日々のお散歩の記録です。 毎日ちくちく更新中。     コメント大歓迎です。


by mdegu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:大田区 ( 12 ) タグの人気記事

東海七福神 sanpo

今年の七福神めぐりは、品川にある東海七福神。JR品川駅から京浜急行線に乗り換えて、大森海岸駅で下車。弁財天の磐井神社からスタートです。
c0105785_11512584.jpg
鳥居前の歩道には、霊水「磐井の井戸」。元々は境内地にあったそうですが、国道拡張の際に境内地が狭められて、取り残される形になったそうな。なんだか訳の分からない場所にあるのはそのせいです。
c0105785_12134782.jpg
東海道を往来する旅人の喉を潤した有難い井戸ですが、これがちょっといわくつき。心正しい人が飲むと清水に、邪な人が飲むと塩水になるんだそうです。ちょっと試してみたいけど、がっちり蓋もしてあるし、さすがに今は飲めないみたい。

境内に入って御朱印を頂き、本殿にお参り。
c0105785_12224733.jpg
今日は七福神めぐりなので、続けて左手にある弁財天にも足を向けます。c0105785_122438.jpgc0105785_12241369.jpg
こちらでもお参りを済ませてから、さくさくと次へ向かいます。

箱根駅伝往路の日だったので、ちょっと前まで交通規制がされていた国道。解除後ですが、さすがに車は少ないです。
c0105785_12292872.jpg
品川水族館を通り過ぎ、鈴が森刑場跡の横からは東海道を進みます。c0105785_1234125.jpgc0105785_12341148.jpg
水族館でも七福神めぐりやってるみたいでした。
c0105785_1236543.jpg
こっちのスタンプラリーも楽しそう。

ほどなく次の目的地、福禄寿の天祖諏訪神社に到着。道すがら顔をひどく怪我している猫に会ったので、こちらでは猫の快癒を祈願。こちらの御利益は俸禄増加とかなんですが、福禄寿は長寿の神様だから聞いてくれるといいなあ。
c0105785_12414885.jpg
思いがけず行列していた本殿でお参りを済ませてから、こちらも左手にあった福禄寿にもお参り。木製の福禄寿の頭を撫でて御利益を頂きます。おばちゃんもくりくり頭を撫でくってました。
c0105785_12542636.jpg
私は御朱印帳に七福神の御朱印を頂きつつのお参りですが、御神体を授与して頂きながらのお参りって方法もあります。東海七福神は、宝船にこのちっこい神様を乗っけていくパターン。これも可愛くていいですね。
c0105785_12583197.jpg
勿論ベーシックに、色紙に御朱印を頂いていくパターンもあります。

東海道に戻って、京浜急行に沿うような形で先へ進みます。立会川、鮫洲を通過。無免許の私には縁がありませんが、運転免許試験場も近いようです。
c0105785_1344591.jpg
更に進んで、青物横丁駅そばの品川寺に到着。
c0105785_137664.jpg
こちらも有名なお寺なので、お参りするのに並びました。
c0105785_13115676.jpg
毘沙門天を祀っている他に「金生(かのう)七福神」という1箇所七福神もあって、鐘楼を取り巻くように7体の小型七福神が祀られています。
c0105785_13163589.jpg
お正月なので、みんなの前に鏡餅とみかんがお供えしてありました。

再び東海道を進みます。この辺さー、前1人で歩いた時に猫がわんさかいた広場があったんだーとかHさんと話してたら、本日も見事に大漁です。6匹もいました。手前の茶色いコだけは首輪してたので、飼い猫と思われます。
c0105785_13333172.jpg
そんなこんなで目黒川到着。真っ赤な鎮守橋を渡って、新馬場駅そば、恵比寿様の荏原神社へ向かいます。ここもそこそこ混んでました。c0105785_1339269.jpgc0105785_13391615.jpg
荏原神社は今年9月9日に創建1300年を迎えるそうです。Hさんと同じ誕生日なので、急に親近感湧いて来ました。

ここを過ぎるとビルが増えてごみごみしてきます。通りの向こうにはテレビ東京も見えてました。
c0105785_13443722.jpg
北品川駅近辺には残る3箇所の七福神があります。まずは寿老人の一心寺から。こじんまりとちっちゃいお寺さんです。
c0105785_13473417.jpg
続いて更に小さい、すぐ近くにある布袋尊の養願寺。
c0105785_134856100.jpg
御本尊は虚空蔵菩薩で丑年の守り本尊なので、こちらにもお参りします。

