日々のお散歩の記録です。 毎日ちくちく更新中。     コメント大歓迎です。


by mdegu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:島( 2 )

福浦島

松島観光しめくくりは、松島海岸の東に浮かぶ福浦島。
c0105785_8153987.jpg
島全体が県立の自然植物公園に指定されていて、入島には大人200円ほどの入場料が必要です。橋を渡る手前の施設内にチケット売り場があるので、そちらでチケットを買ってから橋を渡るシステムになってます。c0105785_8215363.jpgc0105785_822077.jpg
私たちもチケットを買って、色んな所から見えた赤い橋を渡ってきました。
c0105785_8241790.jpg
外から見ても相当な長さでしたが、福浦橋は全長252メートル。近くから見ても相当長いです。
c0105785_8252318.jpg
橋の上からは五大堂と、その奥には瑞巌寺の杜が見えます。
c0105785_8273325.jpg
橋を渡りきると、ひなびた砂浜。
c0105785_1132489.jpg
カキの養殖とかしてるから、この小船も現役なのかな?それはそうと、島の入口に「タヌキに注意!」の張り紙がありました。「へー、タヌキいるんだー」「でもそうそう見られないよねぇ」とか話ながら島に入ると、すぐに人だかり発見。
c0105785_11365486.jpg
…いました。私もそうだけど、皆さん写真撮りまくり。このおじさんなんて、高そうなカメラでずっと撮ってました。落ち着いて撮りたいらしく、ビニールしゃわしゃわさせてエサをあげると見せかけて、人のいない方におびき寄せるという念の入れよう。皆で仲良く撮ろうよー。
c0105785_11401162.jpg
またタヌキが逃げないんだなーこれが。

先に進んでいくと、弁天堂に着きました。
c0105785_1281172.jpg
このあたりも展望スポットです。
c0105785_12113020.jpg
松島湾に浮かぶ島々にはそれぞれちゃんとした名前が付けられているのですが、何しろ数が多すぎて確認が大変。個々の名前の確認は既に諦めました…。

島の周囲は遊歩道になっており、1周大体30分くらい。いい散歩コースです。材質がわかりませんが、地面がふかふかで足の負担も少ないです。
c0105785_12143829.jpg
そんなふかふか道を歩いて、展望台に到着。
c0105785_12153836.jpg
松島には、松島湾に浮かぶ260余島の島々を一望できる「四大観」という名所が設定されています。その内の1つ、扇谷(おうぎだに)。山頂からは松島湾の入り江が扇のように浮かんで見えるそうで、別名「幽観」。
c0105785_12191336.jpg
東西南北に1箇所ずつあるのでそれぞれが離れてはいるんですが、松島四大観めぐりも面白そう。あと、是非これは見ておきたい千貫島(せんがんじま)。周囲あるのはカキの養殖場かな?島は多分コレで合ってるとは思うんですが…。
c0105785_1229564.jpg
政宗公に「城に運んだ者には銭千貫を取らす」とまで言わしめたという、1本松がトレードマークのカワイイ小島です。まだ松島湾に残っている所を見ると成功した人はいないようですが、チャレンジした人いるんでしょーか?気になります。

二股の大きな杉の木を横目に分かれ道まで戻って来て、先に進みます。
c0105785_12404210.jpg
島の中央部分は、多目的広場になっています。
c0105785_12423497.jpg
すぐ先が砂浜になってました。
c0105785_124452.jpg
少し休んでから、再び橋の近くへ戻る私たち。入らなかったけど、途中でお店も営業してました。
c0105785_1301989.jpg
甘酒にちょっと引かれたけど、先を急ぐことに。さっきのタヌキゾーンに戻って来たら、また人だかりがあって、その先には…。
c0105785_1322834.jpg
おまえ、まだいたの。そんで、やっぱり次々と写真撮られてました。
c0105785_1341444.jpg
こいつ、絶対観光局から雇われてるに違いない…。

