日々のお散歩の記録です。 毎日ちくちく更新中。     コメント大歓迎です。


by mdegu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:街道( 25 )

三条通

三条名店街を背に、さらに続く三条通を西に進みます。
c0105785_18342950.jpg
明治時代、寺町通から烏丸通まではメインストリートだったそうで、現在でもレトロモダンな洋風建築が数多く残されていて素敵です。左の写真が日本生命ビルで、右の写真が京都文化博物館。日本生命ビルには、お着物のお店がテナントとして入ってたりします。c0105785_10192180.jpgc0105785_10193527.jpg
和柄ブランドのセレクトショップ、三条ダマシンの建物もすごく味があります。
c0105785_10262765.jpg
ここ良く寄ったな~。

三条通は、基本的にショッピングストリートです。四条が昔ながらのお店が多かったりして観光客向けなイメージですが、ここ三条は京都っぽさを残しつつも、若者向けのファッショナブルなお店が多いのが特徴です。よーじやもカフェがあったりします。Pagongも三条店は若者向けラインのお店だったり。
c0105785_10362233.jpg
(ころも)の三条店も気になるところです。
c0105785_10421047.jpg
ちりめんのビリケン人形が可愛い「京の一滴」と、布のお店「和ふふ」。c0105785_1046362.jpgc0105785_10461444.jpg
和モノ好きには目に毒なお店満載です…。

ウィンドーショッピング中の休憩はよーじやのカフェなどいかがでしょう。あの顔デザインのカプチーノが有名ですよね。
c0105785_10494469.jpg
老舗好きの方にはイノダコーヒがおすすめ。
c0105785_10504636.jpg
また、烏丸通の先には伊右衛門サロンなんかもあります。
c0105785_10572114.jpg
私たちは2階の總屋目当てで中に入ったので、食事については未確認ですが、お店はここにしかないみたい。
c0105785_1173946.jpg
京都は限定モノが多いですよねぇ。



[PR]
by mdegu | 2009-06-19 22:27 | 街道

彫刻の小径

帝国ホテル大阪に泊まった日の夜、Hさんの晩酌セットを買った帰りにホテル裏手の大川沿いを少しお散歩。彫刻の小径って名前の遊歩道がライトアップされててキレイでした。
c0105785_11233736.jpg
暗い中に光の小径…天の川みたいでとても素敵。
c0105785_1125173.jpg
ホテルの裏手には船着場もあって、夜間でも遊覧船が出ています。こちらもキラキラとライトアップ中。丁度出航間際だったのでHさんに「乗ろうよう」と提案してみましたが、想像通りあえなく撃沈。
c0105785_11294720.jpg
ネオンきらめく川を進む変わったおふね。
c0105785_11284161.jpg
早くお部屋飲みたいみたいね…。
c0105785_11314952.jpg
休日なのにみっちりお仕事してたから、しょうがないかな。
c0105785_11341167.jpg
でもまぁ、珍しく夜のお散歩も出来たし、満足です。



[PR]
by mdegu | 2009-06-16 10:51 | 街道

石塀小路

ねねの道から下河原通へと抜ける道は、石塀小路として整備されています。
c0105785_1212617.jpg
いつもは近くを通りかかるだけだったんですが、3月に花灯路準備中だった石塀小路を少し歩いて来ました。道の両脇に設置してある燈籠も、他の場所と違って石っぽい感じになってます。また、入口からしてそうですが、「小路」なので道幅は狭いです。c0105785_12162756.jpgc0105785_12163774.jpg
統一感のある街並みの中に、ぽつぽつとお店がありました。
c0105785_16423237.jpg
奥に進むと、そのままズバリな名前の喫茶店発見。
c0105785_16485361.jpg
なんかいいなー、こういう昔ながらな感じのお店。
c0105785_17175937.jpg
電動自転車みたいなの置いてあったりしたけど、昭和ですよね、昭和。

