日々のお散歩の記録です。 毎日ちくちく更新中。     コメント大歓迎です。


by mdegu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

東京都薬用植物園

c0105785_238186.jpgケシの花が咲き始めているということで、西武新宿線東大和駅そばの東京都薬用植物園に両親と行って来ました。
正門入ってすぐの所にある温室から見学スタート。
c0105785_2385127.jpg
薬用植物園だけあって、栽培されている植物の注意書きには全て効用が書かれています。うーんさすが。

c0105785_239621.jpg入口付近には早速トウシキミが。あの有名なタミフルの原料です。西洋薬ってなんとなく化学物質なイメージでしたが、漢方と一緒で植物から作っているんですね。ちょっと不思議な気分です。
ブーゲンビリアの花のトンネルが今とてもきれいです。
c0105785_2395447.jpg
バナナやパパイヤの実もなってました。
温室はお花もいいですが、やっぱり実ですよね~。c0105785_2310661.jpgc0105785_23101132.jpg

c0105785_23103351.jpg外に出て、漢方薬原料植物区へ。
結構おなじみの名前の植物なんかも多くありました。
でもこれ、知らないと雑草と区別つきませんね。生えてないのかな~と思ったらすごくちっちゃかったりして。
有用樹木区、民間薬原料植物区を回ります。
知ってるのも結構あって結構楽しい。
桑の実とアザミです。c0105785_23111697.jpgc0105785_23112759.jpg
桑の実は熟してるのがこれだけでした。小さい頃、近所のおうちが桑畑持ってて、よく食べにいったなぁ。懐かしい…。
ちなみにアザミは肝臓に効きます。

そして本日の目的地、ケシ・アサ栽培区へ。
c0105785_23114080.jpg
こちらの植物園の目玉はなんといってもケシ!
東京ではここでしか見られないんですよ~。なんたって麻薬の原料、一般人が育てちゃいけない植物ですからね~。

普段は二重のオリの中ですが、花の咲くこの時期だけ一重の外から見られます。今日のケシの様子はこちら。
c0105785_23123420.jpg
白いのがいっぱいと、紫のが少しありました。
花が終わって、実になっているものも。c0105785_23124436.jpgc0105785_23125219.jpg
今週末が満開予想だったので、テレビの取材らしき人たちや、写真を撮る人たちも沢山いました。

オリの外には育てていいケシがあります。
c0105785_231336.jpg
オレンジ色のとか、道端でもよく見られますよね。

ハーブの類もあります。
正門付近にあるカモミールと、染料香料植物区にあるラベンダーです。c0105785_23131984.jpgc0105785_23133170.jpg
特にカモミールは花盛りで、すごくいい香りがしますよ。

c0105785_23142067.jpg水生植物区では、イチハツが咲いていましたが、ハスはまだの模様。左側の木は枝垂桂です。ハスが咲くといい感じだろうなぁ、ここ。
木に咲く花もキレイです。
御苑にもあったなんじゃもんじゃの花と、ベニバナトチノキの花が盛りでした。c0105785_23144815.jpgc0105785_23145513.jpg
園内には林地もあるせいか、敷地も広くて楽しかったです。
c0105785_2317636.jpg
温室にあるというヒマラヤの青いケシを見たかったのですが、見つからず断念。
でも、ケシの時期に行くことが出来て良かったです。
c0105785_23201322.jpg
HPでは、開花状況もチェック出来ます。今年のケシ・アサ栽培区の一部開放は5月25日までですが、今が見頃のようですよ。



[PR]
by mdegu | 2007-05-11 23:15 | 植物園