人がきれたところで、音をカチャカチャ立ててタヌキをおびき寄せるHさん。
c0105785_137110.jpg
エサを期待してウキウキ近づいてくるタヌキ。
c0105785_1382969.jpg
Hさんが何もくれないので、傷ついて去るタヌキ。
c0105785_1393083.jpg
「いいんだ、よくあるから…。」

そんなこんなで再び橋に戻って来ました。
c0105785_131121100.jpg
砂浜で遊ぶ家族連れなんかもいました。ちょっとしたプライベート・ビーチ感覚?
c0105785_13123544.jpg
200円でタヌキにも会えたし、結構楽しめましたよ。
c0105785_1314357.jpg
島を出た私たちは、仙石線の松島海岸駅へ向かいました。駅前ではカキも食べられます。お昼に散々食べちらかしたから、そのままホームへ。
c0105785_13164584.jpg
帰りの電車はマンガッタンライナーでした。石巻にある石ノ森章太郎さんの美術館を記念した電車だそうです。初めて見たのでびっくりしました。
c0105785_13235456.jpg
両サイドにも、仮面ライダーやらゴレンジャーやらが描かれていてかわいかったです。



[PR]
by mdegu | 2008-03-19 08:47 |

雄島

マリンピアを出て、すぐ近くにある雄島から周辺観光を開始しました。
c0105785_13302518.jpg
「松島」の名前のルーツにもなったと言われている島なので、松島観光において、ここは外せません。案内に沿って道なりに進むと、島へ至る赤い橋が見えてきます。松の苗木千本が鳥羽上皇から下賜されたという話なので、島は松だらけでした。c0105785_1335548.jpgc0105785_1336110.jpg
渡月橋を渡って島へ入ります。
c0105785_1339963.jpg
橋を渡るとすぐに岩窟が目に付きました。
c0105785_1343159.jpg
雄島は東西40m、南北200mほどの小さな島です。歩いていると、芭蕉の奥の細道の碑を発見。
c0105785_13542970.jpg
この島は霊場だったそうで、あちらこちらにそれらしいモノが見られます。c0105785_13581294.jpgc0105785_13581825.jpg
座禅堂もありました。
c0105785_1359698.jpg
ここ誘惑とか少なそうだから、絶好の場所かもねぇ。

島の北の端っこには見仏堂(江戸期以降)跡。お堂の名前は雄島に住んでいたという高僧、見仏上人にちなんでいます。
c0105785_1435451.jpg
見晴台みたいになっていて、眺めも良いです。人気の遊覧船が3隻ならんで航行してるのも見えました。うーんのどか。
c0105785_1485619.jpg
妙覚庵跡地。c0105785_14165627.jpgc0105785_1417716.jpg
海の向こうには福浦島へと通じる赤くて長い福浦橋が見えます。
c0105785_14195830.jpg
ちなみにHさんは、この宮城旅行でヘンに流行ってたデニーロ・ポーズです。そんなHさんは、私が写真を撮っている間、ちょっとひくくらい落ちてた石で熱心に遊んでました。えいっえいっ。c0105785_14255689.jpgc0105785_1426485.jpg
小さい島ですが、見所は多いです。芭蕉や曾良の句碑。
c0105785_143413.jpg
見仏堂跡。
c0105785_14363752.jpg
一回りしたので、見仏堂跡内にあるトンネルをくぐり、渡月橋を渡って本土に戻って来ました。
c0105785_14404331.jpg
松島は、島(岩?)のやたらと多い場所なので、海の風景も変化があって楽しめます。確認は難しいですが、1つ1つに名前も付けられてるのも面白いです。コレはご近所の双子島。
c0105785_1551999.jpg
歩き回るのに精一杯で乗れませんでしたが、遊覧船も楽しそうだったなー。
c0105785_159561.jpg
遊覧船のお約束、かもめも大量についてきてるみたいですねぇ。
c0105785_15141477.jpg
でも、一番楽しそうだったのはやっぱりこのHさんかな。
[PR]
by mdegu | 2008-03-15 14:40 |