日々のお散歩の記録です。 毎日ちくちく更新中。     コメント大歓迎です。


by mdegu
カレンダー

<   2009年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

本家オランダ館

香りの家オランダ館の次は、またしてもオランダがテーマの本家オランダ館。当時はオランダとの貿易も盛んだったせいか、オランダがらみが多いですな。ここに至る坂の名前も「おらんだ坂」だしさ。
c0105785_21265270.jpg
そして、坂の中腹にあるこちらのお家にお住まいだったエリオンさんもオランダの貿易商だったそうです。1982年まではお姉さんが住んでらしたそうですが、お亡くなりになった現在は公開異人館となっている次第です。
c0105785_2131545.jpg
私が入館した時は、ラッキーなことにタイムサービス中。看板にあるように、普段500円の入館料が300円に値引きされていました。やったね~。

受付でチケットを買ったら、商店街の喫茶店の食券みたいな半券をくれました。「学」って書いてある所を見ると、学割チケットの使い回しなのかも。
c0105785_21415187.jpg
まーでも安いのは嬉しいよねってことで中へ。お庭はオランダらしく、風車とチューリップです。
c0105785_21432090.jpg
入口はこちら。また、オランダの衣装もタダで着ることが出来るので、女性の方は割と皆さん着て撮影されてました。皆さんグループで来てるからってのもありますが、私なんて1人なのに着ちゃったもんね。か、係のおねーさんが上手く乗せるもんで、つい…。c0105785_21474188.jpgc0105785_21475216.jpg
年がいもなくすんませんー!でもオバちゃんも着てたよ!(人のせいにしない!) …それはそうと、アレだね。中国の人はすごいね。なりきり度合が突き抜けてて、ある意味感動を覚えました。

内部ですが、1階部分は休憩所と衣装室で終わり、みたいな感じでした。撮影終了後、着替えて2階へ移動。
c0105785_2155468.jpg
お部屋も少なくて、一番大きい部屋は記念撮影ポイントみたいになってました。この後ろに置かれたでっかい絵がまた立派なんですが、これはロッテムダム市より寄贈を受けたデリフデ号の水彩画です。
c0105785_21562845.jpg
神戸の中心部や大阪湾が眺望出来るという触れ込みのテラス。晴れてると、和歌山や淡路島まで見えるそうです。
c0105785_2215527.jpg
とりあえず、ホテルオークラとポートタワーは確認。
c0105785_22102823.jpg
目の前の木の陰になって、あまりよく見えない気がするんだが…。

1階に降りて、休憩所で一休み。
c0105785_9353773.jpg
こちらで無料のウーロン茶を頂きました。
c0105785_941370.jpg
ちょっと薄暗かったので、飾ってあったステンドグラスのあかりがいい感じ。c0105785_9433067.jpgc0105785_9434186.jpg
この手作り感がなんとも。貼ってあったポスターで知ったんですが、2008年と2009年は「日本オランダ年」なんですね。
c0105785_102640.jpg
私の記憶が正しければ、オランダってやたらと背の高い人の国です。一度行ってみたいなぁ…。ガリバー旅行記体験出来るかも。

休憩後、少しお庭も見学。訪れたのが3月だったので、チューリップ花盛りです。
c0105785_9463586.jpg
入る時気付かなかったけど、教会っぽいのもありました。ここで結婚式とかやったりもするのかな。どーせするなら、チューリップの時期がいいよね。c0105785_9524086.jpgc0105785_9525238.jpg
館内に見どころってのは少なかったけど、みんなで衣装着てお茶休憩も出来て300円ならまあ納得の範囲かなー。500円だとちょっと高い気がする。
c0105785_9543169.jpg
それにしてもこの木靴、年季入ってるねぇ。



[PR]
by mdegu | 2009-05-31 19:47 | 施設

香りの家オランダ館

黄色いパスポート、最後の1館は香りの家オランダ館
c0105785_13541154.jpg
前の2館同様、ハンコをもらって中に入ります。
c0105785_1404232.jpg
こちらの異人館もいわゆるテーマ館なんですが、建物自体は異人館を使用しているのでくくりは「公開異人館」となります。
c0105785_1452089.jpg
当時は、オランダ領事館として使用されていたようです。

