日々のお散歩の記録です。 毎日ちくちく更新中。     コメント大歓迎です。


by mdegu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:施設( 30 )

初島アイランドリゾート

周遊道を進んで、灯台の次に寄ったのが初島アイランドリゾート。「島」をテーマにしたリゾートエリアです。入場料が800円かかるんですが、私たちはイルドバカンス号の往復乗船券とのセット券を買っていたのでそれを提示。
c0105785_18251747.jpg
中に入ると、南国風の庭園が広がっています。ここがアジアンガーデンR-Asiaです。くつろいでるお客さんも数人見受けられます。
c0105785_19283973.jpg
生えてる植物は南の島を彷彿とさせるものばかり。私の好きな温室もありました。
c0105785_14541071.jpg
寄ろうと思ったらメンテ中とかで入れません。お散歩中なので空いてたハンモックもスルーしてそのまま先へ進みました。c0105785_1455473.jpgc0105785_14551378.jpg
温室は入らなかったけど、灯台の上からも見えたリュウゼツランの群生地がすごかったです。
c0105785_1541883.jpg
これがテキーラの原料か…。

更に先に進むと、ゴーカートのコースなんかもありました。人っ子一人いなかったですけどね。
c0105785_155320.jpg
この辺ちょっと小高いので、富士山も見ることが出来て、まあいいかって感じです。
c0105785_1555562.jpg
あと、あちらこちらにゴクラクチョウカが咲き乱れておりました。
c0105785_1573553.jpg
東京でもちょこちょこ見かけるけど、沢山あって見応えありましたよ。



[PR]
by mdegu | 2009-07-04 19:50 | 施設

初島灯台

初島ぐるりの旅に出た私たちの最初の寄り道は初島灯台。昭和34年に設置され、平成19年3月にリニューアルオープンしました。登れる灯台としては、日本で15番目だそうです。
c0105785_16231783.jpg
入口のドアも開いていたので、早速登ってみることにしました。
c0105785_16423234.jpg
らせん階段をのぼって、展望台へ。c0105785_16434147.jpgc0105785_16435070.jpg
島で多分一番高い建物なので、見晴らしは最高。この日は天気も良かったので、すこしぼんやりしてはいましたが富士山も見えてました。
c0105785_16454085.jpg
スタート地点のエクシブ。
c0105785_1812875.jpg
次の目的地、アイランドリゾート一帯。
c0105785_18124518.jpg
その前に下にある展示室に寄って行こうっと。
c0105785_18134838.jpg
ちっちゃい灯台だったけど、あまり高さがないからコワくなかった。
c0105785_18143816.jpg
登るのもラクだし、これくらいのもいいですね。



[PR]
by mdegu | 2009-07-02 17:59 | 施設

本家オランダ館

香りの家オランダ館の次は、またしてもオランダがテーマの本家オランダ館。当時はオランダとの貿易も盛んだったせいか、オランダがらみが多いですな。ここに至る坂の名前も「おらんだ坂」だしさ。
c0105785_21265270.jpg
そして、坂の中腹にあるこちらのお家にお住まいだったエリオンさんもオランダの貿易商だったそうです。1982年まではお姉さんが住んでらしたそうですが、お亡くなりになった現在は公開異人館となっている次第です。
c0105785_2131545.jpg
私が入館した時は、ラッキーなことにタイムサービス中。看板にあるように、普段500円の入館料が300円に値引きされていました。やったね~。

受付でチケットを買ったら、商店街の喫茶店の食券みたいな半券をくれました。「学」って書いてある所を見ると、学割チケットの使い回しなのかも。
c0105785_21415187.jpg
まーでも安いのは嬉しいよねってことで中へ。お庭はオランダらしく、風車とチューリップです。
c0105785_21432090.jpg
入口はこちら。また、オランダの衣装もタダで着ることが出来るので、女性の方は割と皆さん着て撮影されてました。皆さんグループで来てるからってのもありますが、私なんて1人なのに着ちゃったもんね。か、係のおねーさんが上手く乗せるもんで、つい…。c0105785_21474188.jpgc0105785_21475216.jpg
年がいもなくすんませんー!でもオバちゃんも着てたよ!(人のせいにしない!) …それはそうと、アレだね。中国の人はすごいね。なりきり度合が突き抜けてて、ある意味感動を覚えました。

