日々のお散歩の記録です。 毎日ちくちく更新中。     コメント大歓迎です。


by mdegu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:坂道( 14 )

一念坂

二寧坂の北の端近くにあるのが一念坂。通り自体も短いし、整備して命名されたのも平成4年と新しいです。
c0105785_18114357.jpg
短いながらも、和雑貨の店など数軒のお店が並んでいました。
c0105785_18174072.jpg
こういうこまこました手作りモノが売ってる店って気になるんですよねぇ。
c0105785_18192751.jpg
置く場所ないから買わないけど、動物モノに弱い私…。キリンいいなー。
c0105785_18211062.jpg
ミニチュアも好き。かわいいなー。
c0105785_18231010.jpg
喫茶『真呑奈』で坂は終了。振り返ってぱちり。
c0105785_1826753.jpg
坂を抜けると竹内栖鳳邸跡。現在は『THE GARDEN ORIENTAL KYOTO』という、超イカしたレストランとなっております。
c0105785_18275455.jpg
ここを抜けると、正面に祇園閣。高台寺方面、ねねの道へと続くわけです。
c0105785_18341712.jpg
産寧坂からの道のりは、お散歩コースとしても楽しいのでオススメです。
c0105785_18355169.jpg
ただ、お財布の紐はゆるくなりがちなのでご注意を。



[PR]
by mdegu | 2009-05-15 12:54 | 坂道

二寧坂

産寧坂にある奥丹辺りから北に折れる石段から先は二寧坂。こちらは産寧坂の1年前、大同2年(807年)に完成したから二年坂とも呼ばれます。
c0105785_17254652.jpg
石段の下に見えている、和傘が3つ掛けられているお店は喫茶店の『我楽苦多』。ランチやスイーツが楽しめます。
c0105785_17315860.jpg
食べ物屋さんが多いかなぁって感じします。
c0105785_17484843.jpg
食べ歩き用の店頭販売のおやつも色々。こちらは変わりきんつばとあげもちを販売。きんつば屋さんの奥では、竹久夢二のグッズ販売してます。
c0105785_17531425.jpg
みたらし団子も焼きたて。
c0105785_17551246.jpg
ちょこっとずつ買えるのがいいですよねっ。

なんてことないんですが、置物のちっちゃい人形も可愛かったです。タヌキとか。
c0105785_17571372.jpg
招き猫とか。
c0105785_17572713.jpg
その他もろもろとか。
c0105785_1758761.jpg
ここまで来るとさすがにコアだな…。

なんやかやで二寧坂も終了。振り返っての1枚です。
c0105785_1759510.jpg
ちなみに前出の『我楽苦多』ですが、運が良ければJerry店長に会うことが出来ます。私も偶然、キレイなお姉さん(若い)に撫でてもらって幸せそうな店長に遭遇しました。
c0105785_1811045.jpg
この後私も撫でさせてもらいましたが、かなりお歳を召していらっしゃるようで、非常に穏やかな犬でした。
c0105785_184064.jpg
店長は非常勤です。会えたらラッキーかも?



[PR]
by mdegu | 2009-05-14 15:34 | 坂道

産寧坂

家からの距離が手頃だったので、割としょっちゅう行ってた産寧坂。大同3年(808年)に完成したので「三年坂」とも呼ばれています。
c0105785_15551719.jpg
この階段で転ぶと3年後に死ぬとか、3年寿命が縮まるとかいう恐ろしげな言い伝えもあるので、すぐつまづく私は歩くのについ緊張してしまいます…。石段長いからねー。どーでもいいけど、この階段中腹にある和雑貨の『井和井』によく行ってたなぁ。
c0105785_1619734.jpg
うかつに転んでしまってパニックなあなたは、石段したの瓢箪屋さんで瓢箪買うと難逃れになるらしいですよ。転んでなくても、縁起物なのでお土産にいいです。
c0105785_16415645.jpg
余談ですがこの瓢箪屋さん、御主人が無類のネコ好きらしく、招き猫もたくさん売ってました。
c0105785_1646537.jpg
覗いてるコたち、シッポ折れててかわいそう。

石段を降りた先も、坂の両脇には色んな種類のお店がいっぱい。昔ながらの清水焼のお店とか。
c0105785_16513872.jpg
京都土産定番のよーじや。
c0105785_16563382.jpg
和雑貨の忘我亭。
c0105785_1658173.jpg
和雑貨好きにはたまらない感じですよ。

観光客も多く訪れるので、カフェなどの飲食店もあります。赤いカフェミルが目印のイノダコーヒ。
c0105785_17094.jpg
カフェ叶匠寿庵。
c0105785_1715211.jpg
坂の最後には、湯豆腐の名店『奥丹』。
c0105785_1731576.jpg
ここを過ぎると二念坂へと続きます。
c0105785_1735883.jpg
他にもお店は色々あるので、ウィンドーショッピングするだけでも楽しいです。
c0105785_1752577.jpg
京都は着せてくれる所も多いみたいだし、着物姿で歩くのもいいかも。