いよいよラストは、大黒点の品川神社
c0105785_13552219.jpg
長くて急な階段を上って境内へ進みます。c0105785_13564599.jpgc0105785_13572398.jpg
ここが一番大きな神社になるので、一番混んでて、すっごい行列が出来てました。うわーこれどうしようと思ってたら、実はお参りの列じゃなくて、餅つきに並んでる人たちで一安心。
c0105785_140233.jpg
本殿前は空いていたので、すぐにお参り出来ました。
c0105785_13585329.jpg
御朱印を頂いて、今年の七福神めぐりも無事終了。帰る前に、階段中腹に入口のある富士塚に上ってから品川駅へと向かいました。
c0105785_144228.jpg
距離もそんなになかったし、割と一本道だったので巡りやすかったです。七福神めぐると、多少正月って気もしてきました。
c0105785_1454918.jpg
そんなわけで、今年もよろしくお願いします。
[PR]
by mdegu | 2009-01-02 18:36 | 神社仏閣
多摩川台公園を出た私たちは、多摩川に沿って二子玉川駅へ向かいます。その途中、おまつり開催中の多摩川浅間神社にも寄って来ました。神社は公園のすぐ隣、多摩川駅から分かれている東急の目黒線と多摩川線の間にあります。
c0105785_8375860.jpg
下調べをして来なかったんですが、この週末は例大祭が行われる日だったようで、屋台もちょっと出てました。こちらの神社は、源頼朝の妻・政子ゆかりの神社で、祭礼が6月に行われるのもそのつながりだそうです。
c0105785_11343778.jpg
こっちから上るとなだらかな坂道だったんですが、私たちは階段を上って境内へ向かいました。c0105785_11382046.jpgc0105785_113829100.jpg
公園の並びにあるので、ここも当然丘陵地帯。境内は思ったより高い場所にあります。更に上って、やっとこさ境内に到着。
c0105785_11415973.jpg
この時点でまだ11時前だったので、お祭りといっても準備の様子が見られるばかり。
c0105785_11442782.jpg
普段は静かな神社もお祭りの時は少し浮かれた感じになるので、雰囲気だけでも好きですけどね。

いつものように御朱印を頼んでから、待つ間にお参りを済ませます。御祭神は美貌で有名な木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)。木花=桜なので、神紋や絵馬のデザインは桜になっています。
c0105785_11583966.jpg
よく見かけるっちゃー見かけるんですが、花つながりで、お守りもお花モチーフ。
c0105785_1212837.jpg
特に縁結びとかって訳じゃないんですが、女性1人の参拝客もちらほら。御祭神が美人だからかな?私も写真撮って下さいって頼まれたりしました。

御朱印を頂いたのでぼちぼち帰ることに。でもその前に、中腹にある見晴らし台みたいな所にも寄ってみました。
c0105785_1291663.jpg
高い場所にあるだけあって、なかなかの見晴らし。右手方面は、空気の澄んだ晴天の日に富士山ものぞめそうです。多摩川の上を走る電車は、東急目黒線。
c0105785_12123569.jpg
左手には、青くてかわいい丸子橋。
c0105785_12145713.jpg
帰る時に分かったんですが、この急勾配の参道は富士塚だったようです。
c0105785_12173546.jpg
道理で険しいと思った…。
[PR]
by mdegu | 2008-11-07 08:35 | 神社仏閣

多摩川台公園

宝来公園を過ぎると、多摩川台公園はすぐそこ。多摩川に沿って伸びる丘陵地をベースに造られた、全長750mの細長い公園です。
c0105785_9525340.jpg
道なりに進むと、入ってすぐの所に古墳がどーん。
c0105785_1063240.jpg
古墳の名前は「宝来山古墳」。すぐそばの宝来公園がいい名前だと思ってましたが、ここが由来なんでしょうね。小ぶりですが、ほのかに盛り上がっているので確かに古墳なようです。保護されているので立ち入り禁止の駒札が立ってます。c0105785_1012465.jpgc0105785_10125683.jpg
あっ、コラコラ。気持は分かるが。