内部ですが、1階部分は休憩所と衣装室で終わり、みたいな感じでした。撮影終了後、着替えて2階へ移動。
c0105785_2155468.jpg
お部屋も少なくて、一番大きい部屋は記念撮影ポイントみたいになってました。この後ろに置かれたでっかい絵がまた立派なんですが、これはロッテムダム市より寄贈を受けたデリフデ号の水彩画です。
c0105785_21562845.jpg
神戸の中心部や大阪湾が眺望出来るという触れ込みのテラス。晴れてると、和歌山や淡路島まで見えるそうです。
c0105785_2215527.jpg
とりあえず、ホテルオークラとポートタワーは確認。
c0105785_22102823.jpg
目の前の木の陰になって、あまりよく見えない気がするんだが…。

1階に降りて、休憩所で一休み。
c0105785_9353773.jpg
こちらで無料のウーロン茶を頂きました。
c0105785_941370.jpg
ちょっと薄暗かったので、飾ってあったステンドグラスのあかりがいい感じ。c0105785_9433067.jpgc0105785_9434186.jpg
この手作り感がなんとも。貼ってあったポスターで知ったんですが、2008年と2009年は「日本オランダ年」なんですね。
c0105785_102640.jpg
私の記憶が正しければ、オランダってやたらと背の高い人の国です。一度行ってみたいなぁ…。ガリバー旅行記体験出来るかも。

休憩後、少しお庭も見学。訪れたのが3月だったので、チューリップ花盛りです。
c0105785_9463586.jpg
入る時気付かなかったけど、教会っぽいのもありました。ここで結婚式とかやったりもするのかな。どーせするなら、チューリップの時期がいいよね。c0105785_9524086.jpgc0105785_9525238.jpg
館内に見どころってのは少なかったけど、みんなで衣装着てお茶休憩も出来て300円ならまあ納得の範囲かなー。500円だとちょっと高い気がする。
c0105785_9543169.jpg
それにしてもこの木靴、年季入ってるねぇ。



[PR]
by mdegu | 2009-05-31 19:47 | 施設

デンマーク館

ウィーン・オーストリアの家に続いて、同じくテーマ館で敷地内に隣接しているデンマーク館を見学。
c0105785_111841.jpg
パスポートに入館のハンコをついてもらって中に入ります。
c0105785_11204889.jpg
こちらの建物もまるっこくて可愛い感じ。
c0105785_11225811.jpg
北欧の玄関口かー。私の知らない世界だよなー。

このまるっこい建物がどう使われているのかというと、2階建てになっていて、部屋の区切りのない吹き抜け状態。中央部分に少し大きめの船の模型が吊るされており、バイキング人形が飾ってあります。
c0105785_11275030.jpg
内容はバイキングの歴史と生活、童話作家アンデルセンについてが柱なようです。壁沿いに配置された展示物をぐるっと見て回る感じ。アンデルセンについては、映像コーナーもありました。c0105785_11344978.jpgc0105785_1136494.jpg
入口のグッズ販売所にもあったけど、なぜかムーミングッズの展示も。ムーミンはフィンランドなのでは…?

同じ北欧だからいいのかなと思いつつ、2階へ移動。
c0105785_11411256.jpg
2階も同じような展示形態です。
c0105785_11432271.jpg
アンデルセンの仕事場再現コーナー。なかなかいい書斎です。
c0105785_11453323.jpg
バイキングの家の模型があったり、服装展示もあって楽しめました。バイキングはスカンディナヴィア半島全域に暮らしていた人たちのことなので、デンマークだけでなくノルウェーやスウェーデンの人たちも含まれます。
c0105785_1147717.jpg
バイキングと言えば思いだすのが「バイキング料理」ですが、あの形式(いわゆる食べ放題)をバイキングっていうの、日本だけみたいですね。なんでも始まりは帝国ホテルなんだそうです。ビュッフェっていうのが普通みたいです。日本じゃ両方使うけど。
c0105785_11582392.jpg
帝国ホテルがスカンディナヴィアの伝統料理「スモーガスボード」専門レストランを「インペリアル・バイキング」と名付けたことからだそうですよ。現在も営業中みたいなので、一度行ってみたいもんです。

