日々のお散歩の記録です。 毎日ちくちく更新中。     コメント大歓迎です。


by mdegu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:橋( 9 )

29. 清洲橋と新大橋

隅田川は23kmの長い川なので、架かる橋は大きいものが多いです。その内隣り合う2本の橋が新東京百景として選定されています。1本目は黄色が印象的な新大橋。その歴史は古く、隅田川3番目に架けられたんだそうです。元々「大橋」と呼ばれていた両国橋の次に架けられたのでその名が付いたようです。
c0105785_11554087.jpg
橋の上はしっかりしたコンクリートの道路になってます。
c0105785_1157621.jpg
続いて水色がさわやかな清洲橋。ドイツのライン川に架かるビンデンブルグ橋をモデルに造られた橋で、隅田川に架かる橋の中で最も美しいと言われています。
c0105785_1205120.jpg
清洲橋といえばこのリベットがいいんですよね~。
c0105785_1235222.jpg
その形状から、新大橋は男性的、清洲橋は女性的と言われています。
c0105785_1264357.jpg
隅田川の橋は特徴的なものも多いので、橋めぐりをしても楽しそう。



[PR]
by mdegu | 2009-07-18 08:31 |
毎年この時期に行われる嵐山もみじまつりも今年で62回目。雨天中止のおまつりですが、かろうじて開催されました。コレ見るために嵐山に来たから、ほんとよかった…。もみじまつりで何するのかっていうと、要は色んな種類の船あそびが鑑賞出来ますっていう行事なんです。
c0105785_948675.jpg
会場は渡月橋の上流部分。午前の部と午後の部に分かれているので、1日やってる感じです。私たちは帰ってしまいましたが、午後には島原大夫の道中なんかも見ることが出来ます。紅葉はまだ始まったばかりですが、

橋からも遠目に見ることが出来ますが、私たちも近くで見るべく、橋を渡って会場へ。人力車も今日はなかなかお客さんが捕まらないようです。
c0105785_9541240.jpg
寒さに助けられて、こちらは大繁盛。
c0105785_9552980.jpg
会場に近づくにつれて、船もよく見えるようになってきました。
c0105785_958218.jpg
船の上は寒そうだな~。

ほどなく会場に到着。
c0105785_1021175.jpg
そして、おまつりの内容はこちら。船は午前6種類、午後11種類出るようです。
c0105785_1043682.jpg
私たちが到着した時、ちょうど嵯峨大念仏狂言船にて『土蜘蛛』が上演されていました。蜘蛛だから糸がぴしゃーって出ます。風もいい感じに吹いててとてもキレイ。ビジュアル的にも面白いです。
c0105785_1091513.jpg
退治されまいと、必死に抵抗する土蜘蛛さん。向こうの船頭のおにいちゃんも真剣に見守っています。
c0105785_10173368.jpg
ていっ。
c0105785_10194145.jpg
おりゃもう一発!
c0105785_10202016.jpg
もうぐっちゃぐちゃ。
c0105785_10213673.jpg
ひどいよー。なにすんだよー!
c0105785_10222955.jpg
うりゃっ。これでもくらえぃ!
c0105785_10232297.jpg
…てな具合に物語は進行していましたが、どうみても土蜘蛛優勢にしか見えません。これ、退治される話なんですよね?

一番興味深かったのは狂言船ですが、次に気になったのが今様船。動きの激しい狂言船は停泊しての上演でしたが、こちらは船の上で舞ってます。
c0105785_10502599.jpg
3つ目は、お琴を弾いている筝曲小督船。
c0105785_10552171.jpg
京楓流いけばな船。衣裳が一番華やかでした。
c0105785_10593854.jpg
水戸黄門様らしき人が乗った、東映太秦映画村船。
c0105785_110252.jpg
平安管弦船。てなわけで、一応全部確認出来ました。
c0105785_113448.jpg
おそらく保津川下りをされたお客さんたちが、ここで下船。ボートに乗ってる一般人もいたりして、そんなに厳しい規制もないみたい。
c0105785_119172.jpg
川幅が広いせいもあってか、とても見やすかったです。