入口も何箇所かあるんですが、どちらも風情ありますね。c0105785_17282043.jpgc0105785_1729362.jpg
さっきの喫茶店からまっすぐ西に進んで、玉半の横を通り過ぎます。ここも高級旅館なのよね…。泊まってみたいなぁ。
c0105785_17332439.jpg
んで、向こうの下河原通に出ると、親子丼で有名な『ひさご』がありました。むむ、ここも行ってないなぁ。
c0105785_17425562.jpg
おしゃれな感じのお店もあったので、昼よりも夜が楽しそうな場所でございました。
c0105785_17465457.jpg
石塀小路内は普通のお家もあるようなので、お静かに願います。



[PR]
by mdegu | 2009-05-18 14:03 | 街道

ねねの小径 sanpo

圓徳院の境内をぬけて石塀小路に続く道は、「ねねの小径」と呼ばれています。
c0105785_11271199.jpg
境内奥にある小さい階段を降りて右へ行くと石塀小路、左に折れるとねねの道へと出ます。どちらも石畳の道ですが、小径は「霰(あられ)こぼし」と呼ばれる、小さい石が敷き詰められた石畳。
c0105785_11473458.jpg
室町時代から見られる路地の石打ちの手法らしいんですが、いい感じですね~。

階段を下りた私は、お店があるので左に曲がってみました。階段を降りるとすぐ左の所に、コーヒーショップ発見。静かでこれまたいい感じです。ゆっくり休みたい人には穴場かも。
c0105785_11452115.jpg
そのお向かいには謎の書院が。アメックスのゴールドカード専用だそうです。良く分かんないけど、お金持ちの人しか入れないのね…。くっ。
c0105785_11542574.jpg
でも、こんな場所ばっかでもなく、庶民的なお土産屋さんもありました。
c0105785_11563615.jpg
ねねの道に面したお店はこんな感じ。
c0105785_11572050.jpg
あまり知られていないのか、あまり人を見かけませんでした。
c0105785_11582974.jpg
ちょっと不思議空間で楽しかったです。



[PR]
by mdegu | 2009-05-17 20:08 | 街道

ねねの道

高台寺の西側を南北に通っているのが「ねねの道」と呼ばれる石畳の道。元々は「高台寺道」と呼ばれる東山参道の1つだったんですが、電線を地中に埋めて整備され、現在こんな風になってます。
c0105785_18452128.jpg
人力車に乗ることも出来ます。見どころも多く、石畳の道なのでそんなに揺れそうもないし、いいコースなんでしょうね。
c0105785_10532496.jpg
路上販売もやってます。大体このおにーさんでした。
c0105785_1055261.jpg
お店もぽつぽつあるので、楽しく歩けます。桜の時期もまた良しです。
c0105785_1125394.jpg
これはまだ咲きかけの頃。

でもやっぱり気になるのは、ちっちゃい飾りもの。ネコかわいーい。
c0105785_10585858.jpg
こっちも楽しそう。
c0105785_10592432.jpg
祇園閣に着いた辺りで道も終了。
c0105785_1144996.jpg
短い道のりですが、途中に公園があったり、お寺の境内に都路里があったりして、ぷらぷら歩くにはいい場所です。
c0105785_1162572.jpg
変身舞妓さんにもよく遭遇しますよ~。



[PR]
by mdegu | 2009-05-16 16:22 | 街道

きぬかけの路

次の目的地である龍安寺仁和寺は、金閣寺の横を通る「きぬかけの路」沿いにあります。まだ時間も早かったので、移動手段は徒歩に決定。
c0105785_1391144.jpg
きぬかけの路は、金閣寺から仁和寺に至る約2.5kmの観光道路です。正式名称は「京都市道183号衣笠宇多野線」。その昔、宇多天皇が何故か真夏に雪見がしたいと言い出して、衣笠山に絹をかけたって所から命名されたそうです。昔の天皇さんって無茶言うわ~。
c0105785_12343815.jpg
多分、正面に見えているのが衣笠山。ごく低い山だけど、絹を掛けるってどれくらいの分量になったんでしょーか…。ま、言い伝えなのでホントじゃないかもですけど。それにしても、観光道路っていう割に道幅が狭くて苦労しました。車道は広いですけど、歩道が狭い~。
c0105785_14174884.jpg
堂本印象美術館と立命館大学の間を通過。c0105785_14195330.jpgc0105785_1420481.jpg
そんな衣笠山の横を通過。
c0105785_14331829.jpg
謎の石材置場を通過。
c0105785_1435865.jpg
どっかに作業場でもあるんでしょーか。
c0105785_14355095.jpg
…だれ?