[PR]
by mdegu | 2009-05-13 16:09 | 坂道

産寧坂 ~東山花灯路編

二念坂に続いて、産寧坂も登ります。
c0105785_1829620.jpg
闇夜にカラス堂。現在、季節のカステラ「桜」販売中です。
c0105785_1832869.jpg
花灯路は足もとの灯りがメインなんですが、お店の提灯もいい感じですよ~。上のカラス堂のと、よーじやのやつ。c0105785_18334471.jpgc0105785_18335329.jpg
西尾の八ツ橋。
c0105785_18364994.jpg
これなんて、ちょっとした夜桜見物感覚です。

お店にもちょろちょろ寄りながら歩きます。
c0105785_1843178.jpg
ネコ好きの瓢箪屋さんとか。
c0105785_18434190.jpg
このショーウィンドウを覗き込んでるネコちゃんズが可愛いのなんのって…。
c0105785_18452299.jpg
産寧坂の上からの眺め。明保野亭…気になるわ~。
c0105785_1845281.jpg
坂の上の七味屋さんも大繁盛でした。
c0105785_18461695.jpg
ぶらぶらしてたら、時間がいくらあっても足りなくなっちゃう危険な場所ですよ。
c0105785_18483662.jpg
またお昼にじっくり来たいです。


[PR]
by mdegu | 2009-03-21 17:04 | 坂道

二寧坂 ~東山花灯路編

ねねの道に続けて、清水寺方面へ。表示には産寧坂って書いてありますが、その前に二寧坂があります。
c0105785_18135234.jpg
産寧坂、二寧坂は魅力的なお店が盛りだくさんで、どーしても通り抜けるのに時間がかかってしまいます。イベント効果もあって、夜なのにすごい人ゴミでした。
c0105785_18191988.jpg
暗いのでブレブレですが、見てくださいこのこの人の数!
c0105785_18202313.jpg
土日なんかはかなり混んでるけど、これは一番かも。
c0105785_18202870.jpg
オフシーズンのこの時期、うまい企画を考えたもんです。
[PR]
by mdegu | 2009-03-20 11:13 | 坂道

五条坂 ~陶器まつり編

今日から五条坂一帯で陶器まつりが始まりました。五条坂の西の端の石碑がある大和大路通りから東大路通の間までがメイン会場となっています。
c0105785_13484194.jpg
Hさんと一緒に家を出たので、お店はまだ準備中の所が多かったです。
c0105785_1630257.jpg
夜までやるから、提灯も準備してました。
c0105785_14324596.jpg
そして、朝から猛烈に暑い…。

食器が多いんだけど、飾りものやアクセサリーなんかもあって、種類が豊富。湯呑を見に行ったんだけど、結局変わったものに目が行く私。フクロウ好きにはたまらない、フクロウ製品お数々。
c0105785_16122073.jpg
お雛様の小物入れ。
c0105785_16131763.jpg
ミニチュアの鍋や火鉢。これ全部ろくろで作ってるそうです。すごーい!
c0105785_1614923.jpg
変わり招き猫は表情がすごく良いので、相当欲しかったです。踏みとどまりましたが。
c0105785_1615817.jpg
ミニ盆栽(苔玉?)も良かったなー。
c0105785_16401796.jpg
なんだか分かんない達磨さんみたいなものがズワーっとはりつけてある飾りものも気になる。

道路側にはテントが立っているんですが、反対側は陶器のお店が多いので、店舗でもセールをやっていて、お祭り中だと入りやすい感じです。
c0105785_16254572.jpg
数あるお店で一番気になったのが、こちらの陶器製のイオンミスト発生器。これは和室によさそうですね。
c0105785_16264941.jpg
でも結局購入したのは安売りしてた蛇の目傘。買ったのは骨が16本で、水に濡れると模様が出るやつです。2本で3200円也。
c0105785_16344285.jpg
長い傘持ってきてないから、探してたんですよね。昨日の夜は京都でも雷雨だったから、いいの見つかって良かった。

暑かったので、店の前にでっかい氷を置いてあるお店も発見。
c0105785_1644443.jpg
かき氷屋さんもありました。
c0105785_164526.jpg
かくいう私も、五条坂の上の方で、お店に入って食べて来ちゃいましたが…。