一通り船も見たので帰ることにして、渡月橋方面へ戻る私たち。天気は悪いけど、橋の周りは相変わらず賑やかです。
c0105785_11154842.jpg
橋に着くまでに、Hさんは中国人と思われるおじちゃんに写真撮影を頼まれ、私は韓国人と思われるおにいちゃんが落とした財布を届けたりしてから、JRの駅へと向かうのでした。
c0105785_11174380.jpg
さすがに小腹の空いたHさんは、コロッケなんかをつまみ食ってました。私も一口もらいましたが、揚げたてなのでおいしかったです。
[PR]
by mdegu | 2008-11-09 14:06 |

9. 日本橋

お江戸といえば日本橋。日本で一番有名な橋なんじゃないかと思います(多分)。新東京百景の1つにも数えられているので、日本橋川散歩の途中に橋も見学してきました。
c0105785_932614.jpg
さすが五街道の起点なだけあって、大きくて広い橋です。また、三越側の橋のたもとには道路元標があって、その歴史に触れることも出来ます。
c0105785_9425960.jpg
この道路元標は複製で、元は橋の中央にあるんだそうです。車道のど真ん中なのでそこまでは確認してきませんでしたが、そのうち探してみたいと思います。歩道からだけどさ。c0105785_9465388.jpgc0105785_947515.jpg
ちなみに、主要都市への里程標もあります。 ※「粁」は「キロメートル」と読みます。
c0105785_9543437.jpg
昔の人たちはこの距離をほとんど徒歩移動だもんなー。すごすぎる。

日本橋はルネサンス様式の石造二連アーチ橋です。橋脚に書かれた「にほんばし」と「日本橋」の字は、江戸幕府最後の将軍、徳川慶喜公筆。その上にいるのは狛犬みたいだけど、持ってるものが玉とかじゃないし、なんか西洋風。c0105785_10122276.jpgc0105785_10123581.jpg
そして、中央には龍がいたりもします。上に高速道路が走ってるんだけど、ここだけ光が当たっていい感じ。
c0105785_10144216.jpg
屋根の下にちょこんと座ってるから、ここが巣みたい。
c0105785_1020752.jpg
でもなんでルネサンス?日本橋なんだから、和風でいいじゃん。

日本橋の周りにあった気になるもの。滝の広場。
c0105785_10291972.jpg
日本橋魚市場発祥の地。
c0105785_10324018.jpg
ここにも龍はっけーん。
c0105785_10441055.jpg
だからなんでルネサンス…(しつこい)。
c0105785_1045122.jpg
ハトの多さも気になるところです。



[PR]
by mdegu | 2008-10-25 19:49 |

上野毛富士見橋

多摩川沿いには富士見スポットが多いんですが、上野毛の五島美術館近くの富士見橋もその1つ。
c0105785_11563654.jpg
上野毛の富士見橋は、東急大井町線の上野毛駅と二子玉川駅の間に架かる橋で、関東の富士見百景にも選ばれています。
c0105785_11572979.jpg
この日は本当に空気が澄んでいて、富士山もくっきりはっきり見えました。
c0105785_1221036.jpg
中央部分に走っているのは東急田園都市線です。おもちゃみたいに小さいけど、わかるかな~?
c0105785_1273135.jpg
ここからは橋の下を通る大井町線だけでなく、奥の方には南北に走る田園都市線も見えるので、鉄道と富士山っていう構図がちょっと新鮮です。
c0105785_1285287.jpg
道ゆく人たちも、足を止めて眺めていました。
c0105785_12101875.jpg
住宅街にひっそりとある富士見スポットですが、ご近所の方ご自慢の場所なんだと思います。
[PR]
by mdegu | 2008-08-12 11:56 |

76. 新二子橋からの眺め

今朝方Hさんが、最寄り駅のホームから富士山が最近で一番よく見えるとメールで教えてくれたので、掃除を洗濯を済ませてから、多摩川にかかる新二子橋に富士山を見に行って来ました。