内部の様子はこちら。高級感ただようリビング。
c0105785_14143489.jpg
赤じゅうたんが素敵なダイニング。
c0105785_14182144.jpg
素朴な台所。
c0105785_1420039.jpg
全体的に落ち着いた印象を受けます。

普通の異人館に見えるけど、何故「香りの家」なのか。実はこちらでは、オリジナルの香水を作ってもらえるんです。しかもいくつかの質問に答えて、その人に合った香りをオリジナルで調合して頂けるという念の入れよう。ま、有料なんですけどね。1本9mlで税込3255円。20分くらいで出来るし、レシピは3年間保存されるので後日の追加注文もOKだそうです。私は香水付けないので買いませんでしたけどね。
c0105785_20494770.jpg
そして、お土産品や展示物にもオランダの香り。お土産コーナーは、木靴グッズ満載です。
c0105785_20573853.jpg
展示してあったオランダの伝統工芸品「ヒンダローペン」。
c0105785_210424.jpg
風車も外せません。
c0105785_2103777.jpg
こういう置物、置く場所ないのに欲しくなるなぁ…。

続いて2階を見学。サロンとかあります。
c0105785_2163390.jpg
ベッドルームとメイドルーム(!)。日本でも秋葉原に行けばメイドさんには会えますが、こちらは本物の制服。男性用のも置いてあるけど、男性使用人も「メイド」って呼んだのかな。c0105785_21825.jpgc0105785_2181424.jpg
こちらはバスルーム。
c0105785_2110468.jpg
洗面台はロイヤルドルトン製だとか。もったいなくて使えないっ。

下に降りて、お庭も見学。
c0105785_21121951.jpg
裏に回ってもこの程度で、見るほどのお庭はありませんでした。
c0105785_2113015.jpg
そうそう、帰る前にこちらでも記念スタンプ押して来ましたよ~。
c0105785_211706.jpg
外にあった風車、ちっちゃくて可愛かったな。
c0105785_211436100.jpg
やっぱオランダといえば風車だもんね!



[PR]
by mdegu | 2009-05-30 18:53 | 史跡
伊藤園と近所のスーパーのタイアップ懸賞で東をどりの招待券が当たったので、母と行って来ました!
c0105785_12325239.jpg
会場は、歌舞伎なども行われる新橋演舞場
c0105785_12355820.jpg
座席券と引き換え開始時間の2時半に無事到着。伊藤園で当たった人コーナーがあって、そこで座席券を引き換え。なんとお土産付きでした!ブラボータイアップ懸賞。c0105785_12492170.jpgc0105785_12493219.jpg
開場まで1時間あるので、とりあえず目に付いたお向かいの喫茶店で時間をつぶすことに。お昼も食べて無かったので、飲み物と一緒にチーズトーストも1つ頼んで母と半分こして食べたりしました。
c0105785_12524652.jpg
帰ってからの母の電話で知ったんですが、こちらの喫茶店は演出家の宮本亜門さんの御実家なんだそうです。そういえば昔そんな話をテレビで聞いたことがあったな~。

時間になったので、ぼちぼち劇場へ。開場したてなので、すごい人ゴミです。
c0105785_13356.jpg
私たちも行列の最後尾に回り、前の人に続いて中に入りました。中に入るの初めてだからドキドキするなー。
c0105785_1352893.jpg
1階にお土産屋さんがあったので、ちょっと見てからエスカレーターで2階に移動。上にもお土産屋さんがあって、東をどり限定グッズなんかも売ってました。母は職場の同僚に、私はHさんのお母さんにそれぞれお土産を購入。
c0105785_13101369.jpg
舞台に出演すると思われる芸者さんたちもちょろちょろしててビックリ。どなたも、お客さんとの記念撮影に快く応じていらっしゃいました。c0105785_13124756.jpgc0105785_13125837.jpg
今回入らなかったけど、お茶席もありました。
c0105785_13144223.jpg
ちょっと入ってみたかったな。榮太樓のお菓子が出るみたいだけど、どんなお菓子なんだろ?そして、お皿はやっぱり持って帰れるんでしょーか。