2階見学後、下に降りて記念スタンプをぺたん。
c0105785_125256.jpg
バイキングとアンデルセンにちょっと詳しくなりました。アンデルセンって北欧の人だったんですね。
c0105785_1264798.jpg
国も時代も通り越して、21世紀に日本人の私が読んでも楽しめる物語を書けるとは、なんてすごい作家なんだアンデルセン。今までどこの国の人か知らなくてすみません。反省しつつ、次の目的地へ向かう私。
c0105785_1285665.jpg
ここからもポートタワーが見えましたよ。



[PR]
by mdegu | 2009-05-28 11:47 | 施設
c0105785_13242918.jpg北野の異人館街は、外国人が住んでいた住宅を公開している「公開異人館」と、それぞれの国をテーマとした「テーマ館」の2種類の施設で構成されています。神戸北野美術館に続いて、黄色い割引パスポート片手に、前回は訪れなかったテーマ館をめぐります。
まずはその「テーマ館」の1つであるウィーン・オーストリアの家から。
c0105785_1381172.jpg
入館はこちらから。
c0105785_1330183.jpg
なんか眠そうな受付のおねーさんにハンコをついてもらって中に入ります。
c0105785_1331357.jpg
建物はこの写真のように円筒形の変わった形をしていますが、これはウィーンの博物館風なんだそうです。
c0105785_1019218.jpg
美術館や博物館が多数存在する芸術の都…素敵なんだろうなぁ。

中に入ると、薄暗いお部屋が続きます。手前の胸像は、多分日本で一番有名なオーストリア人であろうモーツァルト。人気も実力も兼ね備えた、世界的にみても偉大な作曲家の1人です。
c0105785_10242990.jpg
館内はモーツァルトとその時代、18世紀ウィーンの生活についての展示がメインでした。布が多い感じの服装です。古いけどおしゃれですねぇ。
c0105785_1029633.jpg
モーツァルトの部屋を再現したスペースもありました。いつの時代のか確認して来なかったけど、案外質素です。もっとぶわーっとしたきらびやかな部屋(どんなやねん)かと思ったので意外でした。
c0105785_10351544.jpg
その隣が、一般市民の部屋かな。家具とか可愛い。色合いがあったかくて落ち着くお部屋です。
c0105785_10395976.jpg
ここで一周して、記念スタンプをパスポートに押して外に出ます。
c0105785_10534653.jpg
こういうスタンプラリー的なもの、好きなんですよね…。

展示はお隣の建物にもあります。
c0105785_111066.jpg
こちらでは、モーツァルト考案と言われているフォルテピアノの複製があり、展示はこれで終了。
c0105785_1124955.jpg
下に降りた所はオープンカフェとなっており、日本ではここでしかお目にかかれない「インペリアル・トルテ」を食べることが出来ます。
c0105785_1155992.jpg
階段横のお店で持ち帰り品も買えますが、いちいち食べてたらキリないので私は次へ移動することに。
c0105785_1181750.jpg
カフェには無料で入れるので、休憩にいかがですか。現地に行けない方は、地方発送もあるようですよ。



[PR]
by mdegu | 2009-05-27 12:23 | 施設
ホテルのチェックアウトが正午だったので、その前に造幣局の桜の通り抜けに行って来ました。川沿いの道も桜並木になっていて、更には屋台がずらりと並んでいます。
c0105785_9324329.jpg
まだ9時半前だったってこともあって、屋台はほとんどが準備中。でも座敷なんかもあって、これから賑やかになるんだろうな~って雰囲気満々です。c0105785_9351771.jpgc0105785_9352897.jpg
ここはもう始まってるのかな?
c0105785_9364891.jpg
店番のワンちゃんが可愛いぜ…。

しばらく歩いて、南門に到着。既にすごい人です。
c0105785_938577.jpg
造幣局の桜見物は、「通り抜け」なので一方通行。南門から北門まで、約560mの桜並木を左右に見ながらのお散歩コースです。
c0105785_940429.jpg
入ってすぐ脇の所に、造幣局ならではのお土産コーナー発見。造幣局の製品といえば、当然おカネですな。こんな桜にちなんだ硬貨も売ってました。c0105785_9461184.jpgc0105785_9462146.jpg
そして、メイン通路はこんなことになってます。ああ、すごいなこれ。前が見えないや。
c0105785_948735.jpg
今年の桜は126種348本。桜って、そんなに種類のあるもんだったのね。時期的に終わってるものもあったけど、八重桜系がいい感じ。関山は満開でした。
c0105785_953560.jpg
花弁が多いとゴージャスですね。

