日々のお散歩の記録です。 毎日ちくちく更新中。     コメント大歓迎です。


by mdegu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:科学館( 5 )

52. 多摩六都科学館

10月21日にはじめたぐるっとパスde美術館めぐりも、本日いよいよ最終日。なんとHさんが有給を取ってくれたので、多摩六都科学館に行って来ました。この科学館のウリはプラネタリウムなんですが、平日はほとんどが団体用のプログラムらしく、個人が鑑賞出来るのは14時半以降の回。そうは言っても今日は1館のみの見学なので、いつもより遅くお家を出ました。
c0105785_21493466.jpg
新宿でお昼を食べてから、西武新宿線に乗って花小金井駅へ。駅からは少し離れている科学館へ徒歩で向かう私たち。青梅街道から科学館通りに入ります。
c0105785_2274166.jpg
真っ直ぐ進むと正面右手に高さ195mのマルチメディアタワー、スカイタワー西東京が見えて来ます。マルチメディアタワーとは、様々な無線利用者がアンテナ設置のためのスペースや無線機室を共同で利用できる施設だそうで、この敷地内に科学館はありました。
c0105785_2210337.jpg
ひときわ目だつ丸っこいのが、サイエンスエッグと呼ばれるプラネタリウム施設。
c0105785_10562921.jpg
開館当時は世界一だったようですが、現在はどこぞに抜かれて2位だそうですが、それでもでっかいことに変わりはありません。

屋外にも展示があります。
c0105785_10591754.jpg
Hさんの大好きな日時計も2つ。世界日時計っていうのと、普通のやつ。c0105785_1122485.jpgc0105785_1123650.jpg
日の光で見えるエコなプラネタリウムとか(黒いドームにちっちゃい穴が沢山開いている)、あっちとこっちでお話ができるアンテナとか、結構楽しい。c0105785_1145485.jpgc0105785_11516.jpg
くるっと見てから入館しました。
c0105785_116529.jpg
パスを提示して、14時半からの全天周映画『ダイナソーDX』を予約。実は六都科学館は先月末までちょっと前まで騒がれていた耐震偽装の余波か館内チェックが入っており、1ヶ月以上休館していたんです。そんなわけで、再開記念でかわいいメモ帳頂きました。
c0105785_11124014.jpg
映画まで時間があるので、まずは館内展示を見て回ります。

館内は5つのテーマにわかれています。順路に従って、まずは「宇宙の科学」から。カミオカンデについてや宇宙船のコーナー、ムーンウォーカーとかいう体験型の展示も。c0105785_11183357.jpgc0105785_11184021.jpg
ノーベル賞受賞の小柴博士や、宇宙飛行士の向井さんの直筆色紙もありました。なんかスゴい。

続く「生命の科学」では、生き物に関する体験型展示が盛りだくさん。AIBOも発見。昔話題になりましたよね。なんか懐かしいなぁ。肝心のAIBOくんたちはお休み中でしたが。
c0105785_11215368.jpg
反射神経テストもあったのでちょっとやってみたんですが、Hさんは15歳男子くらいだったのに、私は50代女性レベルでした…。ふふ…(涙)。

気を取り直して、「生活の科学」。こちらでは生活に関係するものが展示されています。
c0105785_11292922.jpg
リニアモーターカーと風力発電のミニ模型。
c0105785_11285361.jpg
ペダルをこいで学ぶ発電の仕組み。自転車をこぐと、模型が段階的に光ります。
c0105785_11303480.jpg
中央部分にはスカイタワーと科学館があったりして、可愛いです。
c0105785_11343258.jpg
2階に移動して、「地域の科学」を見学。中央部分に世界の昆虫の標本があったり、多摩川の魚の展示があります。c0105785_1139164.jpgc0105785_11391114.jpg
脇の方には、雑木林が再現されてます。ウサギとか、動物がリアル。
c0105785_11403085.jpg
ベンチにお母さんたちが座ってたんですが、1人の娘さんがめっちゃ怒られてました。集団行動、大切だネッ!