時間も迫ってきたので、いよいよ席へ。
c0105785_13242517.jpg
2階席どーかなと思ってたけど、このように座席が段々になってて非常に見やすいです。これは背の低い私たちには何よりの嬉しい配慮。
c0105785_13261067.jpg
席に着いた状態での部隊の様子。うん、見やすい。上だと全体を見渡せるし、下手に1階席とかじゃなくて良かったかも。舞台は撮影禁止なので写真無しですが、京都のをどりとはまた違った雰囲気で良かったです。唄の響きもよかったし、満足でした。
c0105785_13293635.jpg
また、最後の総をどりのラストには、芸者さんたちが手ぬぐいを投げてました。東京でもやるんですね。母と「2階だともらえないねぇ」なんてしゃべってたら、係のお姉さんたちが手渡しでランダムに配ってるじゃないですか!お姉さんと目が合ったので、2人で声を揃えて「ちょーだい!」って言ったら、にっこり笑って下さいました!
c0105785_13363175.jpg
ま、フツーの手ぬぐいなんだけど、嬉しいです。いやー、言ってみるもんだなー。
c0105785_13324258.jpg
あと関係ないけど、1階席に舞妓さん発見。お勉強の為に、こうやって見に来てたりするのね~。感心感心。

5時に終わったので、銀座まで戻って母希望の『煉瓦亭』にて夕食。
c0105785_13401814.jpg
オムライスとグラタンを頼んで、半分こして食べました。c0105785_13405488.jpgc0105785_1341651.jpg
割と薄味で食べやすかったですが、量が多くてお腹パンパン。お昼そんなに食べてなくて良かったよ…。
c0105785_1342429.jpg
京都でをどりづいてて(こっちはちゃんとお金払ってたけど)、いつかは東をどりも…って思ってたのが、こんなに早く実現して嬉しいです。しかも無料でお土産付き。母も一度見たかったようなので、お互いラッキーでした。



[PR]
by mdegu | 2009-05-29 20:49 | 劇場

デンマーク館

ウィーン・オーストリアの家に続いて、同じくテーマ館で敷地内に隣接しているデンマーク館を見学。
c0105785_111841.jpg
パスポートに入館のハンコをついてもらって中に入ります。
c0105785_11204889.jpg
こちらの建物もまるっこくて可愛い感じ。
c0105785_11225811.jpg
北欧の玄関口かー。私の知らない世界だよなー。

このまるっこい建物がどう使われているのかというと、2階建てになっていて、部屋の区切りのない吹き抜け状態。中央部分に少し大きめの船の模型が吊るされており、バイキング人形が飾ってあります。
c0105785_11275030.jpg
内容はバイキングの歴史と生活、童話作家アンデルセンについてが柱なようです。壁沿いに配置された展示物をぐるっと見て回る感じ。アンデルセンについては、映像コーナーもありました。c0105785_11344978.jpgc0105785_1136494.jpg
入口のグッズ販売所にもあったけど、なぜかムーミングッズの展示も。ムーミンはフィンランドなのでは…?

同じ北欧だからいいのかなと思いつつ、2階へ移動。
c0105785_11411256.jpg
2階も同じような展示形態です。
c0105785_11432271.jpg
アンデルセンの仕事場再現コーナー。なかなかいい書斎です。
c0105785_11453323.jpg
バイキングの家の模型があったり、服装展示もあって楽しめました。バイキングはスカンディナヴィア半島全域に暮らしていた人たちのことなので、デンマークだけでなくノルウェーやスウェーデンの人たちも含まれます。
c0105785_1147717.jpg
バイキングと言えば思いだすのが「バイキング料理」ですが、あの形式(いわゆる食べ放題)をバイキングっていうの、日本だけみたいですね。なんでも始まりは帝国ホテルなんだそうです。ビュッフェっていうのが普通みたいです。日本じゃ両方使うけど。
c0105785_11582392.jpg
帝国ホテルがスカンディナヴィアの伝統料理「スモーガスボード」専門レストランを「インペリアル・バイキング」と名付けたことからだそうですよ。現在も営業中みたいなので、一度行ってみたいもんです。