中門通過。丁度中間地点くらいです。
c0105785_10204167.jpg
人も桜もますます増加な感じだねぇ。
c0105785_102145.jpg
ここで遭遇、今年の桜「平野撫子」。造幣局では毎年1種類をクローズアップした「今年の桜」を決めているのです。
c0105785_10212471.jpg
平野撫子は、京都の平野神社がルーツの桜。先ほど紹介した桜のコインの意匠にもなっています。

レンガ造りの貨幣博物館も通過。
c0105785_10263934.jpg
ここ過ぎた辺りで人だかり。何かと思ったら緑の桜で、御衣黄って書いてありました。見つけると、ちょっと得した気分になる桜です。個人的に。
c0105785_10275650.jpg
全体像こんなですもんね。
c0105785_1046710.jpg
終わりかけだから中央に紅い線入ってるけど、桜=ピンク系っていう常識を覆してくれた、なんとなく勇気をもらえる桜なのですよ。

そんなこんなで通り抜けもあと70mだそうです。
c0105785_10481314.jpg
人ゴミの中をもくもくと進むHさん。終始無言なのが気になるところです。
c0105785_10493817.jpg
最後に説明の碑を読んで通り抜けも無事終了。
c0105785_10503939.jpg
北門から外に出てホテルに戻りました。
c0105785_10511967.jpg
桜の木にはそれぞれ和歌の短冊が掛けられていて、これもまた良かったです。
c0105785_1053275.jpg
夜はライトアップされるので、こりゃまた混みそうですな。



[PR]
by mdegu | 2009-04-19 18:07 | 施設

ならまち格子の家

ならまち散歩の途中、ならまち格子の家を見学して来ました。
c0105785_10245362.jpg
入場は無料なので、早速中に入ってみます。ブレてしまいましたが、入ってすぐの「みせの間」(通りに面したお部屋)に飾られていた屏風絵は鹿。
c0105785_9153255.jpg
靴を脱いで上に上がることも出来ます。「中の間」にある階段箪笥を上って2階にあがります。説明には「箱階段」ってありましたが、憧れますねーこの造り。c0105785_9293610.jpgc0105785_9294463.jpg
下に降りて「奥の間」へ。こちらは展示室になっていて、反対側には町家の説明パネルもありました。
c0105785_9332823.jpg
続いて「中庭」。狭いながらも風情のあるお庭です。次のお部屋が「離れ」と呼ばれているのは、間にお庭を挟むからなんですね。
c0105785_9382762.jpg
離れから通り方向をのぞむ。トイレやらお風呂なんかは、お庭を通る渡り廊下にあるようです。
c0105785_9431693.jpg
そして、一番奥まった所には「蔵」があります。
c0105785_9444469.jpg
確かに居住スペースには収納が少ない気ががします。蔵、必須かも。

日本家屋ってこともありますが、木が沢山使われている空間ってやっぱり落ち着きます。調度品も大抵木製であったかいイメージだし。床の間に季節の飾りものっていうのがまたいいですよね~。c0105785_947985.jpgc0105785_9471845.jpg
町家といえば京都をイメージしますが、何も京都の専売特許じゃないんですね。
c0105785_949506.jpg
「こんなとこ住みたい」って思うくらい素敵でした。



[PR]
by mdegu | 2009-02-16 08:38 | 施設
京都駅では、南北自由通路にあるJR伊勢丹前のこのスペースでしょっちゅうイベントが開催されています。私たちが彦根旅行へ行くひと月半前の9月下旬、このスペースで「びわこキャンペーン」なる琵琶湖をアピールする観光イベントが開催されていました。
c0105785_1293278.jpg
Hさんともその内彦根城に行こうという話をしていたので、情報収集のため、たまたま見かけたこのキャンペーンブースに立ち寄りました。
c0105785_12213256.jpg
正面には井伊の赤備えが展示してあったんだけど、ちょっとコワいよね…。