古墳の周りを進んで、自由広場へ。
c0105785_10352270.jpg
ちょこちょこ動物型の乗って遊ぶ置物(こういうのって、名前なんていうの?)と遊具がありますが、その名の通りの自由な(なんもない)広場です。
c0105785_1038825.jpg
いつものようにHさんが地図を確認している間、カバとかアリ見たりしてフラフラする私。c0105785_10401937.jpgc0105785_10402943.jpg
広場が広いのでそんなに大きく見えないけど、巨木がいっぱい。
c0105785_10451462.jpg
行きたい場所言いっぱなしであっち見たりこっち見たりの私に、(あまり)文句も言わずに黙々と地図確認してくれるHさんに感謝でございます。

8号古墳の横を通って、赤い橋を渡ります。橋の下は車道になってて、サイドが石垣っぽいのがいい感じ。橋の名前は「虹の橋」なんですが、どー見ても赤い橋にしか見えません。心がキレイだとちゃんと七色に見えるんでしょーか。c0105785_10543447.jpgc0105785_10544440.jpg
そんな虹の橋を渡って7号から1号まで、数を遡りながら古墳の横をどんどん進みます。これ、左っかわが全部古墳。
c0105785_1175999.jpg
古墳群を抜けると、見晴らし台に出ます。
c0105785_1134928.jpg
見晴らし台からは多摩川が一望。空気の澄み具合で富士山も見えそう。その見晴らし台の真後ろに、公園内で一番大きい亀甲山古墳があります。
c0105785_1113559.jpg
もっさりしてて、近くだと看板なしでは何が何やら全然わかんないですが、前方後円墳です。
c0105785_11152198.jpg
古墳の形としては、おそらく一番メジャーな形なんじゃないかと。

見晴らし台と古墳の間を抜けて更に南東へ進みます。
c0105785_9145045.jpg
その先で、左手にある階段をのぼると水生植物園です。c0105785_9173549.jpgc0105785_9174512.jpg
水生植物園なので花菖蒲が咲いてましたが。オンシーズンなはずなんだけど、まばらな感じ。
c0105785_9234230.jpg
特にお花に力を入れてる感じもなかったから、まあこんなもんでしょうかね。他にはスイレンやアサザなんかもあったので、個人的にはマルをあげたいです。c0105785_9374817.jpgc0105785_937578.jpg
ご近所にお住いと思われる方がのんびり散歩してたりして、混雑もなくていい場所です。
c0105785_9402030.jpg
タモ持った子とかいたから、何か取れるのかもしれません。

敷地続きで、四季の野草園なんてのもあります。
c0105785_9451325.jpg
水生植物園とここは調布浄水場の跡地に造成したものだそうで、さっきは和風でしたが、こっちは洋風な印象の庭園になっています。
c0105785_9471428.jpg
園内はこの時期、ピンク色の花が盛りでした。これほわほわして可愛い。
c0105785_9544571.jpg
同じピンクでも色々あるもんです。
c0105785_9573335.jpg
並びにはあじさい園があるので、階段を降りるともう紫陽花がいっぱい。実は今回こちらに寄ったのは紫陽花が目的だったりします。
c0105785_1013321.jpg
まだ咲きはじめなんですが、いいですね、紫陽花の小径。
c0105785_1081699.jpg
紫陽花は葉っぱも多いので、Hさんも緑のポロシャツが保護色になってます。

あじさい園に到着。
c0105785_10114244.jpg
公園のウリだけあって、株数多いです。
c0105785_10182596.jpg
種類も色々あるみたい。これはガクアジサイ。
c0105785_1023957.jpg
白い紫陽花。花付きがものすごくいいですね。
c0105785_10243848.jpg
最近よく見かけるようになったけど、花びらの外側がフリルみたいになった紫陽花ってなんて種類なんでしょ?奥は、よくある青い紫陽花。
c0105785_1038442.jpg
見頃にはまだ少し早い感じでしたが、絵を描いてる方もいらっしゃいました。作品はもう完成に近そうです。しかも激ウマ。
c0105785_10415719.jpg
私もお外でスケッチとかしてみたいんですが、下手な人見ないのでちょっと二の足踏んでます。別に下手でも、好きに描けばいいんでしょうけどね~。

延々歩いて来た公園も、ここでやっとこさ終了。階段をおりて、公園を後にします。階段沿いにも紫陽花植わってましたが、こっちはまだ咲いてませんでした。
c0105785_10475646.jpg
よく見たら、こっちの入口のデザインも紫陽花。
c0105785_10492015.jpg
あじさい園も、最盛期はもっと明るくなりそうです。
c0105785_10511067.jpg
絵のうまいおじいちゃん、紫陽花の精みたい。