2階見学後、下に降りて記念スタンプをぺたん。
c0105785_125256.jpg
バイキングとアンデルセンにちょっと詳しくなりました。アンデルセンって北欧の人だったんですね。
c0105785_1264798.jpg
国も時代も通り越して、21世紀に日本人の私が読んでも楽しめる物語を書けるとは、なんてすごい作家なんだアンデルセン。今までどこの国の人か知らなくてすみません。反省しつつ、次の目的地へ向かう私。
c0105785_1285665.jpg
ここからもポートタワーが見えましたよ。



[PR]
by mdegu | 2009-05-28 11:47 | 施設
c0105785_13242918.jpg北野の異人館街は、外国人が住んでいた住宅を公開している「公開異人館」と、それぞれの国をテーマとした「テーマ館」の2種類の施設で構成されています。神戸北野美術館に続いて、黄色い割引パスポート片手に、前回は訪れなかったテーマ館をめぐります。
まずはその「テーマ館」の1つであるウィーン・オーストリアの家から。
c0105785_1381172.jpg
入館はこちらから。
c0105785_1330183.jpg
なんか眠そうな受付のおねーさんにハンコをついてもらって中に入ります。
c0105785_1331357.jpg
建物はこの写真のように円筒形の変わった形をしていますが、これはウィーンの博物館風なんだそうです。
c0105785_1019218.jpg
美術館や博物館が多数存在する芸術の都…素敵なんだろうなぁ。

中に入ると、薄暗いお部屋が続きます。手前の胸像は、多分日本で一番有名なオーストリア人であろうモーツァルト。人気も実力も兼ね備えた、世界的にみても偉大な作曲家の1人です。
c0105785_10242990.jpg
館内はモーツァルトとその時代、18世紀ウィーンの生活についての展示がメインでした。布が多い感じの服装です。古いけどおしゃれですねぇ。
c0105785_1029633.jpg
モーツァルトの部屋を再現したスペースもありました。いつの時代のか確認して来なかったけど、案外質素です。もっとぶわーっとしたきらびやかな部屋(どんなやねん)かと思ったので意外でした。
c0105785_10351544.jpg
その隣が、一般市民の部屋かな。家具とか可愛い。色合いがあったかくて落ち着くお部屋です。
c0105785_10395976.jpg
ここで一周して、記念スタンプをパスポートに押して外に出ます。
c0105785_10534653.jpg
こういうスタンプラリー的なもの、好きなんですよね…。

展示はお隣の建物にもあります。
c0105785_111066.jpg
こちらでは、モーツァルト考案と言われているフォルテピアノの複製があり、展示はこれで終了。
c0105785_1124955.jpg
下に降りた所はオープンカフェとなっており、日本ではここでしかお目にかかれない「インペリアル・トルテ」を食べることが出来ます。
c0105785_1155992.jpg
階段横のお店で持ち帰り品も買えますが、いちいち食べてたらキリないので私は次へ移動することに。
c0105785_1181750.jpg
カフェには無料で入れるので、休憩にいかがですか。現地に行けない方は、地方発送もあるようですよ。



[PR]
by mdegu | 2009-05-27 12:23 | 施設

神戸北野美術館

神戸北野美術館は、ラインの館のお向かいにあります。
c0105785_12302938.jpg
こちらの美術館も公開異人館の1つ。震災で傷ついた旧アメリカ領事館の官舎を修復した建物を使用しています。
c0105785_12371257.jpg
壁が白く塗られている為「ホワイトハウス」とも呼ばれ、北野では唯一の木造平屋建てとしても知られています。