名前にもあるように、最寄り駅は東急の二子玉川駅。うちからは電車の便が悪いので、成城学園駅からバスに乗って行きました。諏訪神社前の二子玉川緑地前駅で降りると、橋はすぐそこ。神社脇の道から橋の上に向かう歩道があるので、とりあえずはここを上ります。
c0105785_14542067.jpg
まずは西側の眺めから。多摩川の脇には、平行して野川が流れています。右手にちっちゃくバスが見えますが、私もこの路線のバス乗って来ました。
c0105785_1504789.jpg
野川と多摩川の間には二子玉川緑地運動場が広がっています。
c0105785_15222994.jpg
冬だから殺風景だけど、夏場は緑がもうちょっとキレイです。花みず木フェスタの頃の緑地はこんなでした。
c0105785_15292670.jpg
多摩川の先に見えるお隣の赤い橋は、東名多摩川橋。
c0105785_15405535.jpg
今日はほんとにお天気が良くて、遠くの山並みもいつになくくっきり見えます。多摩川は東京と神奈川の境になっているんですが、橋中央部分のこの辺りからは富士山がよく見えるんです。
c0105785_15441078.jpg
富士山ズームアップ。
c0105785_15472445.jpg
ここも電線が邪魔するなぁ。でもまぁ、キレイに見えてますね。

橋を渡りきって下に降り、今度は東側を歩いて戻ります。この先は川崎市なんですねー。
c0105785_15542475.jpg
川崎市側にある多摩川緑地から二子玉川駅方面。緑地とは言え、時期的にこっちも全然緑じゃないけどね。
c0105785_15562812.jpg
お隣の二子橋と東急田園都市線の陸橋。
c0105785_15594065.jpg
多摩川もゆったり流れてました。
c0105785_1624322.jpg
県境を再び通過。
c0105785_165126.jpg
こっちもすっかり緑のなくなった兵庫島と二子玉川駅。
c0105785_1674029.jpg
野川はこの先、二子玉川駅の東にある玉川1丁目あたりで多摩川に合流します。
c0105785_16102390.jpg
ここで橋は終了。富士山に別れを告げて橋を後にしました。
c0105785_161525.jpg
橋の先には玉川高島屋。
c0105785_1616223.jpg
橋の上からの眺めは、せたがや百景に選ばれているだけあって、街中とはいえとても開放的で雄大。やっぱ大きい川っていいですね。新二子橋も今年の6月で架橋30周年だそうです。
c0105785_16202911.jpg
それにしても、吹きっさらしで寒かった~!
[PR]
by mdegu | 2008-02-18 16:24 |
富士山の見える世田谷区岡本三丁目の坂道を下ると、仙川が流れています。坂のすぐ下にかかる橋は西谷戸橋ですが、その隣に水神橋というのがあります。
c0105785_825230.jpg
周辺住民の生活用水として利用されてきた川なので、大事にされていたようですね。橋のたもとには水神様が祀られていると記してありましたが、どこにあるか発見できませんでした。写真は左が野川方面で、右が砧方面。c0105785_8331420.jpgc0105785_8332071.jpg
昔は氾濫もしたりしてたそうです。現在の穏やかな川からは想像がつきません。
c0105785_9111459.jpg
治水って大切だなぁ。

仙川は水神橋で丸子川に分かれています。
c0105785_8442424.jpg
すぐ側にある小さい木橋がかかっているのが丸子川で、ここを渡って北の方にいくと、玉川幼稚園のピンクの屋根が見えてきます。
c0105785_846753.jpg
何故幼稚園がせたがや百景に選ばれているかというと、お隣に2・26事件で殺害された蔵相高橋是清の別邸があったそうでその関係らしいですが、残念ながら現在は建物はありません。
c0105785_855770.jpg
説明も見当たらないので、幼稚園の玄関先でお掃除をされていた職員さんにお話を伺った所、幼稚園の敷地内で写真を撮らせて下さいました。もうちょっと奥まで入ってもいいよと言って下さったんですが、部外者が入るのも申し訳ないので、門のあたりで建物をぱちり。ちなみに高橋是清邸があったのは、お隣のこちらだそうです。
c0105785_8585869.jpg
西部警察のロケにも使われたことがあるともおっしゃってました。うーん残念。建物自体は、この前行った小金井公園内にあったたてもの園に移築されてカフェとして利用されてたのがそうみたいなので、後は想像するしかないですね。

