭遇。この後手すりに乗って、流れを眺めてました。
c0105785_9125119.jpg
立川通りと交差する小川橋近辺で出会った、ガンたれ猫。
c0105785_9155286.jpg
東小川橋の手すりを一生懸命移動中のちっこい虫。
c0105785_919586.jpg
癒しだなぁ。いきもの万歳。

地域センター近辺は緑が更に豊富。こんだけあると、空気良さそうですよね。
c0105785_9233913.jpg
往来がそんなにあるわけでもないので、絵を描いている人もいました。
c0105785_925769.jpg
また、玉川上水を挟んで創価学園の小・中・高校があります。両方の敷地を結ぶ栄光橋通過。c0105785_9334571.jpgc0105785_9335424.jpg
水車橋と新小川橋の間では鯉の大群発見。
c0105785_937192.jpg
そんなこんなでつらつら歩いてきた私たちもこの日のゴールである鷹の橋に到着。鷹の橋のたもとには、エゴノキの白い花がさいてました。
c0105785_9533491.jpg
すぐ近くには西武国分寺線鷹の台駅が見えます。
c0105785_9463185.jpg
線路の下をくぐって玉川上水は更に東へと続きますが、ここから先は次回へと持ち越すことにして、この日の目的地の薬用植物園へ向かうことにしました。
c0105785_9483517.jpg
新緑の季節は散歩に最適です。
c0105785_955471.jpg
植物も動物も、一番活動的な時期なんでしょうね。
[PR]
by mdegu | 2008-04-24 10:00 | 緑道

東京都薬用植物園

c0105785_238186.jpgケシの花が咲き始めているということで、西武新宿線東大和駅そばの東京都薬用植物園に両親と行って来ました。
正門入ってすぐの所にある温室から見学スタート。
c0105785_2385127.jpg
薬用植物園だけあって、栽培されている植物の注意書きには全て効用が書かれています。うーんさすが。

c0105785_239621.jpg入口付近には早速トウシキミが。あの有名なタミフルの原料です。西洋薬ってなんとなく化学物質なイメージでしたが、漢方と一緒で植物から作っているんですね。ちょっと不思議な気分です。
ブーゲンビリアの花のトンネルが今とてもきれいです。
c0105785_2395447.jpg
バナナやパパイヤの実もなってました。
温室はお花もいいですが、やっぱり実ですよね~。c0105785_2310661.jpgc0105785_23101132.jpg

c0105785_23103351.jpg外に出て、漢方薬原料植物区へ。
結構おなじみの名前の植物なんかも多くありました。
でもこれ、知らないと雑草と区別つきませんね。生えてないのかな~と思ったらすごくちっちゃかったりして。
有用樹木区、民間薬原料植物区を回ります。
知ってるのも結構あって結構楽しい。
桑の実とアザミです。c0105785_23111697.jpgc0105785_23112759.jpg
桑の実は熟してるのがこれだけでした。小さい頃、近所のおうちが桑畑持ってて、よく食べにいったなぁ。懐かしい…。
ちなみにアザミは肝臓に効きます。

そして本日の目的地、ケシ・アサ栽培区へ。
c0105785_23114080.jpg
こちらの植物園の目玉はなんといってもケシ!
東京ではここでしか見られないんですよ~。なんたって麻薬の原料、一般人が育てちゃいけない植物ですからね~。

普段は二重のオリの中ですが、花の咲くこの時期だけ一重の外から見られます。今日のケシの様子はこちら。
c0105785_23123420.jpg
白いのがいっぱいと、紫のが少しありました。
花が終わって、実になっているものも。c0105785_23124436.jpgc0105785_23125219.jpg
今週末が満開予想だったので、テレビの取材らしき人たちや、写真を撮る人たちも沢山いました。

オリの外には育てていいケシがあります。
c0105785_231336.jpg
オレンジ色のとか、道端でもよく見られますよね。

ハーブの類もあります。
正門付近にあるカモミールと、染料香料植物区にあるラベンダーです。c0105785_23131984.jpgc0105785_23133170.jpg
特にカモミールは花盛りで、すごくいい香りがしますよ。

c0105785_23142067.jpg水生植物区では、イチハツが咲いていましたが、ハスはまだの模様。左側の木は枝垂桂です。ハスが咲くといい感じだろうなぁ、ここ。
木に咲く花もキレイです。
御苑にもあったなんじゃもんじゃの花と、ベニバナトチノキの花が盛りでした。c0105785_23144815.jpgc0105785_23145513.jpg
園内には林地もあるせいか、敷地も広くて楽しかったです。
c0105785_2317636.jpg
温室にあるというヒマラヤの青いケシを見たかったのですが、見つからず断念。
でも、ケシの時期に行くことが出来て良かったです。
c0105785_23201322.jpg
HPでは、開花状況もチェック出来ます。今年のケシ・アサ栽培区の一部開放は5月25日までですが、今が見頃のようですよ。



[PR]
by mdegu | 2007-05-11 23:15 | 植物園