こちらから敷地内へ入りました。
c0105785_12403470.jpg
門をくぐるとすぐ左手に焼きたてワッフルのお店。おいしそうだけど、そのままスルーして美術館へ。
c0105785_12422974.jpg
500円で購入して展示を見て来ました。看板にもあるように、こちらの常設展は妖精の絵で知られる永田萌さん(兵庫出身)の作品展です。
c0105785_12441879.jpg
永田さんの作品は目にする機会も多いので知っていましたが、原画の美しさにくらくらしました。カラーインクって発色いいだけじゃないんだなーって、感動。
c0105785_1247618.jpg
印刷されたものでも十分キレイだと思ってたけど、原画は神々しい感じが…。館内ではグッズの他に、目玉が飛び出るくらい高い値段で一部原画も販売されていました。まぁ、納得ですけどね。
c0105785_12483822.jpg
やっぱり本物の持つ力ってのはスゴイなぁ。



[PR]
by mdegu | 2009-05-26 13:13 | 美術館

明治神宮 ~初夏2009編 sanpo

小中学校時代の友人が学会で東京に来るというので、実に20年ぶりに会って来ました。合間の1時間半くらいだったけど、20年ぶりとは思えないくらいフツーに楽しかったです。会った場所が千駄ヶ谷駅のごく近くだったので、帰りは参宮橋まで歩くことにしました。神域に近づくにつれて、緑の数が増えて来ます。
c0105785_10394868.jpg
すごく明るい日だったんだけど木陰がすごくて、日中なのに街灯点いちゃってました。

ほどなく「避難場所」の看板を発見。
c0105785_10451064.jpg
ここからが「明治神宮・代々木公園」エリアのようです。
c0105785_10462319.jpg
正面の鳥居の先に続く道が北参道。
c0105785_104851100.jpg
「北参道」といえば、最近副都心線で駅が出来ましたねぇ。

ここを真っ直ぐ進んでしまうとJRの原宿駅に出てしまうので、私はすぐ右に曲がって小田急の参宮橋駅を目指します。
c0105785_1051145.jpg
なんか森の中を歩いているようで落ち着きます。静かだし、つくづく都会にあるとは思えんな…。c0105785_10541790.jpgc0105785_10542847.jpg
ほどなく北池に到着。
c0105785_1056510.jpg
橋から見た池、北側。ドコモの変な形のビルが見えているので、こっちが新宿だってわかりますね。
c0105785_1115113.jpg
橋から見た池、南側。
c0105785_1101560.jpg
カメとコイがいました。
c0105785_11134742.jpg
上の石に1匹だけいたこのカメですが、ちょうちょにずっとからかわれてました。追い払っても追い払っても顔の周りをチラチラするので、相当イライラがつのってるようです。
c0105785_1116491.jpg
そのうち追っ払うのに失敗して、石から転げ落ちる始末。に、ニブい…。甲羅の薄皮みたいのがはげてたのは、もしかしたらニブさのせいかもしれんな…。頑張れカメ!負けるなカメ!!

微妙に親近感の湧くニブいカメに別れを告げ、宝物館方面へ移動。この日は月曜だったので、休館日でした。
c0105785_11191314.jpg
宝物館横の自販機、変わった形してます。
c0105785_11224981.jpg
宝物館前から北池をのぞむ。広いなー。
c0105785_11213961.jpg
シロツメクサも花盛りで、のんびりしたい気持ちになります。
c0105785_11234352.jpg
ぽつぽつと座ってる人いるのはいいんですが、スーツ姿のおじさんが1人で座ってるのとか、平日なのにどうしたんだろうって気になっちゃったりもしました。

私は別にピクニックに来た訳じゃないので、そのまま西へ進みます。
c0105785_1126460.jpg
そろそろ行先表示に駅の名前も出て来ました。
c0105785_11265894.jpg
この鳥居をくぐるとお散歩終了。
c0105785_11273139.jpg
敷地を出て、参宮橋駅から小田急に乗ってお家に帰りました。
c0105785_11283083.jpg
こんな森を通り抜けに使えるなんて、贅沢だなー。
c0105785_11294450.jpg
今度はもっとゆっくりお散歩しに来たいです。



[PR]
by mdegu | 2009-05-25 19:03 | 神社仏閣

ラインの館 sanpo

土曜日に会社に行くHさんと一緒に快速に乗った私。大阪でHさんと別れて、私はそのまま三宮まで行って来ました。Hさんは夕方までお仕事なので、その間、以前回った異人館の残りを制覇するのが目的です。北野通沿い、英国館向かいのこの階段を登って、まずはラインの館へ。
c0105785_1856851.jpg
階段の上、左手にあるラインの館は、数少ない無料の公開異人館です。
c0105785_1913798.jpg
トイレもあるので、中に入らなくても寄ってく人とかいました。