そんなこんなで龍安寺前に到着。
c0105785_14414715.jpg
お昼も近かったので、少し左に入った所にあったお店で昼食休憩を取りました。京都は豆腐がおいしいですよねぇ。c0105785_14432140.jpgc0105785_14433379.jpg
龍安寺拝観後、再び路を進んで仁和寺へ。
c0105785_14471760.jpg
仁和寺も拝観して、更に先へ進む私たち。
c0105785_1524732.jpg
終点は福王子交差点。神社が目印です。
c0105785_151398.jpg
きぬかけの路踏破ですが、私たちは更に先へと進みました。ここからが大変だったんだよな…。
c0105785_15152566.jpg
関係ないけど、仁和寺の壁際にあったこの木、鹿のオブジェみたいでした。



[PR]
by mdegu | 2009-05-04 22:12 | 街道

哲学の道 ~桜2009編 sanpo

近くにお出かけの予定があったので、桜の哲学の道を歩いて来ました。今出川通を歩いて銀閣寺方面に向かったんですが、白川通の手前からもう桜並木が始まっています。
c0105785_109528.jpg
白川今出川の交差点。道の先には大文字の山が見えます。
c0105785_10525997.jpg
桜は、ここから見ても満開の様子です。

哲学の道っててっきり銀閣寺の前からだと思ってたけど、ここからなんですね。言われてみれば、今出川通沿いに西田先生の職場だった京都大学もあるもんね。
c0105785_1114517.jpg
更にここにも琵琶湖疏水流れてるし、納得です。c0105785_1117136.jpgc0105785_11172222.jpg
それにしてもいい日に来ました。桜満開です。桜の先に見える大文字山、素敵すぎます。
c0105785_1120233.jpg
桜と大文字の季節限定のコラボなので、こちらは人気撮影スポットとなっていました。いかにも「京都」ですもんねー。
c0105785_1120407.jpg
想像したより少なかったけど、やっぱ有名桜ポイントだけあって、人は多いです。
c0105785_1134547.jpg
道も狭いんですけどね。

銀閣寺前まで出ると、人は更に増加。
c0105785_20304488.jpg
ここから道は疏水分水の流れに沿って右に折れるんですが、何やら人が溜まってると思ったら雑誌かなんかの撮影してるみたいです。キレイなお姉さんがウェディングドレス着てます。c0105785_20312672.jpgc0105785_20313699.jpg
言葉からして、中国の方のようでした。

私はそのまま哲学の道の続きを散策。
c0105785_20364577.jpg
前回も見たクマの親子も、のんびり釣りしてます。
c0105785_20375928.jpg
予報でも言ってたから薄着してきたけど、上着いらないくらい暑いよ。向こうっかわに座ってる若いおとーさん、半袖だしさ。
c0105785_20384679.jpg
所々にかかってる橋の上は撮影スポットなので、どこも非常に混雑しております。他にも人力車とか犬とかでごった煮状態。
c0105785_20432220.jpg
相変わらず道は狭いんですが、道の両サイドにはカフェやら屋台のお店やらがあって、そこにも人だかりなんですよねー。この桜色のストールとか、ちょっと欲しくなっちゃった。肌寒かったら買っちゃってたかも~。c0105785_2048662.jpgc0105785_20481634.jpg
代わりにこっちはバカ売れでした。おじいちゃんとかも買ってたし。塩漬けの桜の葉が練りこんであるとかないとかで、ちょっとしょっぱいらしく、ちょっと惹かれました。
c0105785_20561525.jpg
この日は、この先のよーじやカフェにでも寄ろうと思ってたので、ここは我慢。そして、その先の焼きタケノコもぐっと我慢。
c0105785_20594171.jpg
さーカフェだ!とうきうき門をくぐったんですが、待ち人数のすごさにあっさり断念してしまうのでした。あのカプチーノ見てみたかったな…。ま、カフェなら三条にもあるから、いつでも行けるか。ちぇっ。