[PR]
by mdegu | 2008-11-06 09:32 | 公園

宝来公園

宝来公園は、田園調布の銀杏並木の南西の端に位置する閑静な公園です。
c0105785_857858.jpg
武蔵野の旧景を保存して永く後世に残すために自然林を利用して造られたものだそうで、住宅街の中とは思えないほど緑が豊富です。
c0105785_903316.jpg
階段の先には東屋もあったし、梅林横にも多数のベンチがあったので、わりと人が来るようです。c0105785_9105619.jpgc0105785_91171.jpg
自然林部分は歩きやすいように整備されていました。起伏もあるので、軽いトレッキング感覚でお散歩出来ます。
c0105785_9133795.jpg
また、隅っこにはひっそりと噴水もありました。
c0105785_914275.jpg
お水はそんなにキレイじゃなかったけど、中に生き物を発見。
c0105785_9162822.jpg
おたまじゃくしが沢山…。カエルが住んでるのね~。

自然林ゾーンを越えると、遊具のある広場に出ます。藤棚も大きかったんですが、まさに花が終わった後って感じ。
c0105785_924452.jpg
藤棚をはさんで、反対側には細長い池。
c0105785_8432649.jpg
池の周りにも道がついているので、くるっと回ってみました。
c0105785_845536.jpg
この道を進んでいくと、中腹あたりに休憩所というか池を見渡す場所が。よくある風景です。普通子連れのおかーさんたちや、年配のご夫婦なんかがいるような場所です。しかしここは田園調布。ギャラリーが違います。
c0105785_932513.jpg
外国人の女の子って、フツーの服着ててもおしゃれに見えるのはなんででしょう。やっぱりスタイルの差でしょーか。最近では日本の女の子もスラッとした子が増えてきましたが、やっぱ「洋」服なんですねえ。

そこはかとなく外人コンプレックスを感じつつ、池の周囲をお散歩する昭和生まれの私。緑がささくれた心を癒してくれます。
c0105785_9373189.jpg
また、緑だけではなく、動物たちも和みポイントの一つです。中央の島で毛づくろいするカモ。
c0105785_940955.jpg
不安定な草に淡々としがみつくカメ。
c0105785_9411255.jpg
至福の表情でお昼寝するアヒル。
c0105785_9421814.jpg
小さい子供が盛んに「アフラック」と叫んでいましたが、これは「アフラック」という動物ではありません。こんな街の公園にも資本主義の影が。そして林にあったのは、お馴染みの犬の飼い主へ向けた看板の横のこんな看板。厳しい調子でエアーガン使用禁止を唱えています。
c0105785_946124.jpg
エアーガン…直訳すると空気銃。直訳したところでそういうのに疎い私にはピンときませんが、そんな恐ろしい武器がこんなのどかな公園で使用されているとは。ここにも銃社会の以下同文。
c0105785_9491359.jpg
良い子の私は、目的以外の公園使用は控えたいと思います。



[PR]
by mdegu | 2008-11-05 11:09 | 公園
田園調布駅から多摩川台公園までは、その街並みが新東京百景に選ばれています。田園調布って、大正7年(1918)に渋沢栄一氏が、欧米の田園都市に倣って開発した場所なんですってね。道理で駅舎が欧米風。
c0105785_11454312.jpg
駅舎に背を向けると、放射状にのびる銀杏並木の道路がまた欧米風。
c0105785_11493273.jpg
良く考えたら1918年て、主に関西地方で米騒動があった年ですよね。時代って繰り返すんだなぁ。今は米じゃなくて物価全般だけどさ。