仙川沿いはいいお散歩コースにもなってるようで、こんな看板もありました。
c0105785_96303.jpg
水辺を歩くのも好きなので、ルートだけは色々考えてある私。
c0105785_98842.jpg
桜の時期あたりにでも世田谷の川散歩とかしてみたいもんです。
[PR]
by mdegu | 2008-01-07 09:12 |
いよいよ東京も入梅ですね。
今年は明けるのが早いそうなので、今から夏の暑さが憂鬱です…。

c0105785_9133695.jpg小田急成城学園前駅を西口から出てまっすぐ行くと、小田急線の線路をまたいでかかっている富士見橋と不動橋があります。橋はその名の通り富士見スポットになっており、関東の富士見百景にも選定されています。
富士見橋からの眺めです。
c0105785_9165699.jpg
せたがや百景の1つでもあるので、富士見橋の上には覗き枠なんかも設置されています。この日は空気が澄んでいたので、富士山もくっきりと見ることが出来ました。富士見橋自体も、両サイドに手入れされた花壇があり、キレイです。
c0105785_9224630.jpg
不動橋は、富士見橋の西側のお隣にあります。近くに喜多見不動尊があるので、そこから取った名前のようです。
c0105785_9255914.jpg
工事用のコーンが置いてあったので、こちらの橋も整備するんでしょうね。
富士見橋と平行に架かっているので、当然こちらも見晴らし最高。
c0105785_929293.jpg
ちなみに橋の下はこんな風になってるんですが、ずっとマンションとか建っちゃうのかなぁと思っていたら、なんとレンタル農場になってました。
c0105785_9322395.jpg
都会に農場…これからのライフスタイルなんでしょうかね。会員になると使える施設も充実しているようですよ。

お急ぎの方は、橋までいかずとも成城学園前駅の西口からも富士山を見ることが出来ます。
c0105785_9372185.jpg
一応、枠付き?
[PR]
by mdegu | 2007-06-14 09:38 |

67. 東名高速の橋

c0105785_8553149.jpg大蔵運動公園砧公園の間の道を南に行ったところに、公園橋という名前の東名高速にかかる橋があり、橋からの眺めがせたがや百景に選定されています。
この橋を渡ってまっすぐ南下すると、岡本民家園あたりを通って多摩川に行き当たります。距離にして1Km強くらいでしょうか?
c0105785_8575057.jpg
橋からの眺め。
東に向かう用賀・世田谷方面と、西に向かう喜多見・多摩区方面です。c0105785_943155.jpgc0105785_943835.jpg
今まで気づかなかったのですが、このあたりの壁面を覆っている植物は、野生の藤でした。
c0105785_9111564.jpg
藤は棚になって手入れされているものしか見たことがなかったので、このこんもり具合、かなり新鮮です。歩道も狭いので、お花見をするにはかなり危険ですが、立派な藤でした。

藤で壁面緑化…新しい。
c0105785_9143086.jpg
橋の反対側から、2つの公園方面を臨む。奥の歩道橋は、公園同士を結ぶ青空橋です。(右手が砧公園)
c0105785_9172018.jpg
夜は、行き交う車のヘッドライトが美しいそうですよ。アブないけどね。
[PR]
by mdegu | 2007-06-07 09:18 |

1. 二重橋と皇居外苑

c0105785_17493210.jpg予想最高気温17度。
まさにお出かけ日和です。
(実際は、15度くらいだったらしいですが。)
せっかくの小春日和なので、のんびり歩きたいと思い、皇居に行って来ました。

千代田線の二重橋駅で下車。
皇居は非常に大きいので、方向音痴の私でも迷うことなく到着。(当たり前か)

c0105785_17511011.jpg皇居外苑です。
広いですね。
ここを真っ直ぐ進むと、左前方に二重橋があります。
c0105785_17591620.jpg
ツアーの団体さんがいて、写真を撮ってました。
しかし、中国語と韓国語の嵐!
天皇制などに嫌悪感がある方たちが多いイメージがあったので、ちょっとびっくり。皇居って言っても、今ではただの観光名所っていえばそうなんですけどね。
でも、みなさん割と楽しそうにされてたので、なんとなくほっとしました。

向かって左手に進むと、有名な桜田門があります。
右側の写真は、重要文化財の外桜田門です。
c0105785_1854515.jpgc0105785_185535.jpg
お濠の周りは、マラソンする人たちやお散歩する人たちが数多く行き交っていました。自然ではないけれど、水辺って落ち着きます。



[PR]
by mdegu | 2007-01-31 18:13 |