最後は「地球の科学」。
c0105785_11425752.jpg
化石展とかやってて興味深かったです。c0105785_1144938.jpgc0105785_11442885.jpg
そしてここにも日時計が。
c0105785_11454351.jpg
屋外にあったものの模型みたいです。Hさん、ここでも熱心に観察ですよ。私は、ボタンを押して竜巻生成したりしてました。
c0105785_1148224.jpg
一回りしてもまだ時間が1時間くらい余ってたので、休憩室に移動。自販機で飲み物を買ってまったり。
c0105785_1150622.jpg
こんな広いのに貸切状態でした。いいねえ、平日の科学館。

時間までのんびりしてから、サイエンスエッグに移動。
c0105785_11514683.jpg
おっ、他にもお客さんいたのね。内部も広いです。映写機もでっかいです。さすが世界規模。
c0105785_115467.jpg
私たちが見たのはプラネタリウムのプログラムではなく、恐竜の映画。
c0105785_1155426.jpg
動物モノ好きなので楽しめました。Hさんは45分全部寝たそうですが。私も途中で、多少意識が…。いやでも、映像すごかったですよ。ちょっと酔いそうになっちゃったくらい。臨場感ばっちりです。

映画終了後、ぼちぼち科学館を後にしました。
c0105785_1159777.jpg
さよなら、タマぼー(科学館のオリジナルキャラです)。帰りは正面にあるバス停からコミュニティバスで田無駅へ行き、再び西武新宿線に乗って帰りました。

ぐるっとパス最終日にして、施設全制覇です。やりました。嬉しかったので、Hさんと新宿の串揚げ屋さんで打ち上げしちゃいました。
c0105785_1262110.jpg
なんか達成感あります。内容こんなだけど。えへっ。



[PR]
by mdegu | 2007-12-20 21:46 | 科学館
神宮外苑銀杏並木を一通り見てから豊洲方面に移動、国際展示場そばにあるリスーピアで遊んで来ました。
c0105785_11223725.jpg
ゆりかもめの国際展示場正門駅で下車、首都高湾岸線の方に見えるパナソニックの文字。リスーピアはこのパナソニックセンターの中にあります。
c0105785_11264212.jpg
パナソニックセンターは、松下グループの総合展示場です。トイレに行ったHさんを待つ間にフロアをちょろちょろ見て回ってたんですが、入口入ってすぐの所にニンテンドーコーナーを発見。体験型ブースのようで、DSとかで遊べます。土曜日のお昼前だったんですが、相当空いてました。置いてあったものは新しいものが多かったので、穴場なのでは?
c0105785_11443113.jpg
館内は基本写真撮影禁止なんですが、所々に撮影OKの青い立て札があったので一応撮って来ました。ここの右手がニンテンドー・ゲームフロント。でも、トイレから戻って来たHさんはマリオと一緒の記念撮影をさっくりと拒否。ゲーム好きじゃん…。

リスーピアは1階のクエストフロアと3階のディスカバリーフロアに分かれています。まずは1階、クエストフロアから見学。
c0105785_11523656.jpg
体験型ミュージアムなので、色々触って遊べます。こじんまりしたフロアで、1階部分は無料で入場出来ます。無料っていうのもあるけど、ココは小さなお子様用かなー。さらっと流して、透明エレベーターに乗って3階へ。
c0105785_11564358.jpg
ディスカバリーフロアは有料ゾーンです(中学生以下は無料)。パスを提示して中に入りました。
c0105785_1201721.jpg
ここ、ちょっとシステムが変わってます。フロア内では「ディスカバリースコープ」とかいう、画面のデカいipodみたいなのを持って回るんです。おねーさんから使い方の説明を受けるんですが、何度も「大人の方でも楽しめますから!」とやけに力強くおっしゃるので、ぶっちゃけつまらないんじゃないかと不安になる私たち。テーマが理数なだけに、完全文系人間の私は更にドキドキしてしまいましたが、私でもそれなりに楽しめたので、理数系の方ならまぁ、許容範囲内かと。基本的に、小中学生の子供向けだと思われます。