その銀杏並木を少し散策してからまた駅に戻って、南西の方向にある多摩川台公園を目指すことにしました。
c0105785_840256.jpg
東京の高級住宅街の代名詞とも言える田園調布なんですが、中にはこんな看板もちらほら。大きな敷地の大邸宅なので、色んな事想像しちゃいます。なんだか物悲しいっすね…。
c0105785_8411989.jpg
並木が終わったあたりに宝来公園。通り道にあるので、ちょっと中を散策しました。緑の多い、のんびりした公園です。
c0105785_8431939.jpg
公園を出て、更に南東へ。結構上り坂きついです。
c0105785_846247.jpg
そして、坂の先にあるのが、目指す多摩川台公園です。
c0105785_847241.jpg
田園調布は坂も多いけど、個々の敷地が広いせいか、とても緑が豊富。あと外国人の方も多数お住いのようで沢山見かけました。全部西洋人でしたけど。
c0105785_8492560.jpg
日本人も住めない場所に金持ちの外国人かぁ。外国行けば逆も多いんだろうけど、不思議な感じ。
c0105785_8521453.jpg
先週末は神戸で異人館めぐりもしたけど、豪華だったもんね。昔からそんなもんなのかな。
[PR]
by mdegu | 2008-11-04 11:28 | 街道
土曜日晴れたの何週間ぶりでしょうかね。せっかくの晴れ間、早めにお洗濯を終えてから久々に電車に乗ってお出かけして来ました。本日のコースは田園調布から二子玉川。東急を乗り継いで田園調布へ向かいました。
c0105785_15474224.jpg
昨年のリレーウォークで1度訪れた時のかわいい駅舎は今年も健在。ここをくぐると、西側には放射状のいちょう並木が広がっています。

まずはせたがや百景のいちょう並木からスタートなんですが、駅舎のあるこの場所はまだ大田区。実は田園調布自体、大田区だったりします。じゃあなんでせたがや百景に入っているのかというと、並木のはじっこの一部分が世田谷区の区境になっている為なんですね~。
c0105785_15553524.jpg
そんなわけで、選ばれているのは駅舎を出て右手の、手前にウェンディーズのあったここの通りの並木だと思われます。手前は大田区ですが、向こう半分くらいは世田谷区になっているからです。途中にある、並木から見た大田区との境の道。左側が世田谷区です。
c0105785_15593416.jpg
この辺一帯はどちらも田園調布なんですが、世田谷区の方の住所表示は「玉川田園調布」。どっちにしろ一軒一軒の敷地の広い、超高級住宅街に変わりはないんですけどね。

並木の奥、世田谷区側から見たいちょう並木。
c0105785_164777.jpg
心なしか、北東列の方が南西列の方よりも元気がいい気がします。この銀杏の木、下草がやけに生えてるなーと思ってたら、
c0105785_1671071.jpg
なんとわらわら生えてきてた、銀杏の枝でした。
c0105785_1681293.jpg
生命力の強さにちょっと感動。
c0105785_1691648.jpg
このアグレッシブさ、見習いたいです。
[PR]
by mdegu | 2008-06-07 16:11 | 街道
c0105785_931572.jpg羽田空港探検中、第1ターミナル6階のギャラクシーホールにておもちゃ博物館展が開催中だったので、観て来ました。『開運!なんでも鑑定団』でおなじみの北原先生のコレクション展です。入場無料でした。
正面には早速仮面ライダーの姿が。よくわかんないけど、これ1号?
c0105785_9231080.jpg
中ではクイズも開催中でした。内容は、ポスターのデザインにもなっている緑色の小さなブリキのロボットのある場所を探すというもの。場所は全部で3箇所。
キューピーちゃんの所で1体目発見。
c0105785_9234579.jpg
2体目は飛行機のおもちゃの間。
c0105785_924223.jpg
最後は動くおもちゃの所にありました。
c0105785_9241975.jpg
ちょっと大き目のロボットも発見。
c0105785_9243296.jpg
展示数も結構多くて、コレ全部集めるの、相当時間(とお金)かかっただろうなぁ~っていうのがひしひしと伝わってきます。
会場内には動くおもちゃコーナーや、売店もありました。c0105785_9205685.jpgc0105785_921868.jpg
会場内の休憩所は滑走路に面していて、飛行場の様子が見学出来るようになってました。おもちゃそっちのけで、かじりついてる子供もいたなぁ。
c0105785_926093.jpg
展示の中にはゲームウォッチやファミコンなんかもあったりして、小学生の頃を思い出しましたねー。ゲームウォッチ、アラレちゃんのを1個だけ買ってもらったっけなぁ…。今のゲーム画像の美しさとか考えると、技術って進歩するもんなんだなーってしみじみ思うのでした。
c0105785_9343030.jpg
年って毎年1つずつ増えていくものなのね…(遠い目)。
[PR]
by mdegu | 2007-10-03 09:35 | 施設