なんかこーテンションも下がったので、そのまま最後まで淡々と歩きます。いやー満開満開。
c0105785_2154127.jpg
今日すごかったのは、こんだけ咲いてて、川面に花びらがほとんど無かったってこと。てことは、ほぼピークってことですな。c0105785_2193796.jpgc0105785_2194948.jpg
道沿いには民家も結構ありました。桜の時期は観光客がすごくて大変だろうけど、いい場所にお住いですよね。
c0105785_21104170.jpg
貼り紙には「噛みます」って書いてあったけど、このコがおとなしくてものすごく可愛かったです。



[PR]
by mdegu | 2009-04-06 18:03 | 街道

宮川町

先月末の散歩の途中、東山女子学園の手前にて京おどりのチケットを購入した私。私の観覧希望日の座席は本日10時から受付だと言うので、再び宮川町に行って来ました。
c0105785_21191315.jpg
宮川町は鴨川の東、四条と五条の間にある細長い町。京都に5つある花街の1つ。3つの輪が重なった「三つ輪」が目印の、祇園甲部に続いて2番目の規模を誇る花街です。
c0105785_920646.jpg
徒歩圏内なので、川端通をぼちぼち歩いて行きました。歌舞練場に近づいてくると、ぼんぼりが並び始めます。
c0105785_910657.jpg
この辺はずっと桜並木なんですが、咲きはいまいち。

「京おどり」の看板で右に入ると、正面が会場の東山女子学園。勿論ただの女子高ではなく、舞妓さんたちが通う、いわば舞妓養成所です。おどりの会場はここになります。
c0105785_913734.jpg
すごく並ぶ、ってことだったので30分前くらいに着いたんですが、2番目でした。買っといたチケットを用意して、1番目に並んでたおばあちゃんとおしゃべりしながら待ちます。おばあちゃんは近所の方で、毎年チケットもらえるんだそうです。いいなぁ~。
c0105785_9235268.jpg
向かいのお茶屋さんの前には、前日雨だったせいか番傘が干してあって、風情あります。
c0105785_925261.jpg
結局時間が来ても行列は出来ず、すんなり席が取れました。いつもはすごいらしいんですが、不況で企業さんが席押さえないのかもねえ、なんていう話もしたりして。

席も取れたので、お茶屋さんの並ぶ界隈をぐるりとお散歩。舞妓変身所も3箇所見かけました。c0105785_9262394.jpgc0105785_9263330.jpg
また、路地の奥にはガイドブックでも紹介されている『裏具』さんがあります。
c0105785_8564711.jpg
んで再び戻ってきたら、多少の行列が出来ているのでした。
c0105785_928893.jpg
今回60回目で、キリのいい舞台なのに、ちょっと寂しいです。
c0105785_9292167.jpg
ま、でも一般客が少ないだけなのかも。
c0105785_931268.jpg
当日が待ち遠しいです。



[PR]
by mdegu | 2009-04-03 16:31 | 街道
円山公園を出て、ねねの道へ。東へと延びる大谷祖廟へ続く道にも、燈籠と「いけばなプロムナード」作品が飾られています。
c0105785_1617139.jpg
西側にも、東大路通までずらーっと燈籠が並んでいます。
c0105785_17143839.jpg
祇園閣もライトアップ中。
c0105785_8584222.jpg
こちらの建物は、帝国ホテルや鹿鳴館を建設した大倉喜八郎が別邸として建てた「真葛荘」の一部で、祇園祭の山鉾の形を模したものとなっております。

周辺ライトアップポイントを見ながら、ぼちぼち石畳の道を清水方面へ。
c0105785_961778.jpg
ゴハン食べてから来たのでアレでしたが、ねねの道には茶寮都路里の高台寺店があります。ここ通ると、皆さんよく抹茶ソフト食べてるので気になります。写真のお兄さんがお連れ様にあげてるのがそうです。
c0105785_9171080.jpg
実はこちら、圓徳院さんていうねね縁のお寺さんの境内で、このエリアは京・洛市「ねね」というちっちゃなお店の集合体となっています。散策途中の休憩所になるような場所もあるし、ちょっとした美術館もあるし、お店もバラエティに富んでて楽しいです。