フロア出口でプラスチック製のカードがもらえるので、これを使ってすぐ脇にある写真撮影コーナーで写真も撮れます。c0105785_12221969.jpgc0105785_12222732.jpg
裏にはIDとパスワードが書いてあるので、帰ってからHPにアクセスして、撮った写真をパソコンで見ることも出来ますよ~(この辺はカップル仕様?)。

パナソニックセンターではスタンプラリーも2種類やっていたので、ついでにそっちも参加して来ました。1つ目はリスーピア企画。表と裏でスタンプ6個集めて、オリジナルメモ帳ゲット。c0105785_1228144.jpgc0105785_1228966.jpg
2つ目は、スポンサーもしているUSJ企画でスタンプは4種類。c0105785_12294259.jpgc0105785_12295088.jpg
こっちはくじ引きで、私はE賞のポストカード、HさんはF賞のターミネーターのクリアファイルが当たりました。A賞のUSJツアーを狙っていたHさんは悔しそうでしたが、まあこんなもんでしょう。
c0105785_12331450.jpg
子供連れじゃなかったら、わざわざコレを見にっていうこともないような施設ですが、社会科見学みたいで面白かったです。
c0105785_1235482.jpg
施設側から見ると歓迎出来ないんだろうけど、空いてて回りやすかったのも良かったなぁ。



[PR]
by mdegu | 2007-12-17 11:28 | 科学館

15. 科学技術館

今日もいい天気なので、はりきって皇居周りをぐるっと。九段下駅で降りて、北の丸公園にある科学技術館からスタートしました。
c0105785_1914493.jpg
清水門から公園に入ります。
c0105785_1917919.jpg
靖国通り沿いにある田安門と同様に重要文化財なんですが、なんか地味…。私は好きなんですけどね。右側の牛ヶ淵の先には武道館の金のたまねぎが見えるのもポイント高し。
c0105785_19252593.jpg
清水門を抜けてちょっと歩いて科学技術館に到着。
c0105785_1928979.jpg
学生時代に試写会によく行ってた時期があって、その頃に何度か来た事ありますが、科学館自体に入ったことは無かったなぁ。早速入ってみようっと。
c0105785_19325135.jpg
入口、完全に昭和ですよ。私が小学生とかの頃に社会科見学で行ったような施設の香りがぷんぷんします。設立されたのは昭和39年4月だそうなので、今年で43歳ですね。科学館は5階建て。2階から5階までが展示フロアになっているので、私たちは5階から降りてくることにしました。

5階で興味深かったのがゲノムについての展示。
c0105785_19403730.jpg
漫画で説明してあって、親切です。

4階では、ロボットの展示がありました。
c0105785_19462196.jpg
恐竜なんかもいて、人のいる方向に顔を向けたりします。そして、お台場の科学館でも見たアザラシのパロがここにも!c0105785_1949394.jpgc0105785_1949218.jpg
後でちゃんと叱っときましたが、おもむろにパロをいじめるHさん。ダメですよー良い子はこんなことしちゃ。
c0105785_19524594.jpg
新日鉄プレゼンツの鉄の丸公園も面白かったです。c0105785_1956322.jpgc0105785_19561457.jpg
Hさんも的当てに興じてました。当たってなかったけど。うきき。

3階ではガスに関する展示が良かったです。
c0105785_2015842.jpg
ここに限らず、色んな場所で実験やら何やらやってました。施設は確かに古いんですが、それぞれのブースはスポンサーがきちんと保守してるようで中身は良かったと思います。