彦根近辺のちらしを集めたりしてると、赤備えの反対側にこんな告知を発見。なんとっ。ひこにゃんが来る!?…で、時間を見ると12時32分。そうか、だから急激に人がいなくなったのか…。でも、キャンペーン期間の4日間くらいは毎日来るようなので、翌日にひこにゃん見てきました。
c0105785_953787.jpg
で、翌日のお昼。時間通りに行ったら既に人だかりが。ひこにゃんも来てる。ビンゴとかやるみたいでしたが、私は来る時間が遅すぎたようで、ビンゴの紙がもらえませんでした…。
c0105785_9105459.jpg
ビンゴマシーンのボタンを押す大役を一生懸命にこなすひこにゃん。ソデにいるお姉さんたちは、進行役の彦根お城大使です。
c0105785_9135181.jpg
番号を確認。
c0105785_915938.jpg
踊って場つなぎをするひこにゃん。c0105785_921425.jpgc0105785_9215135.jpg
ビンゴ当選者のおじいちゃん。彦根グッズが頂けるようでした。
c0105785_9254738.jpg
おじいちゃん好きみたいで、なかなか手を放さなかったです。大使のおねーさんに突っ込まれてました。

この後、お客さんから差し入れなんかも貰ってたりして、すっかりアイドルです。
c0105785_9305481.jpg
子供からもお菓子もらってましたが、おちょくられてて可愛かった…。
c0105785_930366.jpg
お菓子ばっか貰ってるので、お姉さんから「これ以上食べたら更にメタボになるよ?」とかブラックな突っ込みされてました。お姉さん、案外キビしいです。隣にいたお酒をお召しとおぼしき妙齢のおじさま方からも、「ひこにゃん、仲間やのぅ~」とか言われてたし。

ビンゴも無事終了して、挨拶をするひこにゃん。正座もして、礼儀正しいです。c0105785_9363079.jpgc0105785_936413.jpg
ばいばーい。
c0105785_93803.jpg
って、どこ行くんだ?夕方またあるけど、琵琶湖線乗って帰るんか?と思ったら、横にあった仮設ルームに消えていくのでした。c0105785_9401534.jpgc0105785_940276.jpg
ひこにゃん退場後は、グッズ売り場が大人気。さっきの男の子もぬいぐるみとか見てました。
c0105785_9415553.jpg
私もついストラップ買っちゃった。
c0105785_9432417.jpg
商売上手ね、ひこにゃん…。



[PR]
by mdegu | 2008-12-05 12:09 | 施設
タワーホールの展望台を堪能した後は、船堀駅から都営新宿線に乗って帰途に着いた私たち。京王線に乗り入れたあたりでつつじの事を思い出し、急きょ代田橋駅で下車。一般公開終了を翌日に控えた和田堀給水所のつつじを見てから帰ることにしました。
c0105785_9192875.jpg
入口から入るとすぐにつつじが目に飛び込んできます。
c0105785_9292584.jpg
二号配水池の入口の様子。
c0105785_9303123.jpg
昨年桜の時期に訪れた時とほぼ同角度で撮影。印象違うもんですね。

つつじは二号配水池の周りがキレイなので、道に沿ってお花見。
c0105785_8405830.jpg
斜面にポコポコと植えられてます。
c0105785_84263.jpg
看板にもあるように。あくまでこちらは公共の施設な訳ですから、当然中に入ってはいけません。c0105785_8581256.jpgc0105785_8582279.jpg
木陰もあるから、この斜面に寝そべりたい気もするけど、まあしょうがないです。ロープも張ってあるので外から見ましょう。
c0105785_8592540.jpg
とはいえ、所々にベンチもあるのが親切です。

裏手に回ると、イチョウ並木もありました。
c0105785_94417.jpg
剪定されまくってて、はじめ何かわかりませんでしたが、確かにイチョウのようです。紅葉も楽しめるのかもしれませんが、秋に公開はありません。
c0105785_962334.jpg
そんなイチョウの木の上にカラス発見。
c0105785_974888.jpg
高い所から優雅なもんですが、実はこの日、反対側にあるカラス捕獲用の罠には5羽のカラスがひっかかっていました。
c0105785_992944.jpg
人間にとってはいわゆる「害鳥」なので、処分されちゃうんですよね。家の方でもしょっちゅうゴミやられてるのでアレですが、生々しくてちょっと複雑~。