抹茶ソフトおいしそうだったけど、そのまま散策続行。高台寺公園ではライブのリハーサルやってました。
c0105785_934394.jpg
公園から見た石塀小路。
c0105785_935389.jpg
ねねの道の端っこにある春光院さんは、無料接待所になってました。門前ではあったかいお餅の販売も有り。
c0105785_9352333.jpg
せっかくなので、私も中に入って少し休憩することにしました。
c0105785_9375048.jpg
超アツアツの金箔入り桑茶を頂いて一息。
c0105785_938247.jpg
座席も結構あったんですが、全部埋まってて座れませんでしたけどね…。

お茶も頂いたので、そろそろお暇…と思って外に出ると、時間は7時を回っておりました。人垣が出来ていたので何かと思ったら、「キツネの嫁入り行列」が来るよとのアナウンス有り。おおー、じゃあそれ見て帰ろってことで、その場で待っていると、高台寺の方からやって来ましたよ~。
c0105785_9451764.jpg
人力車に乗って現れたお嫁さん役は、一般公募の方だそうです。んで、ラッキーなことにこちらの前で少し停車!
c0105785_9465256.jpg
これはシャッターチャンス!…だったんですが、何しろ暗くてさ…。
c0105785_9483690.jpg
フラッシュ焚くと風情がなぁ~なんて思いつつ目の前を通過する時シャッター押したら、知らない人のすんごいフラッシュでしっかり撮れました。
c0105785_9493133.jpg
いやー、それにしても珍しいもの見れた。
c0105785_9512257.jpg
夜はほとんどお出かけしないので、貴重な体験でした。
[PR]
by mdegu | 2009-03-19 16:55 | 街道

南京町

1日がかりの異人館めぐりを終えた後は、ホテルに戻って少し休憩。足が楽になってから、夕方はご飯も兼ねて南京町を歩いて来ました。JR元町駅からも近いので、交通至便です。
c0105785_11112644.jpg
様子がわからないので、とりあえずは長安門から西安門まで、真っ直ぐずずいと歩いてみることに。通りの右も左も中華屋台がずらーって並んでます。c0105785_1092058.jpgc0105785_1093047.jpg
中央部分に広場があって、休憩所みたいになってました。
c0105785_10244765.jpg
なにしろ混んでて、前に進むのが大変だったけど、ほどなく西安門に到着。
c0105785_10563118.jpg
三連休ってこともあってか、とにかく町中すごい人。基本食べ歩きみたいで動かないから、更に混雑度UPですよ。でもどれもおいしそうなのよね~。
c0105785_1132216.jpg
何故かトルコアイス屋さんもありました。

休憩をはさんだとはいえ、午前中から歩きづめでお腹も空いてきました。お店だらけなので随分迷いましたが、広場の所にあったお店に決定。c0105785_1164675.jpgc0105785_1165732.jpg
こんな感じのものを頼んで、2人で分けっこして食べました。
c0105785_118287.jpg
チャーハンおいしかったなぁ。
c0105785_1192745.jpg
茶柱…寝てたけど。

ご飯を食べて外に出るとすっかり暗くなっていて、ライトアップが始まってました。
c0105785_11184592.jpg
人もどんどん増えてきたので、お店をちらちら見ながら、私たちは元町の商店街に抜けてホテルに戻りました。
c0105785_11203021.jpg
脇道の雑貨屋さんも楽しかったですよ。夜のガラス屋さんて幻想的…。
c0105785_11224978.jpg
やっぱり多かったパンダ製品と並んで、コーベアーも発見。c0105785_11234765.jpgc0105785_11235948.jpg
灯りのともった中華街は、外国のようでした。
c0105785_11244538.jpg
中華街は横浜のよりは小さかったけど、ギュッとした感じが良かったです。
c0105785_11254153.jpg
いつか長崎の中華街にも行ってみたいです。



[PR]
by mdegu | 2009-03-06 11:04 | 街道