そんな陶器まつりは、今日から週末までの4日間開催。
c0105785_16473932.jpg
南側は全然見なかったから、もう1日くらい行ってもいいなぁ。
c0105785_16484040.jpg
あ、湯呑買うの忘れてた。
[PR]
by mdegu | 2008-08-07 13:49 | 坂道
隅田公園に始まったこの日のお花見散歩、ラストは播磨坂(はりまざか)の桜まつり。春日通をさらに北西へ進むと、右手に見えて来ます。「播磨坂」という名前は、この地に松平播磨守の上屋敷があったからだそうです。
c0105785_9103565.jpg
坂の両サイドは車道ですが、中央の一番いい所は緑道となっていて、のんびりお花見を楽しむことが出来ます。
c0105785_921919.jpg
座ってお花見する人も多い緑道の横では、車がガンガン走ってたりするんですけどねー。
c0105785_9283926.jpg
中央のこの緑道部分だけ時間の流れが違うみたい。ビルやマンションの谷間とは思えない、ちょっとした不思議空間です。

坂の中腹は憩いの場になっていました。
c0105785_9315768.jpg
その先は一旦道が分断されていますが、真っ直ぐの横断歩道がないので、逆「コ」の字に信号を渡って向こう岸に渡りました。
c0105785_9383040.jpg
信号の名前も「播磨坂桜並木」。そのものズバリです。
c0105785_9401094.jpg
直線で横断歩道があれば便利なのになぁ。それか歩道橋。眺めが良さそうだし。

渡った先には、ちょっとした水路が通っていました。
c0105785_946041.jpg
水もキレイで、子供が遊べるようなつくりになってます。見た感じもさわやかな場所なので、この日は桜と子供の写真を撮ってる方をたくさん見かけました。
c0105785_9495776.jpg
ほどなく坂も終了。
c0105785_9554577.jpg
坂を出ると千川通で、信号は「植物園前」。
c0105785_9581092.jpg
今回はお邪魔しませんでしたが、通りを渡ってそのまま真っ直ぐ行くと、昨年秋にHさんとギガスを見に行った小石川植物園に着きます。

私はここで反対側の道を戻ります。
c0105785_104623.jpg
桜だけじゃなくて、アセビやレンギョウも満開でした。
c0105785_1073962.jpg
それにしてもこちら、オブジェが目につく緑道でした。子供を抱っこするお母さん。
c0105785_10101985.jpg
カモの親子?c0105785_1011582.jpgc0105785_10111221.jpg
腹筋!
c0105785_10134765.jpg
400mくらいの短い距離に130本の桜が植わっているそうで、見ごたえはかなりありました。こんな場所だからこそ、車から降りて、是非徒歩で味わって欲しい桜並木です。
c0105785_10124858.jpg
ハーイそこの車こっちですよー。



[PR]
by mdegu | 2008-06-10 10:18 | 坂道

70. 岡本三丁目の坂道

c0105785_15255751.jpg成城近辺の秋の季節物せたがや百景が2つ残っていたので、お天気もいいことだし見て来ようと思い立ち、小田急で成城学園前へ行って来ました。そしたら、西口を出るとなんと富士山が見えるじゃあないですか。そんなわけで、急遽予定を変更してバスで岡本へ向かいました。

岡本三丁目の坂道は関東の富士見百景にも選ばれている富士見スポットなんですが、実は私、ここに来るのは3度目だったりします。最初に訪れた2月末に富士山が見えることを知り、晴れた日を狙って2度目に訪れたのが6月半ば。
c0105785_15193598.jpg
写真は6月のものなんですが、見て下さいこの傾斜。22度もあるそうです。近くに寄ってみると更にスゴイ。地元の方は慣れているんでしょうが、ここ毎日上り下りしてたらさすがの私の足でも細くなるんじゃないかしらって思うくらいの急坂でした。

この辺りはかつての多摩川の流路の名残である国分寺崖線(こくぶんじがいせん)によって随分と高低差があります。(写真は2月のもの)
c0105785_15502515.jpg
下から見上げた車道と、上から見下ろした徒歩用の階段。c0105785_1559306.jpgc0105785_15594347.jpg
車道が滑り止めになってるのも分かる気がするなぁ。

さて富士山ですが、ちょっと白っぽかったけど、なんとか確認することが出来ました。じゃーん!!近所のおうちの紅葉がいい具合に赤くていい感じ~。
c0105785_1672169.jpg
富士山も毎日見えるって訳じゃないから、タイミングが難しいですよね。ちなみに、同じ角度で比べるとこんなです。左が2月の午後で、右が今日の午前中。c0105785_16133893.jpgc0105785_16135094.jpg
この写真じゃ分かりづらいけど、高い所からなので見晴らしいいですよ。私は免許持ってないから分かりませんが、車は注意、みたいな標識立ってます。
c0105785_1622219.jpg
坂下には車の教習所があり、仙川が流れてます。c0105785_16255924.jpgc0105785_16261284.jpg
岡本地域は見所が多く、「岡本」と名の付く百景は5つほどあります。仙川にかかる、坂の近くの水神橋もせたがや百景の1つです。ちなみに私はこの後、坂上から岡本静嘉堂文庫へ向かいました。
c0105785_16324695.jpg
当初は、成城の百景見た後に芦花公園方面行きのバスで世田谷文学館にも行ってくる予定だったんですが、成城に戻って来た段階で結構疲れちゃってたので、成城を回ってから帰って来ちゃいました。
c0105785_16354510.jpg
ほぼ1年がかりだったけど、富士山見られて良かったっ。