2階にあった自転車の展示。
c0105785_2095411.jpg
こんな変わった自転車もありました。c0105785_20103293.jpgc0105785_20104874.jpg
ヘンなカオ…。
人数は限定のようでしたが、4時間くらいかかるラジコンカー作成とかもあって、1日楽しめそうな感じでしたよ。
c0105785_20142356.jpg
午後はしりませんが、とりあえず午前中は空いていたので狙い目かもしれません。想像以上にいい感じでした。
c0105785_20182590.jpg
古いからってあなどれません。



[PR]
by mdegu | 2007-12-09 20:19 | 科学館

44. 船の科学館

日本科学未来館を出た私たちは、近くにある船の科学館へ徒歩で移動。
c0105785_85176.jpg
建物が船の形をしてとてもユニークな科学館です。ゆりかもめからしか見たことがなかったので、一度行ってみたいと思っていた施設でした。
c0105785_8553344.jpg
私たちは科学未来館に寄ったのでテレコムセンターから歩いて来ましたが、最寄り駅は「船の科学館」駅。すぐ前にあって便利です。その他、水上バスや都営バスも走ってます。c0105785_92910.jpgc0105785_9223100.jpg
受付の人がちょっと手際悪くて手間取りましたが、チケット交換して館内に入場。船の科学館なので、展示は全て船に関するものばかり。
c0105785_972944.jpg
1階には各時代毎の船の模型が飾られていました。箱根で乗った海賊船のモデル、イギリスのビクトリー号も発見。
c0105785_991583.jpg
模型は相当細かい造りですごかったです。模型の他にも、船が動く様子とか、海底開発に関する展示なども。c0105785_9121613.jpgc0105785_9123289.jpg
戦艦大和の巨大模型もあります。
c0105785_9142042.jpg
3階は和船コーナー。古代から幕末、明治期の和船模型が展示されているんですが、ここ良かったです。洋風のもいいですが、和船のデザインって丸みを帯びた形が多くて好き。c0105785_919786.jpgc0105785_9191811.jpg
デッキに出ると、お子様に大人気のラジコン船コーナーがあります(別料金)。窓の外にはフジテレビの球体展望台が見えますね。
c0105785_9203082.jpg
どれくらいの時間出来るかわかりませんが、お金入れる所には「100円」って書いてありました。デッキは眺めがいいので、ちょろちょろ見て回る私。
c0105785_928244.jpg
気付いたら、Hさんがカップルに頼まれて写真撮ってあげてました。ちなみに、カップルの左後ろに見える丸っこいものがついた建物が、ここに来る前に寄った日本科学未来館。
c0105785_9263670.jpg
私が写真撮ったりして待ってもらってる間に、よく頼まれるHさんなのでした。

階段をむりむり上って6階へ。操舵シミュレーションなんかもあります。
c0105785_9333115.jpg
6階なので見晴らしも更に良いようです。天気も良かったので、うすらぼんやりしてますが、風の塔(多分)も見えました。
c0105785_9374322.jpg
風の塔の存在はニヒルな旅人さんのHP(写真が超美しいのでオススメ)で知りました。そちらの写真がキレイです。他には、ゆりかもめの向こうに東京ビッグサイトとか、近くのビルの上を飛ぶ飛行機なんかも見ることが出来ます。c0105785_9492583.jpgc0105785_9493798.jpg
下に降りて、屋外展示物を見学。c0105785_9525036.jpgc0105785_953314.jpg
灯台や丸っこい海底ハウス、大型スクリュープロペラなど、色々展示してありました。そして、日本船舶振興会といえば「一日一善」でおなじみのこの方。
c0105785_9564614.jpg
船の科学館には別館もあります。その役目を終えて、パビリオン船となっている青函連絡船の羊蹄丸(ようていまる)と、南極観測船・宗谷(そうや)です。
c0105785_9595145.jpg
こちらも本館の入場券提示で見学OKです。ここが結構良かった~。
c0105785_1045324.jpg
ただ、本館には展望台もあるのに気付かず、上って来れなかったのが悔やまれます。皆さんは是非ぬかりなきよう!せっかく天気良かったのに~。くぅ~。