それはそうとして、裏の入口(南側)前を通過。c0105785_9162255.jpgc0105785_9163153.jpg
続いて東側斜面へ。
c0105785_9195397.jpg
こちらは巨木が多かったです。
c0105785_92355.jpg
見応えは東側斜面が一番かなー。
c0105785_925327.jpg
これなんて、赤いイモムシみたい。

正面に戻って来たので、ついでに一号の方も周ってみました。
c0105785_927342.jpg
つつじ、ちっちゃ!!こっちはまだ子供みたいです。そんなわけで、ぼちぼち帰ることに。再び入口に戻って来た所で、サルスベリから違う形の葉っぱがもしゃっと生えてるのに気が付きました。も、もしかして新種!
c0105785_9354717.jpg
…な訳はなく、ウロから紫陽花が生えてる模様。
c0105785_9395182.jpg
めずらしーい。これ、「ど根性」シリーズなんじゃなかろーか。咲いてる所も是非見てみたいもんですが、公開期間中は無理なので残念です~。ど根性紫陽花を最後に歩いて家まで帰ったんですが、その途中で見かけた、こちらもプチど根性なお花。二つ寄り添って咲いてるのが可愛い。
c0105785_942262.jpg
良く見る光景ではあるんだけど、コンクリートだらけの東京で頑張ってお花まで咲かすなんて。健気よのう。



[PR]
by mdegu | 2008-10-13 10:43 | 施設

湖南菖蒲園

西東京市でお寺巡りを終えてから、玉川上水に移動して昼食を取りました。実家に戻る前に、再び歩いて下水道処理施設へ向かう私たち。この時期のみ開放の北門から中に入ります。
c0105785_9175355.jpg
なんで下水処理場かというと、ココには知る人ぞ知る武蔵村山市の菖蒲名所、湖南菖蒲園があるのです。入口までの道のりで、エリアの外からちらっと覗き見。今年もキレイに咲いてるね~。
c0105785_1085047.jpg
菖蒲の時期は勿論、やけに達筆な看板にもあるように、冬季3ヵ月を除いて一部公園として自由に入ることが出来ます。c0105785_926375.jpgc0105785_926956.jpg
菖蒲園部分は広場になっています。だんだん曇ってきていたので明るさはいまいちでしたが、3000株の菖蒲は見頃。広場にも平日昼間ならではのゆったりした雰囲気が漂っています。
c0105785_9314091.jpg
花はまだみたいですが、菖蒲田の周りの水路では蓮の葉っぱが伸び盛り。手前に置いてあった木製の荷車も風情があるなー。
c0105785_9344159.jpg
中はこんなでしたが。
c0105785_9375634.jpg
花ガラ入れだったのねー。

蓮の向かい側ブロックには、睡蓮が咲いてました。
c0105785_9415587.jpg
今の時期、紫陽花やコウホネなんかも咲いてます。c0105785_9465156.jpgc0105785_9465775.jpg
中央部分には木橋なんかもあって、いい感じ。
c0105785_9501387.jpg
菖蒲と紫陽花のコラボも素敵です。
c0105785_95443100.jpg
癒されるなー。

緑も豊富で静かなので、赤ちゃん連れも結構来ます。
c0105785_9595652.jpg
柳の下でスケッチする昔のお嬢さんとか。
c0105785_101046.jpg
私が写真と撮る間、両親もベンチでしばし休憩。
c0105785_1015144.jpg
日によると幼稚園のコたちが遊びに来ていることもあって、ホントのどかです。

菖蒲に紫陽花、蓮に睡蓮、柳にユーレイ…はいないけど、和を感じる植物満載です。柿の実の赤ちゃんもなってました。
c0105785_101666.jpg
人間の赤ちゃんも楽しそう。
c0105785_10165153.jpg
ここに来ると日本満喫出来る気がするので、大好きな場所の1つです。お手入れも良く行き届いていて、担当の方にも毎年感謝の気持ちで一杯になります。
c0105785_10255572.jpg
菖蒲の名所は数あれど、私のベスト菖蒲園はココなのだ!



[PR]
by mdegu | 2008-06-21 10:24 | 施設