36. 羽田空港

Hさんが好きじゃないので、旅行で飛行機を利用することってそんなにない我が家ですが、夏の島根旅行で久々に利用してきました。
c0105785_9255518.jpg
羽田空港って、キレイになりましたよね。お店も沢山あるし、空港限定品を扱ってる所も少なくないようなので、飛行機に乗らなくても楽しめます。駅弁に対抗しての空弁もすっかり定着しましたね。
c0105785_9304296.jpg
館内は吹き抜け構造になっていて、遠くまでぶわーっと見渡せて気分いいです。
c0105785_9325025.jpg
この日はあいにくの雨だったんですが、少し小降りになった隙に第2の展望デッキで飛行機も見てきました。中も外も、思ったより人がいます。c0105785_9353484.jpgc0105785_9354838.jpg
館内にもピカチュウのお面をかぶった子供がちらほらいたんですが、これの関係でしょうかね?
c0105785_9373186.jpg
展望デッキは両方のターミナルにあるので、JALとかの飛ぶ第1の方のデッキも見て来ました。こっちはちょっと人も少なめ。
c0105785_955215.jpg
でも、こちらでは着陸の様子を見る事が出来ました。手前にちらっと見えているのが、JALのたまごっちジェット。たまごっちか…。そーいえば、去年あたり電車ででっかいたまごっちを持った子供たちを見かけたなぁ。社会現象となった売り出し当時は白たまごっちがオークションで5万円とか報道されてましたよね。私たち世代から見るとちょっと古い気がしますが、子供的にはどーなんでしょう?
c0105785_1001582.jpg
敵は今でも現役で大人気のポケモンなので、手強そうです。
飛び立つスカイマークの飛行機。
c0105785_1091746.jpg
ターミナルはとても広い上に常に混雑しているので、待ち合わせポイントなんかもあります。第1の待ち合わせポイントは、太陽の塔と月の塔。c0105785_10124935.jpgc0105785_1013175.jpg
レストランのお子様ランチも器が空港バージョン。
c0105785_1015921.jpg
大人向けにも凝った器でってないのかなぁ。
[PR]
by mdegu | 2007-10-02 10:16 | 施設

羽田エクセルホテル東急

c0105785_20323299.jpg明日の飛行機が早い便なので、羽田エクセルホテル東急にてステイしております。羽田空港第二ターミナル内にあるので、お部屋から飛行機飛んでるのがみえたりします。
お部屋はこちら。
c0105785_20354971.jpg
ちょっと光っちゃってますが、窓から飛行機の尾翼が見えてますね。

窓からは滑走路と海が楽しめます。
c0105785_20402458.jpg
お天気が悪かったので、スッキリした空の下ってわけにはいかなかったのが残念。それでも奥の方にはディズニーランドも見えました。

お食事はホテル内レストラン、フライヤーズテーブルにて。c0105785_20443568.jpgc0105785_20445011.jpg
お部屋からの夜景もなかなかです。
c0105785_20483098.jpg
夜もひっきりなしに離発着している様子にちょっとびっくり。
c0105785_20521665.jpg
みなさん結構、飛行機利用してるんですね~。



[PR]
by mdegu | 2007-07-30 21:57 | ホテル

35. 本門寺五重塔

昨日訪れた池上本門寺の五重塔は、国の重要文化財にも指定されています。
c0105785_94545.jpg
慶長12年(1607)、2代将軍徳川秀忠の乳母・正心院日幸尼の発願により建立された、関東最古の五重塔です。初めは大堂の前にあったそうですが、修復を経て現在の場所に移築されました。

周りには桜の木が多く、墓地の入り口という寂しい場所にある五重塔ですが、春には華やかに彩られるようです。
c0105785_910555.jpg
上の写真にもちらりと見えていますが、豪徳寺の塔と同じで、1階の軒下部分にはぐるりと干支の彫り物がありました。
Hさんの子と、私の卯。彩色がキレイですね。c0105785_9124119.jpgc0105785_9125219.jpg
裏手は墓地なんですが、墓地からの眺め。石塔と五重塔。
c0105785_9262632.jpg
古い建造物の割りに、案外キレイだなぁと思っていたら、平成9年に大掛かりな解体工事が行われていたんですね。本門寺に限らず、最近では改修工事中の神社仏閣によく行き当たります。文化財の保存も大変なんだなぁ。

雨の降り出すちょっと前だったので相当暗い写真になりましたが、本堂から五重塔を望む。
c0105785_9235129.jpg
とにかく、広い敷地のお寺でした。



[PR]
by mdegu | 2007-06-25 09:28 | 文化財