[PR]
by mdegu | 2007-11-01 10:03 | 科学館

45. 日本科学未来館

昨日の嵐が嘘のような晴天。フェーン現象で暑いし。そんなわけで、今日はお台場でぐるっとして来ました。ゆりかもめに乗ってテレコムセンターで下車。駅から日本科学未来館へは歩いて4分。
c0105785_2111510.jpg
2001年7月に開館した比較的新しい施設ですが、すっごいキレイでした。もっと新しいみたい。
c0105785_21165099.jpg
ガラス張りの館内は開放的でとても明るいです。
c0105785_2119153.jpg
施設の性格上、家族連れが多かったですね。

c0105785_2125180.jpg常設展の他に、企画展もあります。現在、『地下展 UNDERGROUND-空想と科学がもたらす闇の冒険』が開催中。ちょっと興味もあったんですがこちらは割引券なので、ケチな私たちは常設展のみ見学。

7階建てなので、とりあえず上から下りてくる形で見学することに。6~7階は、ドームシアターGAIAです。私たちは見ませんでしたが、鑑賞は予約制です。
c0105785_2136425.jpgc0105785_21362059.jpg
窓からは東京湾と、ご近所の船の科学館が見えます。雲の形が、船から煙が出てるみたいに見えるなぁ。
c0105785_9401361.jpg
入りませんでしたが、7階にあるレストランからは東京タワーやレインボーブリッジを見ながらお食事が出来るようでした。

5階に下りて、EX4『生命の科学と人間』、EX5『地球環境とフロンティア』を見学。社会科見学ばりのお勉強ゾーンでした。ちょっと難しかったかなー?
c0105785_21471937.jpg
入口は自動改札みたいになっていて、入場券についてる2次元バーコードをかざすと入れる仕組みになってます。c0105785_2152526.jpgc0105785_2152182.jpg

展示にも色々ハイテクがちりばめられているので、子供連れだとホントいいかも。体験ものが多いので、小さい子が走り回ってました。

続いて3階のEX2『技術革新と未来』、EX3『情報科学技術と社会』を見学。c0105785_21562146.jpgc0105785_21563645.jpg
こちらは更にお子様大興奮の遊べる体験モノが盛りだくさん。でも私が一番気に入った展示は、大きな地球とリニアモーターカーの模型。
c0105785_21585734.jpg
2人共思い思いに展示を見て回ってたんですが、たまに遭遇するHさんも色々いじったりしてました。左は何やってるかわかんなかったけど、右は癒し系ロボットのパロ。色んな意味でビミョーな感じがたまりません。c0105785_9194667.jpgc0105785_920071.jpg
パロは購入も可能なようです。こーいうのってどれくらいするんだろうと思って調べてみました。メンテナンス付き、3年保障で税込み42万円だそうです。メンテなしだと35万円。
c0105785_934033.jpg
まゆげもりりしいパロですが、白の他に金色(といっても生成りみたいな色だったけど)バージョンもあるそうです。ご参考までに。

ホンダの二足歩行ロボット、アシモも展示中。こちらはパロと違ってペットではないので、派遣社員感覚でレンタル出来るようです。
c0105785_9481154.jpg
気になるお値段ですが、催事などのイベントレンタルは基本1日157万5千円だそうですが、年間契約だと1年2千万円だそうです。こちらも、ご参考まで。

テレビでしか見たことがないロボットが見れたこともあって、楽しかったです。
c0105785_9535169.jpg
科学技術の進歩って、私が生きている間にどれくらいのことまで出来るようになるんだろう。



[PR]
by mdegu | 2007-10-28 21:59 | 科学館