建物は木造2階建てで、2階から見学します。
c0105785_1013675.jpg
2階部分は主に、北野異人館街の歴史や震災関係の展示スペースになっています。無料なだけに、資料館的な存在みたいですね。
c0105785_106899.jpg
関連書籍なんかも色々あって、座ってゆっくり読むことも出来ます。
c0105785_1094588.jpg
こちらのお部屋は異人館についてと震災関連。展示を見て、つくづく震災のすごさを感じました。あんなすごい規模のは全国でもそうないけど、関西地区は地震少なかったから尚更ですよね。
c0105785_1011253.jpg
展示を見てからテラスに移動。日本家屋で言う所の縁側とかそういう感じなんでしょうか。屋根付いてるから、ここで読書とかしたいなー。日にやけちゃうかな?c0105785_1014737.jpgc0105785_10142179.jpg
テラスからの眺め。写真の中央の、頭だけ見えているぽちっとした塔はポートタワーです。
c0105785_10162794.jpg
一回りしてから1階に移動。右手がグッズ販売コーナー、左手が休憩室となっています。
c0105785_10222359.jpg
休憩室では、押し花体験(有料)開催中でした。
c0105785_10243843.jpg
誘われたけど、まだまだ予定が詰まっているのでお断りして外へ。

最後はお庭見学です。
c0105785_1027282.jpg
建物に沿うように造られていてそんなに広くないけど、奥にはちょっとした広場(?)と水場があります。
c0105785_10313197.jpg
建物はほんわかした色合いで和みました。
c0105785_1034261.jpg
無料だし、街並みの歴史についての展示もあったので、異人館めぐり最初の1館に選ぶといいかもしれません。
c0105785_10354795.jpg
さ、次行ってみよー!



[PR]
by mdegu | 2009-05-24 19:17 | 文化財

引接寺(千本ゑんま堂)

今宮神社拝観後、ぼちぼち歩いて千本通を南下中、通りの向こうに千本ゑんま堂を発見。
c0105785_1751423.jpg
疲れてきてたのでどうしようか迷ったんですが、せっかくなので寄って行くことにしました。

千本ゑんま堂という名前の方が通りがいいですが、正式名称は引接寺(いんじょうじ)と言います。閻魔様がらみなので、当然のように開基は小野篁卿。
c0105785_1815959.jpg
左の建物の上に、早速閻魔様発見です。
c0105785_1835299.jpg
眉毛つながってますな~。

正面に本堂。先祖供養の塔婆流しが出来るそうです。実はこちらのお寺、平安京三大葬送地の1つ「蓮台野」の入口に当たります。
c0105785_1884569.jpg
ちょっとおっかないわねーなんて思いながら本堂の中へ。
c0105785_18141333.jpg
天井には閻魔様の萬倍椀があります。小銭を投げてこの椀の中に入れることが出来ると、御利益が萬倍になるとか。見た感じ入れられそうもなかったので私はやりませんでしたが、腕に覚えのある方はどうぞ。
c0105785_18174969.jpg
ちなみに下にはお賽銭箱があったので、椀に入らなかったらそっちに入るみたい。ま、沢山お賽銭あげても御利益ありそうですよね。

御朱印を書いて頂いてる間、奥の茶室で公開中のひいな飾りを拝見。
c0105785_182318100.jpg
500円でお茶を頂くことも出来ますが、私は飾り拝見のみ。先客が2名いらしたので、御挨拶してから中に入りました。中には御殿飾りの豪華なひな段が。
c0105785_18273089.jpg
灯りの下にはつるし雛も。1つ1つがまた可愛いんですよね~。
c0105785_18284778.jpg
隅っこにあったステンドグラスのライトもお雛様。
c0105785_18305555.jpg
お供えは本物みたいでした。