[PR]
by mdegu | 2007-12-05 16:36 | 坂道
4月に始まった粋なまち散策も、今日で最終回。前回も雨でしたが、今回はものすごい雨でした。そのせいか、最終回にも関わらず参加者3分の1くらいの方が欠席です。

c0105785_910297.jpgまずは、地蔵坂にあるギャラリーブティックの煌(ファン)に移動。散策開始時間と共に降り始めた雨も、移動中にどんどん酷くなっていきました。お客様がいらしているということで、雨の中外でオーナーに話を聞く私たち。
続いて、宮城道雄記念館へ。
ここで既に靴も靴下もズボンもびちょびちょ。しかも火曜日は休館日なので、ここでも土砂降りの中で説明を聞きます。記念館の方も大変ですよね。c0105785_9201410.jpgc0105785_9202527.jpg
説明中、雷まで鳴り出す始末。でも、宮城道雄は雨に関係する曲を結構作られているってことや、雷と蜘蛛が大嫌いだったってことも説明に織り交ぜて下さったりして、お話は面白かったです。

c0105785_924511.jpg続いて、大久保通り沿いにある小劇場 『iwato』 へ。こちらでは1階の劇場に入れて頂けました。神楽坂にも演劇の拠点があるって初めて知りました。しばらく雨宿り出来るのが嬉しかったですねー。

説明は、劇団黒テントのメンバーの久保さんって方が担当。c0105785_9293855.jpgc0105785_9294937.jpg
10月末に行われるお祭り、「まち飛びフェスタ」では、毘沙門天境内で無料ライブを行うそうです。

そして最後は、これまた大久保通り沿いにある、ニュージーランド産生はちみつ専門店の PBees(ピービーズ) さんへ。こちらもお店の中に入ってお話を聞きます。
c0105785_9342277.jpg
はちみつの種類当てをしたんですが、難しかった…。
c0105785_9401610.jpg
お店に売ってる蜂蜜商品は全部試食が出来るそうです。蜂蜜って、ほんとに種類によって味違いますよねぇ。蜂蜜もすごくおいしかったんですが、私が一番気になったのはろうそく。
c0105785_9431627.jpg
カラフルでカワイイ!これは1本900円でしたが、手作りも出来るようで、キットも売ってます。そして、本日はここで解散。お土産を頂いてお店を後にしました。5回全部参加出来て良かったです。

蜂蜜屋さんで頂いたお土産はこちら。
c0105785_9463641.jpg
蜂蜜と、ろうそくキット。作ってみよっと!
[PR]
by mdegu | 2007-09-11 22:00 | 坂道
4回目の今日は初めて雨が降りました。雨の神楽坂もなかなかいいもんです。
いつものように、午後1時半に毘沙門天に集合。
c0105785_2133447.jpg
今月末にお祭りがある関係で、雨の中準備が行われています。
今日はまず、お堂の中で善国寺の御住職のお話を伺いました。
お寺の縁起や神楽坂の話など、興味深いお話を聞くことが出来ました。

続いて芸者さんたちのお稽古場、神楽坂組合へ移動。c0105785_21444247.jpgc0105785_21445881.jpg
滅多に入ることの出来ない見番内部を見学。お稽古場のある所は少ないらしく、こじんまりとはしていましたが貴重な体験が出来ました。

見番見学後、仲通りにある本日の講師の渋谷さんの料亭「千月(ちげつ)」へ移動。料亭なんて、中に入るの初めて…。c0105785_2154253.jpgc0105785_21541610.jpg
少々緊張しつつお部屋へお邪魔して、花柳界についてのお話をお聞きしました。お話の途中で、ご主人が生徒全員にペットボトルのお茶を振舞って下さいました。ありがとうございます~。
そして、通されたお部屋はこちら。
c0105785_21573460.jpg
飾りもお花も素敵でした~。お食事は、芸者さんを頼むと1人4万円くらいかかるそうですが、一度経験してみたいものですねぇ…。
c0105785_2223466.jpg
雨だったので、室内講義形式で良かったです。
[PR]
by mdegu | 2007-07-10 22:03 | 坂道