飾りをじっくり拝見してから再びお堂へ。お堂の横にはほうらく割りのお皿がありました。京都の三大念佛狂言の1つが行われるゑんま堂ならではです。ゑんま堂狂言はGWあたりの5月上旬開催なので、次回は来年ですね。
c0105785_1834962.jpg
また、葬送地の入口らしく、こんなお人形の展示もありました。
c0105785_18364642.jpg
そんな訳でこの辺り、地名まで「閻魔前町」とおっかないんですよね。お寺の前にあるお店の名前も「えんまや」だし。c0105785_1839556.jpgc0105785_1839198.jpg
ちょっと雰囲気が文京区の源覚寺っぽかったです。あそこも確か近くのお店の名前に「えんま」が付いてた気がする。ちょっと疲れちゃったけど、寄って良かったです。
c0105785_1842443.jpg
お参りは、御本尊が拝める毎月16日の閻魔の日がお勧めです。



[PR]
by mdegu | 2009-05-23 19:38 | 神社仏閣

今宮神社

大徳寺を出た後、電車の時間があるというおばあちゃんをバス停まで送ってから、私は今宮神社へと向かいました。
c0105785_11303422.jpg
参道、寒々しいなぁ。
c0105785_14425956.jpg
紫野高校の横を過ぎると、参門に到着。
c0105785_14511641.jpg
昔この近所に住んでたけど、何回かしか来たこと無かったなー。しかも覚えてないし。こんなに立派だったとは。

平日なせいもあってか、境内は非常に静かでした。正面は舞殿です。
c0105785_1541890.jpg
そして、その奥が本社。
c0105785_1514826.jpg
本社の前には結界みたいのが張られてました。
c0105785_1526981.jpg
なんだろうこれ?なんか意味があるのかなぁ?

今宮神社といえば有名なのが、毎年4月の第2日曜日に行われる「やすらい祭」。鞍馬の火祭、広隆寺の牛祭と並んで、京都三大奇祭の1つに数えられています。今宮神社は疫病を静めるお社で、やすらい祭は疫病しずめのお祭なのです。これ見に行きたかったなー。
c0105785_15394788.jpg
で、次に思いつくのが「玉の輿」で有名な桂昌院。言わずと知れた5代将軍綱吉の生母であります。元は「お玉」と言い、八百屋の娘から将軍の母になったってことで、身分の低い女性が身分の高い男性と結婚することを「玉の輿」と言いますが、その語源となった方です。このお守り、京都の縁結び系で最強なんじゃないかな。御縁だけじゃなくて、後の生活まで保障な感じがなんとも。c0105785_1540301.jpgc0105785_15404644.jpg
こちらも有名ですね。神占石の「阿保賢さん」。おざぶに恭しく載せられているこの石を、まずは3回たたいて持ち上げ、続いて願い事をしながら3回撫でてから持ち上げます。その際に、初めよりも軽く感じたら願いが叶うんだそうです。
c0105785_1552996.jpg
伏見稲荷のおもかる石みたいな感じです。
c0105785_16111545.jpg
健康を願ってやってみましたが、重くはならなかったものの、変わらなかったな…。地道に健康づくり頑張ります。

御朱印を頂いてから、東側の門からいそいそと外に出ます。
c0105785_17182378.jpg
実は今回こちらにお参りに来たのは、今宮神社のもう1つの名物「あぶり餅」が目的だったんですね~。外に出ると、向かい合って2つのお店があるんです。
c0105785_17334372.jpg
1つは『一文字屋和助』通称『一和』。…ん?
c0105785_1723921.jpg
もう1つは『かざりや』。…アレ?
c0105785_17234259.jpg
どっちもお休みかーい(号泣)!帰って調べてみたら、水曜日はお休みなんだそうで。なんちゅうひきの弱さだ。こんなんだったら、清涼寺で食べとくんだった…。でもなんか悔しかったので、JR伊勢丹のデパ地下であぶり餅を購入してから帰宅。買ったのは、七條甘春堂の「やすらい」。
c0105785_17371480.jpg
おいしかったけど、いつか参道で食べ比べをするのが夢です。



[PR]
by mdegu | 2009-05-22 19:10 | 神社仏閣